<< プレ・ハッピーバースデー♪ いらっしゃ~い、可愛いお客さま♪ >>

ラブリーボーン

f0175804_2059501.jpg 『私はスージー・サーモン 大好きな家族と暮らす幸せな日々。
でも…あの日。そう1973年12月6日。
私は14歳で殺された
家族と一緒にいたい。大切な人にもう一度会いたい。私を殺した犯人を伝えたい。でも、天国から私の想いは届かない…。

 これは、私が天国へ行ってからのお話。
その想いは、ひとつになって、その愛は“奇跡”を呼ぶ。』(オフィシャルサイトより)。

 天国で苦悩する少女の想い、家族に伝わるのだろうか?さぁ、ご一緒にスクリーンを観てみませんか。

f0175804_2103077.jpg
 公開翌日の土曜日。わたし達にとっては異例の月2回目となった「二人のシアター」。監督はあの「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソンさん、そして製作総指揮は「E.T.」「ジュラシック・パーク」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」…、のスティーヴン・スピルバーグさん。層々たるスタッフです。

f0175804_211199.jpg
 タイトルから勝手に想像したイメージは、甘くてロマンチック、そしてファンタステックなものだったのです。ところが違います、チョッピリ怖い映画を選択したんです。でもこれまでのホラーやサスペンスと違うストーリー。「予想外の明るく、美しく、希望に満ちた死を描いた物語」との映画評も。その通りでした。
   
 
f0175804_2164344.jpg
いきなり始まります!そう12月6日のあの日から。わたし達には次の展開で何が起こるのか、それは容易に想像出来ました。ところが恐怖ではあるのですが、その惨劇シーンが目の前には写されませんでした。「よかった~」、そう胸をなでおろす二人。いつもならこの辺りで目をつむる我が奥さま。ここで普通のサスペンスでないことを認識したのです。

 可愛らしく、如何にも少女そのもののスージー・サーモン。その彼女の死に直面し苦悩する家族。犯人を何とか見つけられるようにと…、父に伝えます。

f0175804_2173676.jpg 繰り返しになりますが、話しの始まりはスージーの殺害から。何とむごい、こんなことが…。そんな激しい怒り、深い悲しみを乗り越え、これらからもがくように必死で闘う家族。そう家族の克服を描いた愛のストーリーなんです。

f0175804_218272.jpg 






 ある映画評論者は、「生の肯定を死者の思いからとらえ直した逆転の発想、壮大なファンタジー…、ポジティブな感動がある」とも。これまでに観たことのないものでした。最初はこのページのひとつに加えるか正直少し迷いましたが、やっとその作品意図が見えました。そして今日、この1ページに。観終えたわたし達、いつもと違う空気が。でも今夜はもう大丈夫。むしろ、なお一層の今の幸せを感じたのです。
[PR]
by shizuo7f | 2010-02-07 21:16 | 映画 | Comments(40)
Commented by eko at 2010-02-08 09:00 x
この映画観たいですね~
サスペンスとは違うストリーなんですね。

shizuoさんが「天国から苦悩する少女の想い」と書かれているのでますます興味津々になりました。
いつもご夫婦でいい時間を共有してますね。
Commented by kazu7477k at 2010-02-08 09:15
淀川さんと違う正調派の解説・導入
shizuさんの解説に引かれますね
多種多芸といいますが 一つの事を正確にこなす人は 他の事も同じ
く消化するとはshizuさんのような人を指すのでしょう

