<< くろ酢 ちびっ子のお泊り >>

秋の水嶺湖とフォークソング

f0175804_546555.jpg 雨降り続きだった先週とうって変わリ、久しぶりに日差しが戻った9月最初の日曜日。開け放たれた窓から、ときどきスッ~と優しく風が吹き抜けます。コンポからは透き通った青空をイメージさせる、心地よい音楽が流れています。洗濯をすませた奥さまと、いつものお喋りが始まりました。勿論、話題はお泊りした孫ちびっこ達のこと。順調に成長していることに喜び合い、若い二人への子育てエールに話しが及びました。

f0175804_5533427.jpg 「どこかへ出かけようか~」「そうね、天気も良いし」。出かけることの話し合いは即決です。とりあえずあてもなく、クルマを走らせることにしました。爽やかな秋の風が吹き、車内では奥さまお気に入りの♪隆さまが流れています。辺りの景色を眺めながら、「春に出かけたあの水嶺湖へ行こうか~」「いいわね~」。どんどん山深くなります。国道にはほとんど走るクルマもなく、二人の専用道路です。速くなり過ぎないよう、スピードメーターを気にしながらハンドルを握りました。

f0175804_5542230.jpg クルマを止め一歩外へ出ると、森と湖のハーモニーでつくられたような、なんとも爽やかな風が。同じように散策しているカップルがチラホラ。1時間足らずでこんな大自然にやって来ました。そこは春のときとは違う別世界です。三重県と滋賀県の県境、緑に囲まれた美しい湖「水嶺湖」。秋に訪れるのは初めてです。日傘をさす奥さま、数歩遅れてカメラを構えるわたし。辺りには秋トンボの群れが飛んでいます。

f0175804_5551536.jpg この日も、湖畔に建つ日本昭和音楽村に。 昭和の作曲家「江口夜詩」を顕彰し建てられた音楽ホール、フォークミュージックを紹介するFN音楽館。二度目なんですが、すっかりわたし達のお気に入りスポットになりました。触れてもいいフォークギターを手に、すっかり昭和の青春フォーク歌手になった奥さま。100円を入れると音楽が聴けたんですが、残念なことに手持ちがなく諦めたジュークボックス。ありましたよね~こんな機械、懐かしいです。

f0175804_5555061.jpg フォクソング全盛だった1960年代~70年代。チョッと遠くなった青春時代、わたし達が10代から20代でしたね。想うとなんだかセンチメンタルになります。「バラが咲いた(マイク真木)」「結婚しようよ(吉田拓郎)」「さよならをするために(ビリー・バンバン)」 「あなた(小坂明子)」「「白い色は恋人の色(ベッツィ&クリス)」…。昨日の事のように脳裏を巡ります。

f0175804_601629.jpg 秋の夕暮れは早くやって来ます。西に沈みかけたお日さまは、真夏の勢いはありません。帰りのクルマの中は、二人が出会った頃の時代に戻ったかのようにあの曲、この曲が次から次に飛び出しました。家に帰り着くまでに終わりそうもないので、チョッと洒落たコーヒーショップで熱いお喋り。お店を出たら、すっかり日が沈んでいました。
[PR]
by shizuo7f | 2008-09-10 06:00 | その他 | Comments(21)
Commented by 壱番館のBUNちゃん at 2008-09-10 15:51 x
うふふ。
今日のshizuoさんの記事を読んでいたら、なんだか私までドキドキ、してきました。
もちろん私はshizuoさんより歳若いですが、私まで遠い甘酸っぱい若い頃に戻った気分です。
Commented by ハッセ at 2008-09-10 16:18 x

フォークソング全盛期だった頃 私もまだ20代でした
shizuoさんのブログを読んで私もセンチメンタルになってしまいました
どの曲も懐かしく ちょっぴり切ない思いでもあって・・・
Commented by たらばかにこ at 2008-09-10 18:08 x
おおっ~!
素敵な一日の始まりですね。
好きな音楽を聴いて、天気も良くて、ドライブにも最適で
安心できる相手といられるって・・・

