<< 食べる小魚 園芸ショップ >>

梅雨入り

  昨日気象庁によって、この三重県地方に「梅雨入り」宣言が出されました。昨年より2週間ほども早いそうです。7月までの暫くの期間、雨とのお付き合いが続きます。連日シトシト降り続く雨、ジメジメした環境の出現です。梅雨と聞いて直ぐに思い浮かべることは、どちらかといえば良いイメージはありません。梅雨のない北海道や小笠原諸島を羨むときもあります。

 カビ(黴)や食中毒も心配です。梅雨の語源の一つ、カビが生えやすいことからも「黴雨(ばいう)」とも。同じ音の「梅雨」に転じたといわれています。そして時には梅雨前線の影響で、土砂災害や河川の氾濫が…。

 良くないことばかり並べ立てましたが、この季節の雨も必要です。田植えなど農業には欠かせない雨、そして夏の水不足を解消する雨。災害による被害が出ない程度に、静かに降って欲しいものです。

f0175804_6225635.jpg
f0175804_6231944.jpg


 雨でイメージできるものの一つに、数々の童謡があります。♪雨雨降れ降れ母さんが蛇の目でお迎え 嬉しいなぁ~。♪てるてる坊主 てる坊主~。まだあります。♪でんでん虫虫 かたつむり~。梅雨のさなか、昔の人はこんな歌をうたい、少しでも雨を楽しもうとしたんでしょうか。

 そうそう忘れていたものがありました。アジサイです。この梅雨どきに映える代表的な花。この季節の季語でもあります。わたしの隣り町はアジサイが綺麗に咲くことで有名です。雨に濡れながら艶やかな白やピンク、そして薄紫のアジサイ。雨の季節ながら周りを華やかにしてくれます。近い時期に奥さまと行こうかな、「アジサイ祭り」。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-03 06:24 | その他 | Comments(2)
Commented by 徒然草 at 2008-06-03 16:32 x
かたつむりの私が 一番乗り~※※

梅雨に入ったようですね。 梅雨の雫がきれいな紫陽花。
この梅雨の時期ならではですね。

雨の童謡、子供の頃を思い出します。
今でも 木陰には かたつむりがいますよ。 かわいいですね。

もうそろそろ 蛍が舞い始めることでしょう。
Commented by shizuo7f at 2008-06-03 20:18
こんばんは~。
いらっしゃい、徒然草さん。
「かたつむりの私が一番乗り~」、そうですね(^^)。
それぞれの生活ペースがありますもんね。

そうですね梅雨入り、と思ったら今日は晴れ間。
このアジサイは、奥さまと出掛けた園芸ショップで撮ったものなんですよ。

いいなぁ~、かたつむりのいる自然がある暮らし。
子どもの頃は当たり前のように見ていたカタツムリ。
それに蛍もですか。
またあとで、恵那へ遊びに行きます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 食べる小魚 園芸ショップ >>