 無声映画の時代であれば 引っ張りだこだったでしょうね
Commented by eaterior at 2010-02-08 09:50
こんにちは♪

間違いなく観ます!!
でも、なかなか大型スクリーンで見るのが遠のいているんですよね。
映画館は好きなのですが、遠いし・・・。
DVDで観るより断然いい!ってことはわかっているんだけど^-^
Commented by tarabakaniko at 2010-02-08 13:54 x
本当にそんな思いの人が、いるんだと思います。
せつないですね・・・
Commented by ♪お~い中村君♪ at 2010-02-08 15:25 x
こんにちは
映画作品の魅力を教えてくれる 解説が素晴らしいと観たいと言う気になりますよね 今は あまり映画評論家の出る場が少なく 新聞や雑誌等しかありませんが
確かに作品の良し悪しもありますが
shizuoさんの様に語られたら 何倍も楽しみに映画館へ迎えるでしょう
Commented by m_asae at 2010-02-08 17:28
(^_-)-☆
ちゃんと伝わったんですね。
この愛らしい少女が殺されるなんて・・・・
悲しいですが明日へ向かって行く所が有るんなら、観に行っても良いかもね。
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 19:52
ekoさん、こんばんは~!
話題作「ラブリーボーン」。
公開1週間前に予告を観たんですが、奥さま「次回はこれっ!」と。
「そうしようね」って決めてたわたし達。
ところが、イメージとだいぶんかけ離れてたんです。
正直、観終えたときの感想は二人とも心が曇りました。

「面白くなかった、期待はずれ」と言いたくないわたし達。
オフィシャルサイトや評論家のコメントを調べ、
「そうか、そう観るんだ~」と納得。
1週間経ってやっとアップ^^。
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 19:52
和さん、こんばんは~!
ストーリー紹介と見どころは、オフィシャルサイトに任せるとして。
このページでは、出来るだけ観てるときの状況や感想をと。
もっと学習しないとねっ^^。

嬉しいです、
「誉められて伸びたいタイプ」なので、励みになります~♪
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 19:52
eateriorさん、こんばんは~!
もし観られるのでしたら、
オフィシャルサイトや評論家さんのコメント、
これらを事前にチェックされることをお勧めします。

今回これを怠ったわたし達、
予習復習は映画も大切と^^。
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 19:52
たらばかにこさん、こんばんは~!
そうですね~、
あからさまな残酷シーンはなかったんですが…。
現実社会で起こっていることを思うと、本当にせつないですね。

この「ラブリーボーン」では、
悲しい出来事を通した「家族愛」に視点が置かれていました。
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 19:52
中村さん、こんばんは~!
嬉しいです、拙い表現でも励みになります^^。

邦画洋画問わず、映画ファンが増えたそうです。
それと言うのも、いい作品が発表されるからではと思います。
小説や舞台、音楽や写真と一緒。
伝える媒体が違うだけ、表現の違いだけですもんね~。
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 19:53
ままるさん、こんばんは~!
そうなんです、伝わりました。
多くは話せませんが、バラの花…。

ポジティブな気持ちで観れば大丈夫!
作者もそれを望んでいるようですよ。
Commented by mana at 2010-02-08 19:56 x
shizuoさん こんにちは♪

わ~ 観てきたんですね。
CMで毎日観ていますが・・・・・・
DVDを楽しみに待っていますわ~

>メジロの観察は、子供たちにとっても
とても良い経験が出来たなと思います(^^)
つばめも可愛かったでしょうね~
大きな黄色い口開けて (*^_^*)
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 20:06
manaさん、こんばんは~!
観て来ました~。
それも「月2」になっちゃいました^^。

命の学習、生き物を慈しむいい機会に。
素敵な話しでしたよ。
数年続けて我が家を選んでくれたツバメさん、来なくなった我が家。
でも何処かでまた会えるかも。
Commented by mutamiya_2 at 2010-02-08 20:40
この映画も 観たい映画です。
木の葉だとおもっていたのが 鳥だったというCMは 素晴らしいです。
映像も綺麗だし 是非 見たいです\(^o^)/
Commented by kawazukiyoshi at 2010-02-08 21:08
映画にもいろいろ教えさせられるものがありますね。
今日は実に乱暴な言葉を書いてしまいましたが
書いて、あーやっちゃったデス。
今日もスマイル
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 21:09
mutamiyaさん、こんばんは~!
よかった~。
「ラブリーボーン」、皆さんに一定の評価をして戴いて。
何度も出て来ます、あのシーン。
わたしも木の葉と思っていましたが、飛び立つ鳥なんです。

