カテゴリ:音楽( 14 )

二人の1/fゆらぎ

f0175804_22382141.jpg
 「わぁ~、気持ち良さそう~♪」「緑や赤の鯉のぼり、まるでたっくんとみぃちゃんみたい!」「ほら、ママやパパも。手前のおっきいのはばぁばとじぃじだよね!」。ウォーキングの帰り道、大空を泳ぐ鯉のぼりを見つけたわたし達。春の風を胸いっぱい吸い込んで、みんな元気に泳いでいます。まるで気を付け~ってしてるみたいです。

 嬉しいね、春の季節は心もからだも一気に開放。大空を泳ぐあの鯉のぼりのように、両手をぐぅ~んと伸ばしたくなっちゃいます。

f0175804_22393485.jpg 本格的な春に突入し数週間が経った今朝の我が家。
♪心の岸辺に咲いた 赤いスイートピー。朝ご飯や弁当を準備する奥さま、慌しい朝のキッチン。コンポから流れる歌は松田聖子さんではありません。甘くハスキーな男性ボーカリスト、そう先週発売されたばかりの徳永英明さん。女性アーティスト名曲カバーシリーズ、その名も「VOCALIST4」。

 トントントン、ジュゥ~。リズミカルな包丁の音とフライパンの上で焼けるたまごの音。それに奥さまの弾む気持ちを心で聴きながら、そばのテーブルでブログツアーのわたし。我が家の一日の始まりはこんな風景です。




f0175804_22403131.jpg
 実は昨日会社帰りに寄ったんです。激しく降る冷たい雨の中ではあったけど、奥さまの喜ぶ顔が見たくて。何処かって?そこは自宅近くのCDショップ。「有りますか?徳永さんの最新アルバム」。微笑む顔が目に浮かび、ワクワクして来たんです。

f0175804_22422875.jpg 8月予定のライブチケットに続き、徳永さんパワー第2弾。それも初回限定版DVD付き。「時の流れに身をまかせ」「赤いスイートピー」「やさしさで溢れるように」の3曲PV収録なんです。

 ひょっとしてこの曲もわたし達にとって、癒しとなる「1/fゆらぎ」かも。きょうのテーマは、以前にもこのページでふれたあの話しです。
f0175804_2243501.jpg
 突然ですが!我が奥さまが最後に身ごもったのは、もう何年前のことでしょう。末のお嬢さまが成人し数年…。
そう、20数年前のことです。詳しく覚えてはいないけど、「胎教音楽」について話した記憶が。最近わかったんですが、直接赤ちゃんに聴かせているのではなかったようです。その目的は、母親の情緒を安定させることだそうです。クラシックは「1/fゆらぎ」があり、赤ちゃんの胎教にはベストとか。

f0175804_2244356.jpg
 話しが前後しますが、音楽好きなわたし達。もとはと言えば映画と一緒、奥さまからの影響なんです。今ではすっかり暮らしの一部に。二人のパワーはこの「1/fゆらぎ」の音楽にあるのかも知れません。もっともっといっぱい聴いて、庭に咲く春の花のようにしなやかな心で暮らしていこうと思っています。

 さぁ明日から待ってた7連休!嬉しいGWの始まりです。
また一緒に仲良く歩こうね~♪気持ちいい春の風をいっぱい浴びながら。
[PR]
by shizuo7f | 2010-04-28 22:53 | 音楽 | Comments(40)

