<< 笑い上手は生き方上手 みんなde Birthday ... >>

ヒアアフター

f0175804_22535592.jpg 「…与えられた人生を精一杯生きるべきだと、僕は常に信じている」。
そう語ったのは、名優であり監督のクリント・イーストウッドさん
その言葉を聴き、うなずきながら我が奥さまといつもの映画館へ。

 「マディソン郡の橋」、「硫黄島からの手紙」、チョッと前に観た「チェンジリング」。これらの作品はすべて彼が手がけた映画です。

 「公開されたら観ようね」と決めていた「ヒアアフター」。
 パリのシーンは…、津波で臨死体験をする女性のこと。ロンドンでのシーンは…、双子の兄を失った少年のこと。サンフランシスコのシーンは…、死者の声を聞く男(マットデーモン)のこと。

 「死」に直面したこの3人が出会って、「生きる」喜びを見つける。
「人生を精一杯生きる」がテーマ。

 生きて行くために必要な希望の物語、そう「死と生」を巡る感動的なヒューマン・ドラマなんです。


 

f0175804_2335227.jpg
 
 スティーヴン・スピルバーグさんが製作総指揮。この津波シーンは怖かったですね~、リアル過ぎます。

f0175804_2345498.jpg
「死ぬ」ってどういうことだろう。なんだかうまく表現来ませんね~。
ストーリーテラーの方の言葉を借りれば、それを考えることにより、「精いっぱい生きることの素晴らしさが見えて来る」のだそうです。また、「手を差し出せば、握り返す人がいる幸せにも気付く」とか。

f0175804_22565640.jpg 我が奥さまの誕生日だった11日朝、何気なく観ていたテレビ。

 そこにはクリント・イーストウッドさんとジャーナリストの鳥越さんが居た。
多分、わたし達が観る直前の「ヒアアフター」のデモンストレーション。
当然なんだけど、公開直前のタイムリーな放映。

 鳥越ファンの奥さまは食い入るように真剣に(笑)。

 いつまでも素敵な鳥越俊太郎さん(70才)。アメリカまで出向き、憧れのクリント・イーストウッドさん(80才)に念願のインタビュー。与えられた時間は15分間、観てるわたし達もドキドキ。

 鳥越さんはガンと闘い続け、イーストウッドさんは「ヒアアフター」で“死”をテーマに。“人生の幕の下ろし方”をテーマに静かに熱く語っていたのが印象的でした。それにしてもお二人とも、素敵な歳の取り方をしていますね~。

f0175804_2304923.jpg 観終わったわたし達。
この日はまだ4時チョッと前だったこともあって、ロビーソファに掛け、その場で映画感想会(笑)。

 マットデーモンと言えば、アクションスター。「これまでの役どころとチョッと違ってたね」「そうね~、でもさすが上手く演じてたわね~」。

 言葉には出さなかったけど、「嬉しいな~」と思いました。

 こうして語り合える人が居る幸せ、そう、改めて「手を差し出せば、握り返す人がいる幸せに」に気付いたわたしでした。
[PR]
by shizuo7f | 2011-02-21 23:15 | 映画 | Comments(32)
Commented by Azky at 2011-02-21 23:57 x
奥さま、 お誕生日おめでとうございま~す☆
お母さまからお祝いのお言葉を、 そしてお孫ちゃんたちを囲んでご家族水入らずでのお祝いのディナー! そして・・・愛の手を握り交わせるご主人さまとの映画鑑賞と、 奥さま、 お幸せ~♪

ジャーナリストの鳥越俊太郎さんのご本を読んだことがあります。 確かフィラデルフィアでの体験記だったと記憶してますがクリントさんとは英語で対話されたのかしら。 インタビュー、観てみたかったわ~☆
Commented by okada1117 at 2011-02-22 07:05
いつも奥様とお出かけ奥様は幸せでいいですね
映画感想会までされるんですね
良い映画でしたか
Commented by tomiete2 at 2011-02-22 09:07
  <<<そっと差し出す手を握り返す>>>

  映画を見ながら・・・いいですね。・・まだまだ・・お若い・・いやこうあらねばならないのだと、心に言い聞かせました。
Commented by ma-tyan at 2011-02-22 10:57 x
冬は外で見るモノも少ないし花も無いし映画が良いですね。
我が家の近くには映画館無いし・・・車で1時間かかる。
でも時々見に行きます。
一緒に見て楽しめれば嬉しい限り
タマには洋画も観てみようかしらね~♪
Commented by mutamiya3 at 2011-02-22 19:55
やっぱり観られたのですね!
絶対に観たい映画だと思っています。

確か鳥越さんは 癌を克服されたのですよね。
この映画のテーマと 合っているのでしょうね!
Commented by shizuo7f at 2011-02-22 20:35
Azkyさん、こんばんは~!
有難うございます、バージニアからのバースデーメッセージ。
相変わらずわたし達、仲良し夫婦しています^^。

