<< 秋色に誘われて 3才のパパ >>

陽気に行こう

f0175804_5565250.jpg  「♪ただあなたの優しさが怖かった~」、「♪冬が来る前に もう一度~」、「♪結婚するって本当ですか~」。今も青春真っ盛りなんですが、わたし達の第一次青春時代つまり60年代~80年代、世はフォークソング全盛時代でした。まだ今でもほとんどの楽曲を歌うことが出来ます。あなたの思い出のフォークは何でしょうか?この時代をリードしてきたフォークグループやソロシンガー、ご存知でしょうか?

  かぐや姫「神田川」、因幡晃「わかって下さい」、紙ふうせん「冬が来る前に」、ガロ「学生街の喫茶店」、ダカーポ「結婚するって本当ですか」、バンバン「いちご白書をもう一度」…。みんな素晴らしいフォークシンガーばかりです。あっ忘れるところでした、「♪おいで皆さん聞いとくれ 僕は悲しい受験生~」、歌ってた人誰だかわかりますか?今も歌い続けています。そう、マラソンランナーとしても頑張ってみえる高石ともやさん。

f0175804_5574558.jpg  高石さんは北海道出身、1960年に立教大学文学部に入学するんですが、土木作業員や屋台ラーメン屋をしながら学費を稼いだ苦労人。そしてフォークソングを歌い、世にその名前が知られるようになったんです。

  数日前のテレビ番組、「誰も知らない泣ける歌」に出演されていました。奥さまを襲った突然の病を献身的に尽くされ、夫唱婦随の暮らし振りにわたし達も感動しました。そのとき紹介していた歌が、「陽気に行こう」。

f0175804_5593149.jpg  2人の子供さんにも恵まれ、幸せな人生を歩んでおられたんです。2006年9月までは。突然、奥さまに大腸ガンの病魔が。医師から余命6ヶ月と告知され、動揺する二人の息子さんと高石さん。奥さまは、『“ピンチの時こそ陽気に行こう”が、私たちのキャッチフレーズでしょ』と逆に励まされ、家族全員で闘病を開始されたそうです。そして奥さまは奇跡的に回復!

f0175804_61982.jpg 
が…昨年8月、転移したガンが悪化。もうこれ以上の手術ができないことが。2人は最後の日が来るのを覚悟し、毎日を大切に大切に過ごしているそうです。二人のテーマソング、『陽気に行こう』を歌いながら。スタジオのゲストの皆さん全員が、大粒の涙を流されていました。勿論、茶の間のわたし達も、涙なくして観ることができませんでした。

f0175804_634992.jpg  このテレビで、わたしは知ったのです。高石さんの奥さまが突然の病に襲われた2年前の9月。その2か月後、11月19日にわたしが実行委員長をした官民協働事業のイベントに、京都から駆け付けてくださいました。そんな辛い状況にあったことを少しも仰らず、明るい歌と生きる元気をいっぱい語ってくださいました。



f0175804_65275.jpg
 
f0175804_69261.jpg


  開催したそのイベントの数日後、ご本人から感謝とお礼のはがきを戴きました。なんと律儀な方なんでしょう。本来ならば、わたしが出すべき礼状を手にし頭が下がりました。奥さまに、奇跡が起きることを願っています。高石さんご夫婦、ご家族さまがいつまでも、『陽気に行こう』を歌い続けられますように。

♪喜びの朝もある 涙の夜もある 長い人生なら さあ陽気に行こう・・・。
[PR]
by shizuo7f | 2008-11-04 06:14 | その他 | Comments(33)
Commented by ウッシー at 2008-11-04 07:05 x
お早うございます。(^_^.)
すばらしい記事に感動しました。
人と人の繋がりの大切さ、いのちの強さをあらためて知りました。
ありがとうございました。<m(__)m>
Commented by juju3291 at 2008-11-04 07:57
★元気ばば★
素敵な話ですね。shizuo様の文章から、あなた様の優しさを感じます。
Commented by kazu7477k at 2008-11-04 09:24
長い人生の中では様々な出来事が起きます それが我が家であったり
身近な人であったり 無差別です
その時 わが身に近いほど落ち込みは大きいでしょう そのまま落ち込んでは自分もダメになり 周囲の人に迷惑を掛けるでしょう
如何に気持を切り替えるか 前向きに生きるかその人の心次第でしょう
あかるく強く生きたいものです
私も大きな大きな波を乗り越えて 明るく生きています
Commented by JiJi at 2008-11-04 10:42 x
(。・_・。)ノ おはようございます♪

僕が中学生の時は 吉田拓郎さんと岡林信康さんですね
この二人に憧れてギターを始めました

高校生の時は 赤い鳥 五つの赤い風船等のフォークバンドを真似て
友人とバンドを作り 学園祭とかに行っては歌ってましたよ

もちろん 高石さんの「受験生ブルース」もね
懐かしい 青春の一ページです (^◇^;)アハッ!
Commented by たらばかにこ at 2008-11-04 13:57 x
おお~!
私にも懐かしいタイトルばかりです!