『「あれをやっておきたかった」「これをしておけば」「あれを伝えたかった…」。
いろいろな思いが駆けめぐるその時。
スージーは、まさにその思いにとりつかれます』と文庫本紹介がされています。
機会があったら映画版、どうぞ。
Commented by shizuo7f at 2010-02-08 21:22
kiyoshiさん、こんばんは~!
そうなんです、映画も一つの主張手段。
作者にとって、自己実現のツールと思います。
偏見や予断を持たず、目を向け耳を傾けたいと。
観た後の「つまらなかった」の感想は、言わないようにといつも思っています。
観方が未熟と言われないために^^。

「抵抗の詩」、思ったことを勇気を持って。
みんな思っていることです。
Commented by bela flor at 2010-02-08 22:27 x
気になる映画です。。
  早速奥さまと観に行かれたんですね。

今週は2回の映画デート 楽しまれましたね。
Commented by ビオラ at 2010-02-09 00:07 x
こんばんは~
TVのCMでみて気になってた映画ですわ・・ちょっと悲しい話じゃないんですか!?
きっと心に残る作品みたいだし・・今月予定の映画が決まってるんでこれはDVDが出たら観ようっと^^
 
以前紹介されてた「なばなの里」へ行ってきましたわ
今年のテーマは「オーロラ」だとか・・綺麗でしたぁ~(^^♪
Commented by isao1977k at 2010-02-09 03:50
おはようございます(^-^)
「ラブリーボーン」…奇麗な女優さん、
無償の愛、愛っていいですね。
映画に教えられること、本に教えられることは多いですね。
これからも良い作品紹介してくださいね!
幸せ自慢も☆
Commented by shizuo7f at 2010-02-09 06:17
Belaさん、おはよう~!
そうなんです、チョッと気になって。
14歳のスージー・サーモン、
「魚みたいな名前でしょ」って言ってました。
可愛い少女女優、将来楽しみな美人さんです。

映像がきれいでした^^。
Commented by shizuo7f at 2010-02-09 06:17
ビオラさん、おはよう~!
余りにも悲しい突然の出来事。
その事実を受け容れられない母親、犯人探しの父妹。
家族の想いを描いた愛のドラマ、その側面で観る映画かと。
じきにDVD出ますよ~。

へぇ~、今年のテーマはオーロラ。
幻想的な世界、よかったですね~♪
Commented by shizuo7f at 2010-02-09 06:17
く~ちゃん、おはよう~!
愛の形はいろいろ、
家族のそれも素晴らしいものですね。

こうだろうと想像通りの愛の形を観ると、なんだかホッとします。
人間ってわかってても「確認作業」を何度もしたくなるものです。
勿論、わたし達も^^。
Commented by Azky at 2010-02-09 12:27 x
今晩は ♪
何度かテレビで予告を見てました。 怖そうなので敬遠・・ 
でも Shizuoさんの解説で 興味が湧いてきました!
皆さん仰ってる様に Shizuoさんの解説は淀長さん並みですね! とってもお上手で ♪
Commented by shizuo7f at 2010-02-09 19:58
Azkyさん、こんばんは~!
バージニアでもテレビ予告してたんですね。「ラブリーボーン」。
そうなんです、観かたによっては怖く重いストーリー。
アクションのそれとはチョッと違うかも。