「ねぇ、英語でインタビューしてたかな?」
「ええ~、そう言われれば、英語だったような…、
通訳用のイヤホンしてたような…」。
聴き入っていたけど、二人ともそこのところは^^;。
鳥越さんがクリントさんに「無敵」バッチを贈って、
後日実際に付けている雑誌写真をご覧になって、
鳥越さんが感動していたところが印象的でした。
Commented by shizuo7f at 2011-02-22 20:35
岡田さん、こんばんは~!
二人揃って仲良く外出、結婚以来ずっとです。
ただ変わったのは、ほとんど子どもが来なくなったことです。
これ、当然ですよね~^^。

「あそこのセリフ、どういうこと?」「あのシーン、迫力あったよね」。
観終わった後に奥さまへ質問攻め、感想、いつも延々と。
改めて幸せ確認出来た映画でした~。
Commented by shizuo7f at 2011-02-22 20:35
トムジーさん、こんばんは~!
ドキドキしながら差し出したりはしません。
あれは、例えばの話しです^^;。

でも気持ちはまさにあの通り、
幸せな二人です~♪
Commented by shizuo7f at 2011-02-22 20:36
Ma-tyan、こんばんは~!
そうですよね~、快適空間、映画館。
もうへっちゃら、雨にも、風にも、雪にだって。
入ればそこは、恋の花も咲いてます~♪

今、映画が面白いです。
「暇と金さえあれば、一日中でも観ていたいわ~」、
…と奥さまが言ってます^^。
Commented by shizuo7f at 2011-02-22 20:36
Mutamiyaさん、こんばんは~!
やっぱり観ました、「ヒアアフター」。
観てください、きっと今の幸せジワ~っと感じますよ。

そうなんです、4度の手術をされた鳥越さん。
「がんは治る病気。がんと向き合って前向きに人生を」と仰っています。
強い方です。
Commented by ♪お~い中村君♪ at 2011-02-22 22:53 x
死に直面したら人はどうなるかな~って
考えた事は無いですけど 直面にも色々ありますが
トラウマだったり 恐怖の剰りに精神面が傷んでしまったりと
なかなか 精一杯生きれない事も多いかもですね
死は誰にも訪れる儀式だけど
心して臨めたらとかも考えるし
儀式までの自分が どうあるべきかは
思いつかないのが今の気持ちです
命は無碍にしてはいけないですけど
Commented by m_asae at 2011-02-23 00:01
(*^。^*)
先を越されましたね。
この映画を観たいと思ってますが他のを観たもので・・・
生きるって事って本当に難しいですね。
今週中に観に行って来ます。

お二人の仲の良さは、微笑ましいので好きです。
Commented by isao1977k at 2011-02-23 01:02
こんばんは(^-^)
今、この映画やってるんだぁ、となると
週末は私の両親もいくのかな、ほんとshizuoさん、いつも仲が良くて♪
永遠に、ね!
Commented by mana at 2011-02-23 13:47 x

shizuoさん こんにちは♪

映画も楽しんでらっしゃいますね~
我が家は 今 DVDデッキも壊れているから
映画は テレビ放映を見るしかないのです~(T_T)

>猫三昧 楽しんで頂けたでしょうか?^^

Commented by shizuo7f at 2011-02-23 17:25
中村さん、こんばんは~!
普段あんまり考えないですよね、自身の最期。
誰だって、「どうしよう」「怖いな」と思う気持ち、有ると思います。
ましてやまだ人生半ば、夢や希望もいっぱいあるしね^^。

どうせ考えるなら、
いまのこの幸せに感謝出来たり、
これからの人生の夢に繋がるものでありたいと思っています。
Commented by shizuo7f at 2011-02-23 17:25
ままるさん、こんばんは~!
ごめんなさいお先に、公開翌日に観ちゃいました^^。

自分自身を分析すると…、
不器用に人生を生きてるかも。
本当はもっと別の生き方があるんじゃないかと。
でも、これでいいんですよね、
何故かって?幸せ感じて、毎日を過ごせているから。


Commented by shizuo7f at 2011-02-23 17:25
く~ちゃん、こんばんは~!
やってますよ~、マットデーモン「ヒアアフタ」。
スピルバーグ×イーストウッド=観る価値ある映画。
特に、ワーナー・ブラザースからギャランティは貰ってません^^。

さぁ~て、今度の週末は。
何処いこうかな、暖かくなって来たので♪
Commented by shizuo7f at 2011-02-23 17:25
Manaさん、こんばんは~!
行って来ましたよ、
ブルース・ウィルスの次はマット・デイモン^^。
真逆のジャンル、「愛情ものがたり」。