新聞配達して買った、白いギターが思い出です・・・
私も北海道出身なので、当時一番ファンだったのは
「ふきのとう」なんですが、ご存知でしょうか?
松山千春氏がデビューの時、私は中3でした。

高石さんに関しても、ちょっといいですか?
ランナー高石さんは、サロマ湖100㌔マラソンのテーマソングも作ってらして、私は50㌔に参加しているのですが、あの曲で応援してもらってます。
風景にも、マラソンにもピッタリのいい曲です。
縁あって、コンサートの打ち上げにも参加させていただいたりしてまして、
何だかshizuoさんとも、またつながった!という気持ちになりました。

ロックではなくフォーク派だった私なので、今でもたまにカラオケに誘われたら、70~80年代の歌しか歌いません。

フォークは最高です!
Commented by カズ at 2008-11-04 15:27 x
やはり苦労をした人は重みが違いますね。
しかも、きっちり礼状なんて人とのつながりも大事にしてらっしゃる。
やっぱり書いてましたね、「おかげさまで」改めていい言葉ですね~(^^)
Commented by 依田竹司 at 2008-11-04 17:17 x
ぜ~~んぶ!青春ですよ!!
素敵な思い出創られましたね!
僕はうたごえ喫茶でリードする立場で、
大きい声で指揮して歌ってました(笑
懐かしい!
あの当時の歌手の皆さん苦労人ばかりでしたよねぇ・・・

小室さん~~見習ってほしい==!!(失礼)
Commented by mamarinn at 2008-11-04 18:28 x
アラーーー懐かしい、グループ名にうたのタイトル。
思わず口ずさんでしまいました。
ピンチのときこそ陽気に行こう、なかなかいえる言葉じゃないと思いますが立派な奥様ですね。
奥様に再びノ奇跡が起きることを願いつつ、良いお話を聞かせていただきました。だんだん、だんだん。
Commented by shizuo7f at 2008-11-04 20:11
ウッシーさん、こんばんは~。
そう仰ってくださり、ブログを綴っている一人として素直に嬉しいです。
明るく生きていらっしゃる姿に、みんなが心打たれましたね。
高石さんご夫妻は、素晴らしい発信をなさいました。
どんな状況であれ、「陽気に行こう」ですね。
Commented by shizuo7f at 2008-11-04 20:12
元気ばばさん、こんばんは~。
本当、「陽気に行こう」は素敵な話しでした。

少なからず一昨年は、わたし達も健康不安を抱え、
チョッと大袈裟かもしれませんが、人生観も変わったんです。
そして、おなじような考え方に共鳴し、胸が打たれました。
人って考え方や思いようで、人生まるで変わるんですね。
Commented by shizuo7f at 2008-11-04 20:14
和さん、こんばんは~。
仰る通りですね。
非情にも避けられない、誰かれ構わず容赦のない出来事。
そんなときは、ただ黙って過ぎ去るのを待つのみ。

でもそんなときでも、できる事はあるんですよね。
気持ちを明るく前向きに持つこと。
難しいことですが、
大きな力になると信じています。

話しがチョッと反れますが、
今のこの瞬間も、おなじ状態が続いていないんですよね。
無常を知ると、素直になれ、謙虚になれる気がします。
そして感謝と共に、今の幸せに気づきますよね。
Commented by shizuo7f at 2008-11-04 20:17
JiJiさん、こんばんは~。
ついこの前のような気がしますよね、ギターを持って…。
世代が近いので、凄く共感が持てます。
今でもそうですが、音楽をしてる男性は女性から憧れの的。
学園祭などでは、相当モテましたね~^^。

