<< 美術館デート 奥さまの一人ライブ >>

気持ちの持ちよう

f0175804_10435072.jpg  きょうから新しい月、また一段と春に近づく3月が始まりました。下旬頃には桜の花も咲くことでしょう。そんなことを想像すると、なんだか心が浮き浮きしてきます。

  昨年春我が奥さまと観た桜、今年もまもなくです。

 病気になったり怪我をしたとき、わらをもすがる気持ちでお医者さんの助けを求めていました。苦しんだ直後、診察や処置をして戴いただけで、もう治ったような安心感が。ちょっと不謹慎なんですが、騙されて飴玉を処方されても「もう大丈夫」と。裏返していえば、それだけお医者さんに依存し過ぎていたんだと思います。それが数年前のわたしです。

f0175804_10454826.jpg  自分だけはという思いを裏切るかのように、突然入院という健康不安が我が身を襲ったんです。早いものです、この3月でちょうど2年が経ちました。それがきっかけで、健康に高い関心を持つようになりました。病気なり怪我に対してどう向き合うか、以前よりは考え行動できてる気がします。

  妙に「自然治癒力」という言葉を意識するんです。そんな自分がいることに、驚きにも似た衝撃を感じます。昔から聞いていたと思いますが、意識が足らなかったこともあって、耳で聞いても身体が理解できないでいたんだと思います。病気になったり、怪我をしたとき、「治すんだという気持ちの持ちよう」の大切なことを。

f0175804_10471363.jpg
  大袈裟な話し、自分自身のそんな意識改革が少しずつ良い結果を生んでいるなと感じます。何もすべて精神力でと言っている訳ではなく、気持ちの持ちようなんですね。

f0175804_10483993.jpg
  最近あるところで、「自然治癒力アップがキーワード」ということを耳にしました。免疫力の向上につながること、自律神経のバランスを整えることなどです。これはからだを温めたり、リラックスすることを目的とした療法も含まれるそうです。病気予防として、自分に適したこれらを上手く活用することも検討に値するかも知れません。

f0175804_10495469.jpg
  こんな事も聞きました。『病気を招くのが自分なら、病気を治すのも、未然に防ぐことも自分』なんだと。これからも「日にち薬」とも言われる自然治癒力を信じ、焦ることなく「ぼちぼち」の気持ちで行こうと思います。

  そう言えば、この頃からです。わたしが使わなくなった言葉、「頑張る」。そして使うようになった言葉、「ぼちぼち」。奥さまと朝ご飯を食べながら、日曜日の今朝こんな話しをしていたんです。
[PR]
by shizuo7f | 2009-03-01 10:57 | 健康 | Comments(28)
Commented by mamarinn at 2009-03-01 11:39 x
ヒャー、トップバッターですか。ドキドキ、ドキドキ。
おっしゃることよくわかります。
家でどんなに苦しくても、病院という場所へ行くとなんだか少しだけ楽になるような・・・・・
それは専門のDrや看護師さんがいつでも直ぐ近くにいてくれるという安心感からでしょうか。本当に気の持ちようだと思います。
入院中、頑張れという看護師さんに何でそんな突き放す言い方をするの?こんなに頑張ってるのに・・・・
私も力を貸しますよと聞こえる、頑張ろうって言って欲しいと・・・・
それ以来、頑張れガなくなり、頑張ろうねになってほっとしたこと。
気の持ちよう、言葉のかけよう一つでこんなに和むのですもの。
私も頑張るはやめて、程ほどにをモットーのこのごろです。
Commented by isao1977k at 2009-03-01 12:00
こんにちは。そうですね、気持ちの持ちようで身体は変わってきます。
私は入退院を繰り返していますが気持ちが弱くなると入院してしまいます。だから今は好きなことに没頭し、常に「笑顔」そして、大きな声での挨拶を欠かさないようにしています。あと、人には絶対に「がんばれ」とは言わないように。だって一位と倍その人は頑張っているのですから。
毎日病院で会う患者さん達、看護師さん、皆と触れ合う時間を大切に、一分一秒無駄にせず生きていきたいです。でも自分には常に「頑張れ!」で!エイエイオー!shizuoさま、ご家族もお体、心お大事に!
楽しい春、迎えましょうね!
Commented by shizuo7f at 2009-03-01 17:29
ままりんさん、こんにちは~!
一番にお越しくださいましたね~。