二人は恋人♪ in 名古屋センチュリーホール

f0175804_21424072.jpg
 後ろ姿を見ていたら、少しだけ足早になってるようでした。そりゃそうですよね、昨秋からずっと楽しみにしていた名古屋センチュリーホール。そうやっとこの日が来たのです。徳永英明 WE ALLツアーin 名古屋センチュリーホール。
やって来ました、ワクワクどきどきライブ会場に。そうわたし達のお年玉。
駐車場確保の為、会場1時間前に到着。バッチリ余裕でした。「とうとう、来たね~」、わたしの言葉にうなずきながら嬉しそうな奥さまの表情。よかったね~。

f0175804_20181450.jpg
 あとで聞いたんですが、チョッピリ後ろめたさもあったとか。あの愛する隆一さま、随分励まされ元気パワーを貰っていますが、この日は少しだけ浮気心。勿論今も熱烈ファンに違いはないんですが、このところ近くでのライブがないんです。昨年あるにはあったんですが、新型インフルを心配して余儀なくパスしちゃったんです。
お陰と言おうか、わたしも揃ってこのライブに。気分は完全に、二人は恋人♪。

f0175804_2019490.jpg
 「♪忘れないで その笑顔を ねえ僕らはまた巡り会えたんだね~」。5年ぶりのオリジナル・アルバム『WE ALL』。それにしても凄いですね~、今かと待ち焦がれるファンでロビーはびっしり。今年デビュー25周年の徳永さん、わたしのクルマにもチャンと入っています。そうベストアルバム。奥さまのリクエストです。
ステージで徳永さんも言っていましたが、男性ファンが結構いるとか。証明するかのように、女性に混じってアチコチに男性が。

f0175804_20221818.jpg 開演前のステージ、スクリーンに映し出されていた『WE ALL』の文字。昨年行われてきたツアーのファイナル、運よく追加公演を名古屋で開催してくれたんです。素敵な歌声に周りのファンは魅了していました、勿論わたし達も。
「一度、聴いてみたいね」「機会があったらね」と言っていたのが叶ったのです。




f0175804_20201686.jpg
 真っ暗なステージの中央にスポットライトがあたり、浮かび上がった徳永さん。スーツに胸を開けた真っ白なシャツ、一斉に熱い拍手の嵐が湧き起こります。勿論、わたし達も。素敵なブルーのライトの中で、熱唱が始まったのです。曲は「永遠に」。♪今憶えば何気ない言葉で…。

 何度も聴いた「壊れかけのRadio」、今ステージで。立ち上がり両手を挙げてリズムを取る奥さま。徳永さんを見るより、そんな姿を横で眺めるわたし。来てよかったと何度も思ったのです。
 
 徳永さんから思わぬ話しが聴けました。「自分の体を大切にしましょう」の話し。たまに自分自身のからだをさすって「頑張ったなぁ~」とするそうです。するとなんかジーンときて、涙がこぼれる時があるとか。大病を乗り越えた彼だから言えるんだと思いました。わたしもおんなじ、退院してもう3年。たまには、さすってあげようかな。

 「また来ようね」、そう言ってクルマを走らせました。
[PR]
by shizuo7f | 2010-01-13 20:28 | 音楽 | Comments(46)

奥さまの一人ライブ

f0175804_20242718.jpg   やっぱりわたしに気兼ねしているところがあると思います。コンポから流れる音楽は、奥さま自身のお気に入りばかりではありません。お嬢さまが父の日に贈ってくれた「竹内まりや」や、二人の好きな「徳永英明」も。

  パソコンに向かいながら、その横に置かれたコンポにふと目が行きました。


  「いいんだよ、隆一さまでも」、「ううん、いつも一人でいるとき、聴いてるから」。そう言われると、「そうだね、平日聴き放題だもんね」と返します。休日はいつもリビングで一緒にいるわたし達。当然、音楽も共有することになります。音楽を聴きながらブログを綴るわたし、園芸雑誌などを見る奥さま。

f0175804_2029207.jpg
f0175804_20303724.jpg
f0175804_2031562.jpg
 そういえば昨年は一度しかありませんでした。近くでライブやって欲しいだろうなと思います。奥さまがライブへお出掛けのときは、いつもわたしが送迎します。もうあたり前のことになっているんです。って言うか、わたしの押し売りなんです。本当は迷惑かもしれません。ロビーで本を読みながら、待っているあの時間が好きなんです。

f0175804_20315739.jpg  何回かに一回は二人でライブ会場へ入ることがあります。そう、今でもあの感動ははっきり記憶に。一昨年の愛知県芸術劇場コンサートホールでのライブは最高でした。