先日の地域の方への尺八コンサート、
その原点はここにあったんですね。
Commented by shizuo7f at 2008-11-04 21:04
たらばかにこさん、こんばんは~。
あのときの白いギターを思い出されたんですね。
そして頭の片隅にまだあるフォークソング、いい時代でした♪。
さすがのわたしも知りません、「ふきのとう」。
北海道出身のフォークグループなんですね。

凄~い!50㌔マラソン!音楽。
何でも来いの人ですね。
本当、ともやさん繋がりです^^。
聴きたいですね~、たらばさんのフォーク♪。
Commented by shizuo7f at 2008-11-04 21:11
カズさん、こんばんは~。
そうですね、若い時の苦労は後の大きな糧。
わたしも見習わなければ…。
人生何一つ、無駄はありませんもんね。

さすが!よく見られましたね~、
「おかげさまで」の言葉。
Commented by shizuo7f at 2008-11-04 21:18
竹司さん、こんばんは~。
良き青春の時代、
いい思い出を持つことが出来たわたし達。
ラッキーですよね♪。

へぇ~、「うたごえ喫茶」ですか。
第一次青春期はここで。
当時から今も、ずっと時代をリードしてますね^^。
Commented by shizuo7f at 2008-11-04 21:28
ままりんさん、こんばんは~。
懐かしいですよね~、あの歌この歌手。
どんなジャンルにしろ、
歌には不思議な、そして大きなパワーがありますね。

あの「陽気に行こう」を聞いた多くの人が、
感動と元気を戴いたと思います。
そんな元気の連鎖ができたら、その元気が奥さまに帰ることを願います。
Commented by sgr813 at 2008-11-04 21:49
『冬が来る前に』の歌はコーラスで教えて貰いました。
紙ふうせんが歌っていたんですか。
でも残念ながら私は『紙ふうせん』を知らないんですよ。
高石ともやさんは毎年札幌駅の構内でロングランのコンサートをやっているようですよ。
ファンの方は一日中聴いているとか・・・。

Commented by shizuo7f at 2008-11-04 21:58
グランマさん、こんばんは~。
音楽大好きさんなんで、ご存知の曲も多いのでは^^。

ステージ上で撮った高石さんを囲んでのあの写真、
幕が上がる前のショットなんです。
グランマさんと一緒、ママさんコーラスさんなんです。
スイートピーと言う名でボランティア活動して見えます。

わたしがしていた地域ボランティアに、
来て戴いたことが縁で、このイベントにお呼びしたんです。

Commented by 徒然草 at 2008-11-04 22:12 x
こんばんは※※
今「誰も知らない泣ける歌」を 観終わったところです。
shizuoさんと 高石ともやさんは、そんな近しい間柄なのでしたか。
今夜の曲も、心に響く歌ばかりでしたね。

ちなみに私は、母や叔父の懐メロを聴いていましたから、
勿論、演歌がほとんどです。
Commented by mieちゃん at 2008-11-04 22:50 x
shizuoさん、こんばんは~☆
「誰も知らない泣ける歌」ちょうど私も観ていましたよ。
高石ともやさんの歌も聴きました。
ほんとに泣けてきました。
歌には色んなドラマがあるんですね。
それを知ってから聴くと、なおさら深く心に染み入りました。

”ピンチの時こそ陽気に行こう”。。。
なかなかそうは行かないものだと思いましたが。。。
でも、どうせなら陽気でいくほうがいいですね!
気持ちの持ち方で、ふと何かが変わって行くことありますね。
今日も泣ける歌観てしまった~☆
歌って、いいなぁと思います。
時には励まされ、癒され、温か~い気持ちにさせてくれる。
フォークソングも好き、コブクロも好き。。。(^^♪




Commented by 梓の小鳥 at 2008-11-05 02:19 x
受験生ブルース!
とっても懐かしいです! 深夜放送で夜更かししてた時代がありましたから。  でないととっても怖がりでひとりで勉強なんてしてられなかったんです。 (笑)
ある晩突然聴こえて来た受験生ブルース! 目が途端に覚めて笑いこけたのを覚えてます。

フォークソングは青春の想い出そのものです。

奥様、 治って欲しいです!
全国の受験生の味方だった高石さん。 今度は私達が声援を送りたいですね、 奥様に~♪
Commented by shizuo7f at 2008-11-05 06:01
徒然草さん、おはよう~。
昨夜の、「誰も知らない泣ける歌」は見逃しました~。
心に響く歌でいっぱい泣きましたか♪。