そうなんですか、デッキ。
でもテレビ放映もじきですもんね。
それにお家なら、寝転がっても大丈夫♪
Commented by hiro at 2011-02-24 09:41 x
shizuoさん、こんにちは~♪
恒例の二人のシアターですね。
良い映画を選ばれましたね。私も時間があったら
見に行きたいと思います。
人は失って見て気がつくことが沢山ありますが、
「手を差し出せば、握り返す人がいる幸せ。」が一番ですね。
私も十分噛みしめています。
Commented by 多摩 at 2011-02-24 11:23 x
鳥越さん、私もフアンです。かっこいいですねー。(笑)
Commented by hasse at 2011-02-24 14:07 x
奥様のお誕生日、おめでとうございます
2人で楽しく映画を見た後 感想会・・・いいですね~~
語り合える人が居るって  改めて思うと幸せな事ですね
Commented by tarabakaniko at 2011-02-24 16:04 x
観終わった後、単純に『いい気持ち』になれるのが、映画のいいところですよね。
そんな映画がいいですね。非日常の時間を過ごしたいですもん!
Commented by shizuo7f at 2011-02-24 21:07
Hiroさん、こんばんは~!
滑りだし快調、二人のシアタ~♪
月一ペースはちゃあ~んとキープ^^。

ストーリーだけを聞くと、「ええ~」。
でも食わず嫌いは損するもんね、観てよかったです。
Commented by shizuo7f at 2011-02-24 21:07
多摩さん、こんばんは~!
あんなふうになりたいなっ。
「なりたい自分」、あったほうがいいと思います。

まず見た目から入るわたし。
性格は簡単には変えられないけど、変な癖は変えられます^^。

Commented by shizuo7f at 2011-02-24 21:08
Hasseさん、こんばんは~!
有難うございます、
我が奥さまへのバースデーメッセージ。

いつもなんです、わたし達。
映画館を出て帰りのクルマの中、家に帰って食事をしながら…。
まるで「アーモンドグリコ」みたいです。
そう、「1粒で2度 おいしい」。
かなり古いですね~^^;。
Commented by shizuo7f at 2011-02-24 21:08
たらばかにこさん、こんばんは~!
そうなんです、まるでドラえもんのどこでもポケット。
ドアを開けたら、そこはいつもと違う非日常の。

金はかかるし、そこまで行かなければ。
それだけの事をしてまでも、
観る価値はあると思います。
ありますよね、たまに現実逃避^^。
Commented by kazu5217 at 2011-02-24 21:17 x
「手を差し出せば、握り返す人がいる幸せに」
ですよね~。ともすればあたりまえのように思ってしまいがちですが、これって幸せなんですね。
話はそれますが実は子供の頃に臨死体験した記憶が?
気絶していた時に見た風景・・綺麗なお花畑に大きなアゲハチョウ・・・その後は自堕落な人生ですが(^^)
Commented by thallo at 2011-02-25 09:30
シズオさん、こんばんは。
イギリスでも現在上映中ですよ。え~、ロンドンも撮影に使われたんですね。それは見てみたいかも!
普段住んでいて何気なくとおっている道も、映画の中で使われていると、とても特別な気持ちでみてしまうんですよね。
でもちょっと難しいのかしら。。頭を使ってもいい、という時に行った方がよさそうですね。笑。
奥様との映画感想会、きっととても和やかな空気がただよっていたのでしょうね。
↓ そうそう、遅くなってしまって。。奥様のお誕生日おめでとうございます。なんでも売っているような奥様、の一文に微笑んでしまいました。本当、映画もお花のことも色んなこと知ってらっしゃいますよね。
これからの1年間も素晴らしい年になりますように。
Commented by shizuo7f at 2011-02-25 15:01
Kazuさん、こんにちは~!
すべての事に感謝の気持ち。
「当たり前」と思ったら、その幸せ感じられないもんね。

それって、「ヒアアフタ」かも!
映画に先だって、貴重な体験。
活きていると思います、奥さまとの今の暮らしに。
Commented by shizuo7f at 2011-02-25 15:02
おごしゅさん、こんにちは~!
有難うございます、
奥さまへの嬉しいバースデーメッセージ♪

チョッと前のスマトラ島大津波、
そして、ロンドンのテロがモチーフに。
ロンドンシーンは、一卵性双生児の少年マーカスくん。
危うく地下鉄テロに遭うところを、亡くなった兄に助けられるんです。
勿論CGなんですが、爆破シーン迫力ありました。
マットデーモンと言えばアクション、
観ましたね~、3作品あったボーン・シリーズ。
なんでしたら、我が奥さまに解説お願いしましょうか^^。
Commented by ビオラ at 2011-02-25 15:14 x
こんにちは~
話題の映画ですね^^
津波のシーンとってもリアルだとか・・CGの中で一番難しいのが波(水の動き)だとか・・
なのでこの映画すっごく興味がありますわ^^
 
今年はまだ1本しか観てないんです・・来月には行きたいですわ^^
Commented by shizuo7f at 2011-02-25 17:48
ビオラさん、こんばんは~!
公開翌日、さっそく我が奥さまと^^。
押し寄せる海水、逃げまどう人々、
確かに襲いかかる波の様子、その描写はCGならでは。
こんなシーンが、いきなりスクリーンに。
さすがスピルバーグ監督、ジェラシックパークを思い出しました。

そうですね~、
是非どうぞ、月も変わって♪
今度はわたし達、ファンタジーな作品が^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 笑い上手は生き方上手 みんなde Birthday ... >>