半月ばかり入院した2年前のこと。
あの時の事は今でもちゃんと覚えています。。。
先生は退院を許可してくださったのに、
不安いっぱいだったわたしは、2~3日病院に居たんです(^_^;)。

職場復帰するまでの自宅療養約2か月を経て、半年、一年、一年半。。。
少しずつ今の考え方が持てるようになったんです。
今から思うと、我ながらまるで人が変わったようです。
Commented by shizuo7f at 2009-03-01 17:39
Isaoさん、こんにちは~!
大病した事がとてもいい転機になりました。

大袈裟な話し人生観も変わり、
勿論奥さま始め、周りの方々への感謝の気持ちも数倍増しました。
好んで病気になった訳でもありませんが、
この体験を無にしないようにと思っています。

そう、好きなことをし、いつも「笑顔」。
毎日を大切に暮らす、わたしもそうしています!
Commented by 依田竹司 at 2009-03-01 18:34 x
気取らず焦らずマイペース・・・
娘にいいました^^。^^
昨年帰って来た頃は目標を見失いバイトの数時間。
今自分が何をしたいのか焦らず考えてごらん・・
そんな中で少しだけ少しだけ・・・
嬉しそうに今ピアノの練習してます。
どんなに頑張っても最後はおなじようなゴールでしょうと^;^
だったらなっとくしてマイペース
良かったと今は・・・
でも叉娘は悩むでしょうね・・・
その時は今の経験を土台に・・・

健康もそうでしょうか^^
経験の中で大事にだいじに歩んでいきましょう!!
Commented by カズ at 2009-03-01 18:37 x
頑張るという言葉をやめたんですね。
私も、確かそんなことを書いた気がしましたが、ついつい言葉に出してしまいます。
そういえば、しずおさんにも指摘されたこともありましたね~(^^)

ただ、ボチボチという言葉は、東北弁にはないような。ま、のんびりという感じでしょうね。

気持ちの持ちよう。 そのとおりだと思います。
ますます、生き生きで行きましょう~~♪






丈夫な人にとっては、突然の病気宣告は深刻きわまることでしょうね。
Commented by 元気ばば at 2009-03-01 19:17 x
病気を招くのが自分なら、病気を治すのも、未然に防ぐことも自分
病は気から?
いずれにせよ 元気が何よりです。
Commented by SAKURA at 2009-03-01 19:20 x
こんばんわ♪
私も今のところ入院は子供の出産の時だけで、何とか元気に過ごしてきています。
ですから、病気の時の方の本当の気持ちというのは分かっていないのかもしれません。
ですが、私も『頑張れ』という言葉は極力使わないように、使う時はよく考えて使うようにしています。
mamarinさんのおっしゃるように、その人は十分に頑張っているのかもしれない時に『頑張って』ということは、鞭打つようなものだと思うから。
病気ではないけれど、辛い時に『頑張って』と言われると、“こんなに頑張っているのに…もっと頑張らなくちゃいけないの?”と思いました。
同じように『大変だよね、よくわかるよ』と言われるのも、“当事者でないあなたに何がわかるの?”と思いました。
今思えば、辛い時は心も荒んでいたんだと思います。

言葉って本当に底知れぬ力を持っていますね。
良い方にも悪い方にもいかようにも人の心を向けられる…怖いけど大切なもの…もっと気遣って使わなくては…。(反省…)
Commented by mutamiya at 2009-03-01 19:40
病は気からとは 昔から言われてますね。
私も 人の精神力や 言霊を信じます。
心がくじけると 立ち直れませんね。
逆に 私は 言葉に出して 大丈夫 大丈夫と自分に言い聞かせます。
医者も 病気を治すのではなくて 治す手伝いをするといわれてますね。
私も 休日のブログのネタ集めの写真撮影で ずいぶんストレス解消になってます。
このおかげからか 病気らしい病気はして無いですね\(^o^)/
Commented by kazu7477k at 2009-03-01 20:00
自分を知ることの出来る人間は 大きな過ちはしないでしょう
単純な失敗はあるでしょう しかし それを繰り返すことはしないでしょう
現職時代 失敗は責めずに励まし激励を  怠けは許さずに最後まで責任を持たせた主義を通した事を重いだしました
Commented by bela flor at 2009-03-01 20:05 x
分かっているつもりでも ついつい忘れがちになる日々のこと。。。
文章を読ませていただいて改めて自分に言い聞かせる事が多いですよ。
キチンきちんと出来ず不健康な生活をすることもある私です。
Commented by shizuo7f at 2009-03-01 21:03
依田さん、こんばんは~!
お嬢さま、よかったですね。
「嬉しそうに…」と優しくそっと見守るお父さま。