評価はいろいろと思いますが、
少し視点を変えて観た方がいいかも。
殺人は家族の愛を語るひとつの手法と。
正直、観終えたときは^^。

Commented by rockheartgarden at 2010-02-09 20:05
shizuoさん こんばんは~
新聞でもお勧めの映画ということで紹介されていますね。
興味はあっても可愛い少女がすでに亡くなっていると思うと
かわいそう過ぎて二の足踏んじゃいます、、(ーー;)
Commented by 多摩 at 2010-02-09 20:25 x
映画は良いですねー。私もセブで3度ほど映画を見ました。日本より格段に早く洋画が上映され値段は日本の1/4くらいでした。
Commented by hiro at 2010-02-09 20:36 x
shizuoさん、こんばんは^-^
恒例の二人のシアター、月2回になったのですね。
楽しんでいらっしゃいますね。
夫婦が楽しく過ごしているのを見るのが、子供には
一番の教育になりますね。
映画とは関係ないのですが、私の知り合いの方で息子さんが
結婚なさらないので、どうして?と聞いたらしいのですが、
親の結婚生活を見ていて楽しそうもないから、と言われたそうです。
shizuoさんのようなご夫妻がたくさん増えると良いですね。
私たちも追いかけていきます。
Commented by shizuo7f at 2010-02-09 21:34
Rrockheartgardenさん、こんばんは~!
そうなんです、わたしがわざわざレポしなくても。
いきなり可愛そうな事になるスージー・サーモン。
仰る通りですよね~。
わたし達、それをわかって。

正直、観終えたときの気持ち、
随分重くのしかかりました。
1週間経ってやっと、「ラブリーボーン」の感動部分が。
Commented by shizuo7f at 2010-02-09 21:35
多摩さん、こんばんは~!
お久しぶりです、夢の楽園セブ島からお帰りなさい。

へぇ~、あちらでもご覧になったんですね。
またいろいろお聞かせください。
わたし達、相変わらず映画デートしてるんです^^。
Commented by shizuo7f at 2010-02-09 21:35
Hiroさん、こんばんは~!
今回は異例の2回、奥さまのリクエストがあったんです。
映画好きのわたし達、よかったです。
話題の尽きない夫婦です♪

そうかも知れません。
喧嘩してる両親を見てるより、
いちゃついてるほうが。
別に逮捕される訳じゃなし^^。

Commented by 魔女メグ at 2010-02-10 06:09 x
sizuoさん、映画評論家も顔負けですねぇ^^。
見たくなりました、出来ることなら夫と二人で、最近知ったのです、夫婦で見に行くと一人1000円! 一人で行ったら1800円! 行かなくちゃ! なかなか時間が取れませんが。この女の子可愛いわ^^。
Commented by shizuo7f at 2010-02-10 06:23
魔女メグさん、こんばんは~!
知っちゃったんですか、
そりゃもう行かなきゃね。
ずっとアピールしてたんですよ、チケット写真で。
よ~く見ると、「夫婦50割引 1,000」^^。

可愛かったですよ、スージーサーモン。
ぜひご主人さまと♪
Commented by elliottyy at 2010-02-10 06:35
興味深いです~!!
広告は見たことある!かわいい少女だな~って思ってました。
日本語で見られるのがうらやましい^^
4月の一時帰国の時の飛行機の中で見られるかも^^

温かいコメントありがとうございます!
やさしいお気持ち感謝しています^^
Commented by suzu1944 at 2010-02-10 07:31
今年のアカデミー賞最有力候補の作品
良いものに出会えましたね。
映画行きたいと思いながらもっいチャンスを逃がします。
ここでshizuoさんの説明と画像で行った気分に
ありがとうございます。
Commented by shizuo7f at 2010-02-10 18:25
いっちゃん、こんばんは~!
次から次、興味深い作品が発表されますよね~。
スージーサーモン、可愛い少女。
覚えておきたい女優さんでした。

基本的には素敵な声も含めて鑑賞したいので、
わたし達が観る映画はすべて字幕版。
疲れますけどね^^。
機会があったらぜひ機内で♪
Commented by shizuo7f at 2010-02-10 18:26
suzuさん、こんばんは~!
そうらしいです、アカデミー賞ノミネート。

こちらこそ有難う~。
このページで行った気分♪
嬉しなっ、励みになります^^。
Commented at 2010-02-10 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shizuo7f at 2010-02-10 20:59
manaさん、こんばんは~!
楽しめることアレコレ何でも。
我ながらフットワークが軽いなと^^。

映画は気が向いたら、手軽にいつでも。
それに最近はいい作品がいっぱい。
機会が出来たらご主人さまとぜひどうぞ~。
半袖とは凄いですね~、楽園沖縄。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< プレ・ハッピーバースデー♪ いらっしゃ~い、可愛いお客さま♪ >>