本当に理想的な・・・

一番いいのは、みんなが元気なことですよね!
Commented by shizuo7f at 2008-09-10 19:29
BUNちゃん、こんばんは~。
そう、それは良かったですね(^_-)。
「幸せの連鎖」、狙いどうりです。
わたし達の幸せが、み~んなに連鎖するといいなぁ。
そんな思いでいつもいるんです。

忘れかけていたことが思い出せたら、
今夜にもお喋りしてください、お二人で。
心ときめかせたあの頃を。
Commented by shizuo7f at 2008-09-10 19:40
ハッセさん、いらっしゃ~い。
みんな、キラキラ輝いていたあの頃。

目を閉じれば、ほら・・・。
神田川 (かぐや姫)、悲しみは駆け足でやってくる(アン真理子)、 
なごり雪(イルカ)、フランシーヌの場合(新谷のり子)、 
・・・まだまだあります。

精霊流し(グレープ)、あなたの心に(中山千夏)、
真夜中のギター(千賀かほる)・・・。

季節は秋。
ときには、20代に帰ってみるのもいいかも(^_-)。
Commented by shizuo7f at 2008-09-10 19:47
お久しぶりです~、たらばかにこさん。
お元気でしたか(^_-)。

いつも休日が待ち遠しいわたし達です。
金曜日あたりになると、
少しずつソフトランディング態勢。

季節も最高!
デイト先のロケーションも最高!
ブログネタいっぱいのいきいきライフしています。

仰るように、これもみ~んなが元気だから。
感謝の毎日です。
Commented by kazu5217 at 2008-09-10 21:00 x
フォーク全盛期。吉田拓郎にはかなり入れ込んでました。
フォークほかベンチャーズにもかぶれてしまってアマチュアのエレキのバンドもしたりしてました。若いときは面白かったですね~恐いものしらずで。今振り返ると自分の親は寛大でした(^^)
Commented by 鶴子 at 2008-09-10 21:40 x
吉田拓郎の「旅の宿」を聴くと、ほろ苦く切なかった青春時代が
思い出されます。 ギターと歌が上手な人でした。
先日、友人と真夜中のギターを歌いました。 彼女がハモッて
くれてなかなか良かったですよ。 
あの頃の歌って、今でも身体の隅々に沁みわたっている感じが
します。
Commented by bela flor at 2008-09-10 22:20 x
shizuoさんと奥様はいつも一緒、趣味も一緒なんですね。
楽しい語らいは明日のエネルギーになりますね。
ギターを持った奥様はかなりお上手なんでしょうね。
Commented by shizuo7f at 2008-09-11 06:16
Kazuさん、おはよう~。
誰もが一度は聴き、口ずさんだフォークソング。
そのなかでも拓郎さんは代表格の一人でしたね。
♪浴衣の君は ススキのかんざし~。

平凡パンチ、反戦運動・・・。
時代はどんどん輝きをまし、
いろいろ語った青春時代。

そうそう、ベンチャーズもよかったですね。
ダイヤモンド・ヘッド、パイプライン。
終わりそうもありませんね、Kazuさん(^_-)。
Commented by shizuo7f at 2008-09-11 06:25
鶴子さん、おはよう~。
♪もう一杯いかがなんて みょうに色っぽいね~。
みんなの青春時代でしたね。

そうですか、
♪街のどこかに 寂しがり屋が一人~。
最近お友達と歌ったんですね。

仰るように当時の歌は、
わたし達の心のタイムカプセルに
いつまでもありますね。
Commented by 梓の小鳥 at 2008-09-11 06:30 x
ン、 マァ!
私たちも日曜日にドライブしたんですよ。
それも家事が終わって午後からのドライブ。
あてもなくドライブして行ったら・・とそこまではShizuoさんご夫婦にソックリ~♪

明日更新出来ると思いますのでまたお寄り下さいね~。

フォークソング、 懐かしいデス!
ここでまた驚いたことが。
実はこの数日、 ビリーバンバンの 「さよならをするために」 が頭から離れないんです。
それと、 「目覚めた時には~何時でも晴れてた~♪・・・」
ご存知かしら~?