何事も無駄な経験は一つもない、わたしもそう思います。
人生って楽しいですよね~。
Commented by shizuo7f at 2009-03-01 21:08
カズさん、こんばんは~!
言葉として言いそうになりますが、
わたしの意識の中では、「頑張る」はもうとっくにありませんね。

「ぼちぼち」。
そう気張らず、の~んびりです。
頑張った以上の結果が出ると信じています。
世の中、満更でもないと楽観もしています。
Commented by shizuo7f at 2009-03-01 21:13
元気ばばさん、こんばんは~!
この先ず~っと、元気でいられることを望みます。
でも疲れることもあるでしょうから、
そんなときの為にも、
今のうちに引出しにいっぱい、
元気パワーを貯めておこうと思っています。

Commented by shizuo7f at 2009-03-01 21:20
SAKURAさん、こんばんは~!
幸せなことですね~、健康で暮らせることは。

そうなんです。。。恥ずかしながら、分かっていませんでした。
当たり前のように、『頑張れ』『頑張れ』の連発。
自分自身に言い続けて来たんです。
あんなに頑張って来た自分に。

今は自分にも、優しくしてあげようと思っています。
奥さまの大事なわたしだから(^_^;)。
Commented by shizuo7f at 2009-03-01 21:30
Mutamiyaさん、こんばんは~!
本当、その通りですね。
気持ちの持ちようは、自分を大きく左右します。
機械じゃない、人間ですもんね。

前向きに気持ちを明るくしていれば、人も寄って来てくれます。
その人たちから力を戴けます。

目に見えないからこそ、ストレスを上手く軽減しなきゃね。
ワクワク時間を少しでも作って、ねっ(^_-)。

Commented by shizuo7f at 2009-03-01 21:37
和さん、こんばんは~!
「大丈夫、大丈夫、もっと頑張れる筈」。
本当!一番知らないのは自分の事かも。
至る所からいっぱい出てるサインを見ても無視。。。
こんな状態がありましたね~。

でも今は違います。
これからも学習しなきゃ。
Commented by shizuo7f at 2009-03-01 21:41
Belaさん、こんばんは~!
悲しいかな、今でも完璧ではありません。
そんなところがやっぱり人間、そう弱いわたしです。

でもそんなとき、「いけない、いけない」って(^_^;)。
いつもどこでも、100点満点はないと思います。
それでいいと思っています。
とにかく自分を責めないようにとだけは心がけています。
Commented by rockheartgarden at 2009-03-01 22:20
こんばんは~
スキンも桜で満開の桜は公園でしょうか。
いよいよ桜咲く3月になりましたね。
shizuoさんの今のお気持ちを読んでいると
肩からフゥ~っと力が抜けていきます。
ご自分の経験から得た生きるコツのようなもの、伝わってきます。
植物たちと向き合うのも、自然治癒力を高める手段になりますね。
マラコイデス、ジュリアン、アリッサム春爛漫ですね~♪
Commented by 梓の小鳥 at 2009-03-01 22:22 x
なるほど、 ね~。
また教えて頂きました!
最後の一言にハッとしました。
『頑張る』 から 『ぼちぼち』 に心のスイッチを切り替えるとなにやら身構えや緊張がほぐれ 眉間の縦皴も消えてしまうような気になるから不思議。 (笑)

前向きな姿勢って大事ですよね、 健康維持に ♪
Commented by ビオラ at 2009-03-02 14:58 x
こんにちは。
サクラソウ綺麗ですねぇ~♪ 
我が家も咲いてまーす・・この花を見ると今日の寒さでも春ぅ~を感じます。
 