  二階バルコニー席から、名古屋フィルハーモニーとのジョイントを聴きました。もう何年前になるでしょうか。初めてのライブのとき、感動で涙が出たと言っていた奥さま。

  そんな気持ちは誰にでもあると思います。ずいぶん前の事です。少し前わたしと一緒に、ライブへ行く事をお友達に話したそうです。「感動してる横にご主人がいたら、嫌じゃない」って。それにはわたしも、苦笑しながら「そうだよね~」と言うほかありませんでした。

f0175804_20331065.jpg
f0175804_20343796.jpg
f0175804_20435535.jpg
  バルコニー席で聴いた直後、その名古屋公演を収録したDVDが発売されました。先行予約しプレゼントしてあげたんですが、勿論とても喜んでくれました。たまに「一人ライブ」しているようです。こんなちっぽけな楽しみを大きなパワーにしているようです。この前の日曜日、久しぶりに二人で観ました。
f0175804_20351172.jpg

[PR]
by shizuo7f | 2009-02-25 20:52 | 音楽 | Comments(38)

Tour2008"evergreen"~変わらない詩~ 

f0175804_532424.jpg 昨夜は、我が奥さまがお待ちかねだった隆さまライブ。いつものようにわたしは会社を半日休暇、会場の名古屋まで送迎兼SP。しっかり警護しなきゃ。まぁSPはジョークなんですが、ライブへ行きだしてからずっと。もうどれくらいになるでしょうか?勿論わたしの考えでしていることです。奥さまはいつも「悪いから~」と言っていますが、「結構良い休暇になるから」と言って5、6年になります。

 どうしてそこまで?いえ喜ぶ顔を真近で見たい、ただそれだけです。しいて言えば、楽しいことを一緒に味わいたいだけです。会場は東海三県下、愛知県や岐阜県それに三重県。たまにですが、わたしと同じ男性を会場ロビーで見かけることがあります。昨夜はそんな方はおられませんでしたが、なんだか妙に親近感が湧き、お互いの奥さまが帰るまで話し込むときがあります。

f0175804_5333669.jpg お目当ての隆さまとは川村隆一さん。昨秋は一緒にバルコニーシートに座りました。名古屋フィルハーモニーをバックに、熱唱した愛知県芸術劇場コンサートホールは今でも感動の余韻があるほど。ときどきDVDでライブ映像を見ます。「そうそう、ちょうどこのホールのこの辺りに座ったよね」なんて言ったりしています。

 オリジナルアルバム「LOVE」、そのセールスは300万枚。勿論奥さまの数あるCDの中にあります。そういえば我が家のクルマには、すでに50枚程のアルバムCDがコピーされています。ざっと700曲くらいになるでしょうか。勿論そのうち何曲かは隆さま楽曲。

 
f0175804_54417100.jpg 「じゃぁ、ロビーのここで待ってるからね~」「行って来るわね~♪」。嬉しさ満開の奥さま。背中にもそんな表情が見えました。いつものように一人、ひたすらお帰りを待つわたし。持参した単行本を読みながら、時々時計を見ます。今ごろウットリ~、そして、感動してるかな?アレコレ考えながら、本を読み進めます。

f0175804_5445974.jpg 



「有難う~♪」。大勢の観客に混じって、奥さまが駈け寄って来ました。「どう、良かった?」。返って来る返事は想像した通り、「素敵なステージだったわ」。一言の感想で満足だったことが十分解りました。勿論帰りの車中も、♪ライブのセカンドステージでした。
[PR]
by shizuo7f | 2008-07-04 05:49 | 音楽 | Comments(14)