カテゴリ:孫( 105 )

ちびっ子のお泊り

f0175804_681068.jpg 暑かった夏が過ぎ、周りが少しずつ秋色に変わっていきます。我が家の庭に咲く2鉢のオキザリスもその一つ。クローバーのような形をした黄緑色の葉が鮮やかです。そして数日前からピンクの花を咲かせ始めました。冬春咲きもあるようですが、我が家のは秋咲き。

 オキザリスの語源は、ギリシャ語「oxys(酸っぱい)」だそうです。ちゃんと謂われがあり、葉や茎に酸味があることから。開花するのは昼間だけで、夜は「おやすみ~」と言わないけれど閉じちゃいます。ちなみに、10月1日の誕生花で花言葉は「喜び、母親の優しさ」。

f0175804_683281.jpg 残業を終え帰宅した先週末、二人の孫ちびっ子が「じぃじ、お帰りなさ~い」と出迎えてくれました。そして奥さまが指さすほうを見ると、なんと弟ちびっ子たっくんからの壁かけプレゼントが。ママと一緒の写真が貼られています。どうやらお月見の貼り絵のようで、うさぎさんとお団子、そしてまんまるお月さまに、「じぃじ ばぁば いつもありがとう たくみより」とわたし達へのメッセージが書かれています。ちょっぴり胸が熱くなりました。

f0175804_685580.jpg 一足先に夕飯をすませていたちびっ子達。わたしのそばにやって来て、可愛い相手をしてくれました。呑んだビールが、いつも以上にのど越し爽やか。花火をしたお盆はまだ先月のこと。まだ1ヶ月も経たないのに、たっくんの言葉がずいぶんハッキリしてきました。片言の単語しゃべりが、チャンと「じぃじ見て~」と言えるまでに。これには驚きでした。

f0175804_692335.jpg 



  翌日は土曜日なんですが、幼稚園でスイミングがあるみぃちゃん。いつもより早めにお布団に入りました。お姉さんと一緒にたっくんも「おやすみ~」。なかなか眠られない二人です。我が奥さまが、「みぃちゃん、だれと寝る?パパ、ママ?」「みぃちゃん、ばぁばと寝る~」。奥さま、思わず笑みがこぼれていました。

f0175804_6103489.jpg 翌朝も元気な二人、次から次へと遊びの天才です。ちびっ子の動きまわる様子を眺めているだけで、わたし達も一緒に遊んでいる気になります。その表情は、「愛くるしい」の言葉がぴったり。仲良く遊ぶ笑い声がご近所さんにも届いていたようです。お隣さんが、「お孫さん、お泊りしていたようね」と奥さまに話されていました。

f0175804_6111533.jpg 幼稚園でお絵かきを勉強しているみぃちゃん。すっかり上手に「ポニョ」を描いています。「♪ポニョ ポニョ ポ~ニョ」、歌いながらご機嫌です。赤いドレスなど色づかいが明るく、表情豊かな可愛いポニョ。そんな絵を見て嬉しくなりました。

f0175804_6114619.jpg たっくんは、ばぁばに何やら話しかけています。台所に立つ奥さまを見上げ、「まだまだちっちゃいなぁ~」とわたし。こどもがいる家庭は、その空気が一変します。大人だけの我が家ですが、この日はいつもと違う土曜日。誕生以来ずっとカメラを構え続けているわたし。いつまで続けさせてくれるだろうか。そんなわたしを眺め、お嫁さんはどう思っているのかな?

 楽しいお泊りはアッという間です。「またね~」とバイバイするたっくん。「みぃちゃんの運動会に行くからね~」とわたし達。秋がもう少し深まる頃、ハチ巻姿のかけっこが見られます。そして今年は、たっくんの特別出場もあるようです。楽しみが次から次、幸せなことです。
 
f0175804_6122347.jpg ちびっ子達が帰った後の庭は、チョッピリ寂しい庭に。奥さまと目を合わせ、可愛く咲くアブチロンが目に入りました。一層赤く鮮やかになってきたようです。もうしばらくこの庭で花開いてくれてる筈。伸びきってきたころで、奥さまの切り戻しが始まります。アブチロンの花言葉は「尊敬」とか。我が家のみんなから、少しでもそう思って貰えるよう暮らさなきゃ。

 家族みんなが主役、みんなで一つの家庭を目指しています。サァ~、新しい週の始まり。今日も元気に行ってきま~す。
[PR]
by shizuo7f | 2008-09-08 06:24 | | Comments(20)

孫ちびっ子達のお盆帰省

f0175804_1036428.jpg ブログフレンドとのお喋りを愉しんでいたお盆の昼下がり、玄関チャイムが鳴りました。ドアを開け目に飛び込んできたのは、庭を走りまわる孫ちびっ子二人。照りつける暑さにも負けず、まるで水を得た魚のようです。
 