冷えって一番悪いって聞きます。
私はすごい冷え性なんで色々試してますが・・今のところあまり成果がないんです。
色々教えていただきたいです。
指の体操もしてますがやっぱり冷たいです・・。

それに・・「ぼちぼち」ですよね
頑張らなくても焦らなくてもいいんですよねぇ~。
Commented by 徒然草 at 2009-03-02 17:49 x
shizuoさんの ブログ開いた途端、春が来た~~※※

テンプレートも桜ですね。 綺麗な可愛い花々に 奥さまの服装も春の装い。
shizuoさんの日常は 「ぼちぼち 仲良く」ですね。
心のゆとりが感じられますよ。私はまだまだですね。

Commented by eko at 2009-03-02 20:08 x
自然治癒力を信じたいです。
テレビを観ているとよく免疫力を高めるのは自分だと
そうするとやっぱり自然治癒力ってあるのでしょうね。

私、最近体調が良くて「薬飲まなくてもいけそう」と主人によく言います。
でもいつも叱られてます、飲んでるから大丈夫なんだろうってね。

Isaoさんが言われてますが「笑顔」
以前入院した時に、ある人から退院する時お礼を言われました、
「いつもあなたの笑顔に助けられました」って
無意識にしていた笑顔、それからは私も笑顔を心掛けてます。
Commented by shizuo7f at 2009-03-02 20:58
rockheartgardenさん、こんばんは~!
ハイ、満開の桜は昨年奥さまと観た自宅近くの公園です。
もうじきあちこちに咲きますね~。

退院直後は、1ヶ月、3ヶ月、半年…と節目毎に振返っていました。
そのうちそれもしなくなり、2年が経った今久しぶりに自身を振返ってみたんです。
奥さま始め周りのお陰で、自分改造が随分できたなと。
何よりも季節を感じられる気持ちのゆとりも♪
あり難いことです。
Commented by shizuo7f at 2009-03-02 21:00
梓さん、こんばんは~!
過剰とも言えるほどの健康自信があったころは、
あれこれ気づかなかったことがいっぱいあったなと思います。
そういう意味では、貴重な体験を数々しました。
人生無駄はないなと思います。

単純なことなんですが、おんなじ現実でも
考え方一つで天と地ほどの差があることにも気づきました。
その一つが『頑張る』から『ぼちぼち』。
一枚くらいですけど、脱皮したようです^^。
Commented by shizuo7f at 2009-03-02 21:31
ビオラさん、こんばんは~!
そうですか、咲いているんですね。
春の花を観てると、気持も浮き浮きしますね♪

わたしも今は後遺症で冷えのような感覚を覚えます。
だから辛いお気持ち、よ~くわかりますよ。

一般的な事なんですが、
冷え性は日頃から注意していれば、改善することができるそうです。
お聞きになったかと思いますが、毎日の食生活を見直す、
適度な運動を続けるなどが言われています。

いずれにしても、すぐに治すことは難しいので、
毎日徐々に改善していく気持ちで、諦めずにコツコツですね~(^_-)。
Commented by shizuo7f at 2009-03-02 21:37
徒然草さん、こんばんは~!
いつも春のような気持で暮らしていますが、
やっぱり本格的な春シーズンになると嬉しいですね。

新しい月の始まり、特に桜の月なんでテンプレートも桜に。
でも今回は桜と桜で、
チョットくどかったかなと(^_^;)。

そう、よくご存知で。
わたしはいつも、「ぼちぼち」と「仲良し」暮らしてます。
Commented by shizuo7f at 2009-03-02 21:43
Ekoさん、こんばんは~!
そうですよね、信じていいと思います「自然治癒力」。

それは良いことですね、体調がいいって。
でもご主人さまが仰る通り、
これからも先生を信じて、薬飲まないとね。

このページを通して、皆さまに励まされています。
凄っごくパワーを戴いているんですよ。
「笑顔」は本当に必要です。
作り笑いでもいいそうですよね。
ぼちぼち、の~んびり行きましょう♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 美術館デート 奥さまの一人ライブ >>