高石ともやさんは2年前に、
ミニコンサート&講演会をお願いしたんです。
そんなご縁があって、陰ながら応援してるんです。
歌はどんなジャンルでも、みんなの応援歌ですね~。
Commented by shizuo7f at 2008-11-05 06:10
mieちゃん、おはよう~☆。
高石ともやさんの歌で、泣いたんですね。
みんなの心に響きましたよね、”ピンチの時こそ陽気に行こう”。

弱気虫が出そうになったとき、
思い出して暮らしていこうと思っています。
本当、わたしもそう思います、「歌って、いいなぁ」って。
Commented by shizuo7f at 2008-11-05 06:22
梓さん、おはよう~。
そうですか、やっぱり「受験生ブルース!」派なんですね^^。
深夜放送、受験生、ヤング・・・、
こんなキーワードに、新鮮な笑いがいっぱいの時代でしたね。
フォークソングは、いつまでも我らの青春!

素晴らしいこと仰います。
そしてやっぱり優しい梓さん。
「受験生の味方だった高石さんに対し、
今度はわたし達が奥さまに声援」。
Commented by bela flor at 2008-11-05 15:44 x
以前マラソンランナーとしてテレビで見たことがありますが、いつも笑顔を絶やさない方ですね。
テレビは見逃していたのでとても残念です。
shizuoさんと高石ともやさんはご縁があったようですので人事とは思えなかったのではないですか?
奥様が少しでも楽に命が永らえることをお祈りいたします。
Commented by アガパンサス at 2008-11-05 19:28 x
こんばんは。
歌は人の心に映像となって残りますね。
楽しい事も辛い事も
その歌を聴いた頃の事を思い出します。
テレビは見ていませんが
shizuoさんともご縁のある方だったのですね
歌の持つメッセージは計り知れないものがありますね。



Commented by shizuo7f at 2008-11-05 21:06
belaさん、こんばんは~。
そう、高石さんは頑張り屋さんですね。
それに、わたしのイベントに来てくださった時も終始笑顔。

ステージの上で一緒に撮った、あの写真の通り、
気取らず気さくで、素敵な方です。
そうそう、あのときも一緒に撮ろうと高石さんが仰ってくれたんです。

久しぶりにテレビで再会し、嬉しかったです。
でも奥さまの具合を知って、ショックでした。
あの「陽気に行こう」で、
ずっとお元気に過ごして戴けることを信じています。
Commented by shizuo7f at 2008-11-05 21:19
アガパンサスさん、こんばんは~。
本当!歌って凄いパワーを持っていますね。
聴いた人の心に、響き、ずっと留まり続けます。
仰るように、嬉しい時も、悲しい時も、いつでも、どこでも。

人のご縁って不思議です。
こうしてアガパンサスさん始め、皆さまとお喋りできてることも。
ご縁を大切にしないと、とも思います。
Commented by 多摩 at 2008-11-05 23:05 x
泣いても笑っても、人生行くつくところは同じです。とすれば楽しく、笑って過ごしたい。そのためには健康が第一。気を確かに持って、常に気を若く、何事にも興味を持つ。これが大事だと思います。

私も一人で海外で生活するのは、この歳ではちと無謀かとも思えますが、これも挑戦と思って、家内の許しをもらいました。(笑)
Commented by elliottyy at 2008-11-06 00:02
こころに響きます。
大変なことがあっても前向きに。。。陽気に。
今日から実行です。(笑)

高石さんの奥様の奇跡、イギリスからも祈っています。
Commented by shizuo7f at 2008-11-06 05:49
多摩さん、おはよう~。
悩み迷ってアレコレ考えても、いつも答えはおんなじ。
仰る通り、「楽しく、笑って過ごす」、「陽気に行こう」ですね。

魅せられたセブ島で暮らすのも、
その延長かも。
いつまでも夢多き、第二次青春時代を。
お互い。
Commented by shizuo7f at 2008-11-06 06:03
いっちゃん、おはよう~。
人と出会っても、テレビを観ても、何をしても、
「心に響く」ことって、そうは無かったです。
でも気づかなかっただけと知りました。
周りにいっぱいあるんですね。
そう、ホームページやブログと出会うまでは。

毎日を大切に過ごし、自分を振り返ると、心がからっぽになります。
「高石さんの奥様の奇跡、イギリスからも祈っています」、嬉しいです。
Commented at 2008-11-06 22:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秋色に誘われて 3才のパパ >>