 「みぃちゃん、たっくん、よく来たね~」。恥ずかしそうに、ニコッと笑顔で返してくれました。チョット前までは、カメラを構えてもジッとしていてくれませんでした。さすがお姉さんのみぃちゃんは、上手にカメラ目線ができるようになりました。

f0175804_1036594.jpg ちびっ子の行動パターンを見ていると、まるで法則があるかのようです。ひとしきり部屋をバタバタ走り、ピアノの前に座り、そして「じぃじ、ばぁば、あのね~」で会話が始まります。

 我が奥さまに、「ばぁば、みぃちゃんの髪ぐちゃぐちゃ」。きちんと髪を結え直して貰い、「きれいになった?」。さすが女の子です。横に座るママの手を取り、何をしようとしているんでしょう?

f0175804_10373350.jpg 最近サフ ァリパークへ遊びに出かけたようで、そこで買ってもらったサファリバスがたっくんのお気に入り。単語ばかりの片言ですが、ママにははっきり通じています。二人のやりとりを見ているとほのぼのとしてきます。

 興味は次から次、今度は絵本読みです。パパが子どもの頃読んだ、「くまのプーさん」。親子2代にわたって読み続けている絵本です。「おとぎの くにの うつくしい もりの なかに、一ぴきの くまが すんでいました。」勿論2才のたっくんにはまだ文字は読めませんが、じっと見つめる瞳はキラキラ輝いています。

 お昼寝もせず、ぬいぐるみ遊びやかくれんぼ。みぃちゃんのピアノ弾きを真似して、ママと一緒に弾こうとするたっくん。奥さまもわたしも、目を細めてしまいました。飽きることもなくまるで遊びのデパートです。暫くして、おやつを貰い満足そうな二人。何かを食べているときだけが、じっとしている時間です 

 チョット早目の夕飯をすませ、我が家の「花火大会」の始まりです。小さなちびっ子なので、打ち上げる大きな花火はありません。この日のために奥さまと選んだちびっ子用花火です。「さぁ~、花火しようか!」「わぁ~い、やった!」。

f0175804_10463455.jpg  外はまだ真っ暗ではありませんが、綺麗な花火を見るには十分です。ばぁばに点火して貰うみぃちゃん。チョッピリ緊張ぎみ。ジィジィジィ~、点きました。暗闇がいっきに明るくなりました。パチパチ火花を散らす花火を手に、満足そうなみぃちゃん。

f0175804_1155980.jpg 













 
 今度はたっくんの番です。ばぁばと一緒に手にし、チョッピリ怖々。みぃちゃんも「大丈夫かな?」と心配そうに見つめています。じっと最後まで離さず持っている様子に、思わず可愛いなぁと思いました。


f0175804_11243312.jpg  花火競演がいつまでも続いた、我が家のお盆の一日。少しだけでも、このちびっ子二人の記憶に残ったかな?そしていつか、「ばぁば、じぃじのお家で花火やったよね」と話してくれるときがきたら、ハッピーです。
[PR]
by shizuo7f | 2008-08-16 11:27 | | Comments(8)

ミニランドセル

f0175804_1258516.jpg 晴れの日も雨の日も、6年間毎日ずっと背負ったランドセル。教科書やノート、筆記用具が背中で踊っていました。黒く光るかばんや赤いかばんが、集団で町を華やかにしました。あの頃のランドセル今はもうありません。そんなこどもの頃を想うと、なんだかチョッピリ切ない気持ちになってきます。

 奥さまとの休日ショッピング。いつも出かけるお店の一角に、ミニランドセルを作る工房があります。使わなくなったランドセルを、本物の何分の一かの可愛いミニに仕立てるんです。自分のランドセルではないんですが、手に取り見ていたらどことなく想い出が甦ります。

f0175804_12595424.jpg じっと眺めていたら、お店の人が話しかけてきました。「可愛いでしょう~」、「そうですね、なんだかこどもの頃を想い出します」。お店の奥から、「カタカタカタ~」、リズミカルなミシンの音が響いてきます。昔の頃にタイムスリップするかのように、しばし店先で立ち話し。思い出をギュッと詰めてくれる、素敵なミニランドセルです。

 手作業の加工技術は、少し熟練すればできそうです。でもお客さまにとって、付いた傷と共に再生されたランドセルは、どこにもない世界でただ一つのもの。たかがランドセルなんですがされどです。想い出を売る素敵な仕事だなと思いました。

f0175804_1304527.jpg 現在ふたりいる我が孫ちびっ子。再来年には、お姉さんのみぃちゃんが晴れてピカピカの一年生。赤かな?、ピンクかな?どんなランドセルを背負って登校するんだろう。からだより大きなランドセルを背負って、「行ってきま~す」「ただいま~」。想像していたら、待ち遠しくなってきました。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-28 13:02 | | Comments(6)

砂遊び

f0175804_5542748.jpg 2才を過ぎた孫ちびっ子たっくん。このところ急に活発になり、遊び方にも知恵がついてきたことを伺わせます。我が家にやって来てしばらくは部屋にいるんですが、数分ごとに関心の対象がクルクル変わります。今、おもちゃの電車を動かせていたかと思うと、絵本を取り出し眺めています。お姉さん孫のみぃちゃんがピアノを弾くと、同じように座りたがります。そういえば、今はすっかり落ち着いてきたみぃちゃん。あの頃は同じだったなと、つい見つめてしまいました。