いいなぁ・・・
奥様と想い出を重ねられる歌があるって~♪
Commented by shizuo7f at 2008-09-11 06:34
belaさん、おはよう~。
そう我が奥さまとは、いつも、どこでも一緒♪。

他愛もないことを喋り、
どうでもいいことにチョッピリこだわる。
そんな暮らしこそ、人生そのものなんですよね。

いえいえ、我が奥さまギター弾けません。
お手にとってどうぞと、触れることのできる
チョット珍しいミュージアム。

すっかりあのシーンがお気に入りになり、
今、私の携帯の待ち受け画面にしています(^_-)。
Commented by shizuo7f at 2008-09-11 06:36
梓さん、おはよう~。
ちょっとごめんなさい、出勤時間が・・・。
帰ってからってことで(^_-)。
Commented by アガパンサス at 2008-09-11 11:34 x
こんにちは。
ここの湖を散歩されたんですね。
綺麗なところですね。
ジュークボックスが置いてあるんですか~
なつかしいですね。
歌はその頃に一足飛びに帰れますね。


Commented by JiJi at 2008-09-11 11:38 x
(=^ェ^=)ノ こんにゃちわ♪

フォークソング・・・懐かしいですね
僕は 吉田拓郎に憧れて安いギターで練習をしたものです
お陰で今でも数曲は楽譜無しでも弾けますよ(*^~^*)ゝ えへへ
Commented by shizuo7f at 2008-09-11 20:09
梓さん、こんばんは~。
今朝は失礼しました(ペコリ)。

日曜日は、偶然わたし達と似たような行動パターンでしたね。
季節も爽やかな秋になり、ドライブも最高!
明日のブログ、ご主人さまとのラブストーリーが楽しみです♪。

我ら世代にとって、「フォークソング」は青春そのもの。
将来を夢見、希望に燃えてたころ。
勿論、今もなお燃えつづけていますが。
ときにはそんなころに想いを馳せ、これからの人生のばねにしたいですね。

そうですか、「♪さよならを するた・め・に~」。
兄弟そろって良い声してましたね。
「目覚めた時には~ 何時でも晴れてた~♪」、んん残念~、降参です。
教えてくださ~い。
Commented by shizuo7f at 2008-09-11 20:09
アガパンサスさん、こんばんは~。
家から1時間足らずで、こんな素敵な湖に行けます。

自然の中って、気持ちまで開放されますね~。
優しい心を取り戻せる気もします。

ジュークボックスは、ちゃんと動くようになっていました。
1曲100円、たまたまその100円硬貨がなく残念でした。
今度行く機会があったら、聴いてみようと思います。
わたし達にとっては、歌のタイムカプセルを。
Commented by shizuo7f at 2008-09-11 20:09
JiJiさん、こんばんは~。
そうですか、ギターの達人ですね。一度聴いてみたいです。

今尚活躍してみえる、拓郎さん達。
多くの人に影響力がありましたね。
フォークソング、きっとこれからもずっと、
わたし達の心に新鮮なまま残る筈。

幸せな我ら世代。
kiyoshiさん流に、「きょうもスマイル」。
Commented by ウッシー at 2008-09-11 21:53 x
甘口の美味しいお酒のような記事ですね。
そのお幸せ永遠に・・・と祈りたい気持ちです。
Commented by shizuo7f at 2008-09-11 22:03
今夜もピッタリ、息が合ってる感じですね♪。
何がって、いえ、
今ウッシーさん家にお邪魔して帰ってきたところ。

ヨーイドンしても、
なかなか1分以内差におさめるのは難しいものです。
お互いにコメしあっていました(^_-)。

そうですか~。
何とかはレモンのような味といいますが。
わたし達の幸せを願ってくださり、嬉しいです♪。
わたしからもkiyoshiさん風に、「明日もご夫婦スマイルで」。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< くろ酢 ちびっ子のお泊り >>