 「お外へ行こうか」と声をかけると、「げんか~ん、げんか~ん」と呟き玄関へ走り出します。靴を履かせてもらうまで、ちょこんと玄関先に座りじっと待っているんです。表情はもう外へ行けるといわんばかりに、笑みいっぱい。ワンちゃんを飼っていないのでよくわかりませんが、多分同じかなと思います。「散歩へ行こうか」と言えば、尻尾を振る仕草を想像します。

 自宅前の児童公園には砂場があります。みぃちゃんは早速砂の団子作り。両手で上手に握り丸めていきます。たっくんにはまだこんな遊びはできません。カメラのレンズ越しに二人の行動観察。みぃちゃんは幼稚園で仲間遊びをしているので、たっくんがチョッカイを出してもキツク怒りません。さすがお姉さんです。

f0175804_5553231.jpg

 お部屋といっしょで、やっぱり公園でもウロチョロ走り回るたっくん。何やら木の枝を砂場に並べ始めました。ママの解説によれば、電車のレールを作っているようです。ちゃんと何かをイメージし、創作する様子を見て驚きました。

 幼稚園などみんなで遊ぶ砂場は、こどもの成長に欠かせない場であるとどこかで聞きました。お友達といっしょに遊ぶことで、協調性が身につきます。またシャベルなどお気に入り道具を貸したり借りたりで、仲良くなります。ムリに奪えば喧嘩勃発。幼児期の社会性を身につける場なんだそうです。たっくんが少々邪魔をしても、じっと辛抱するみぃちゃん。「そうかぁ~、偉い偉い」と目にシワ寄せ眺めているわたしでした。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-13 05:58 | | Comments(10)

一足早い「父の日」の贈り物

f0175804_9552553.jpg 玄関チャイムが鳴り孫ちびっ子のみぃちゃんが、眠そうな顔で入ってきました。どうやら、クルマの中でお昼寝していたようです。弟のたっくんは元気いっぱい、抱っこすると「じぃじ、じぃじ」と呼んでくれ、チャンとわたしを覚えてくれています。数日前にこの訪問を連絡してくれていたので、二人して待ちに待った日曜日でした。

 「ハイ、お父さん。チョット早いんですが」と「父の日」の贈り物を差し出すお嫁さん。「いつも有り難う~」、思わず笑みがこぼれました。そばで奥さまもニッコリ。甘さひかえめ、ブルーベリー、甘夏、いちごの「有機ジャム」です。それに「アーモンドフィッシュ」。わたし達の暮らしをチャンと知ってくれています。

わたしのブログを楽しみに見てくれているお嫁さん達。先月突然クローズになったので、「新しいアドレスを知らせてあげようかな」と思っていたんです。ところが「ekoさん」を記憶していたようで、たどって調べたようです。ブログを見ての「ジャム」「アーモンドフィッシュ」だったんです。感動で思わず胸が詰まってしまいました。


f0175804_1014342.jpgf0175804_101420100.jpg

 みぃちゃんはお部屋へ入るなり、早速ピアノの前にお座りです。この前来た時より、また一段とじょうずに弾けています。得意顔がまた可愛くなっていました。たっくんは絵本を広げ、指差しながら虫さんに関心があるようです。子どもの興味は次から次です。




f0175804_10164658.jpg
みぃちゃんもばぁばに何やら話しかけています。お下げの髪がまた少し長くなりました。
 「たっくん、お外へ行こうか?」「みなも行く~」。二人とも外が大好きです。自宅前の児童公園は、砂場や滑り台、ブランコや鉄棒などちびっ子天国です。みぃちゃんは砂で団子作り、たっくんは木切れで電車のレールを作っています。ママも一緒にお団子屋さん。たっくんも寄ってきました。ゴォゴォ~、青い空に大きな飛行機が飛んできました。指差し大喜びのたっくん。ママと滑り台をスルスル~。

f0175804_10172915.jpg
 お家へ帰り、ママとあや取り遊びです。「こうして、こうして~」、「ホラできたでしょ」。
「ワ~イ、できた!」。ニッコリ笑顔のみぃちゃん。今度はばぁばと「せっせせ~のよい、よい、よい」。何だかタイムスリップしたような、昔遊びが続きます。みぃちゃんの瞳がキラキラ輝いています。

 早めの夕飯をすませ、みんなでお散歩。ばぁばと手をつなぐみぃちゃん、何を話しながら歩いているのでしょうか。ママとパパに囲まれ、必死に走るたっくん。新緑の匂いがする夕暮れの遊歩道、のどかな時間に「いいねぇ~、また来ようか」。パパの言葉に、みんな「そうだね」と意見が一致。素晴らしい「父の日」の贈り物を戴きました。

f0175804_10182359.jpg

[PR]
by shizuo7f | 2008-06-09 10:28 | | Comments(4)