カテゴリ:奥さま( 67 )

♪宝っ子踊り 待ってたね 夏まつり!

f0175804_21151599.jpg ♪土佐の自慢は よさこい節と 日本救った坂本竜馬~。しなやかに挙げた手と交互に浴衣の裾がなびきます。

今年の新曲「竜馬踊り」、練習から楽しんでいた奥さま。夏の夜の風物詩、やっとやっとだね、待ってたこの日。

 まるで 水を得た魚のようです。全身でその楽しさを表現する我が奥さま。よかったね~、嬉しいね、夕方になって涼しくなった夏まつり。

 「どう撮ろうかな~?」。あれこれ考えていたんだよ、気持ちよく踊るその様子。でもこの日は、わたしの気持ち知ってか知らずか…。踊る輪はカメラを構えるわたしから遠い内側ばかり。

 何とか目の前に来たその瞬間に、「今だ!カシャカシャカシャ!」。やっと数枚撮れたけど、まぁしょうがないよね。映画のカットシーンじゃないんだから。ぶっつけ本番、シナリオのないドラマだもんね(笑)。






 「踊ってごらん」「いいわぁ~」。ボリュウム上げユーチューブの曲を部屋に流すわたし。
浴衣こそ着ていませんが、昨夜のシーンがいま目の前に。まるで再生ビデオを観てるようです。
踊り子さん一人観衆一人、暫く楽しそうに二人だけの盆踊り。

 もう何年になるかなぁ~、奥さまの踊り好き。
よ~く考えて見れば、結婚前からだったんだよね。初めて行った田舎のお盆、家族揃って踊り好き。
圧倒し、ただ観てたっけ。そんな家族で育ったんだもん、そんじょそこらの踊り子さんと違うよね。そう、筋金入りの踊り子さん(笑)。去年の祭りを思い出しました

   

f0175804_21165248.jpg
 

 オープニングは、今年も地元中学生のブラスバンド。見上げたら、まだお日さまが真上です。
この日の為にずっと練習してきたんだよね。炎天下で奏でるクラリネット、サキソフォン、チューバ…。
暑さもへっちゃら、素敵なサウンドです。「わたしも大きくなったら…」、お兄さんやお姉さんの演奏に浴衣のちびっ子も聴き入っています。

f0175804_21175755.jpg 軽やかに華やかに、リズムに合わせ弾みます。少しずつ今年の地域の夏まつり、ステージ眺め誰もかも。

 一斉にカメラが光っています。

 











f0175804_2118537.jpg
 喉が乾いたら、氷で冷やしたお茶でもど~ぞ。ちびっ子だって、祭りを華やかにしてるんだね。
フルーツ柄やピンクに赤の浴衣着て、家族揃って楽しいね♪ 
 
 あれっ、美味しそうな匂いがしてきたよ。どこからかなぁ~、食べたいね。
もうこんなに行列が、ちびっ子だって食べたいよね。

 釣れるかなぁ、水風船。ぷかぷか浮いてるカラフル風船。黄色か赤か、それとも白か、どの色にしようかなぁ、迷っちゃうよ。

f0175804_21194936.jpg 
















f0175804_21201434.jpg
「そいや、そいや~!そいや、そいや~!」。こっちでは威勢のいい掛け声が。天にも届く大きな声で、みんな揃って元気です。はち切れそうな青春パワー、吸い寄せられるように集まっちゃいました。

 観てるだけで元気モリモリ。

f0175804_21221671.jpg
 ホラ見てごらん。浮かぶ水風船もリズムに合わせ、上に下に右に左に、「そいや、そいや~!」。

f0175804_2123490.jpg
 リズムや匂いに誘われるように、やって来ましたよ。テント周りは、いつの間にかこんなに人が
年に一度の地域の祭り、楽しいね~。あっちでも、こっちでもグループで乾杯が始まってます。

f0175804_21234312.jpg
 今年は、「似顔絵描き」コーナーも。仲良く並んで男の子、格好よく描いてもらっていますよ。チラッと覗くと、おっきな目、可愛い~。

 食べたいねっ!フランクフルト。お祭りにはやっぱりいいね、2~3本。んん食べ過ぎだよ、大丈夫かな。

f0175804_21251987.jpg
 
f0175804_21254785.jpg
「ワッショイ、ワッショイ!祭りだワッショイ~!」。笛や太鼓にあわせて元気な掛け声、子ども神輿だワッショイ~。
どの子も笑顔、汗びっしょりで、みんなで担ぐと楽しいね。

f0175804_21261310.jpg
 元気の印しだね、足元からもうもう砂煙。「わっしょい、わっしょい!」。女の子だって団扇を振って、盛り上げてます。
キラキラ輝いてるね大きな瞳。

f0175804_212709.jpg 





f0175804_21275988.jpg
 
 
f0175804_21301689.jpg
♪ド~ン、ド~ン、ド~ン、ドドド~ン、ドドド~ン。次第に早くなるリズム、腹の底まで響きます。
お祭りの和太鼓、日本の夏はやっぱりこれでなくちゃ。地元の自慢の太鼓です。一気に高まる祭り気分、ちびっ子から青年まで練習成果を見てください。

f0175804_21321214.gif 高かったお日さまも、ほら少しずつ少しずつ。すっかり辺りは闇に包まれてしまいました。

f0175804_21364989.gif
 


 会場に流れて来ましたよ。♪泣くな負けるなオカメちゃん あぁオカメちゃん~。チラッと見たら、そわそわ反応する奥さまが(笑)。そんな表情が見たくて、「幸せだなぁ、ぼかぁ君といる時が、一番幸せなんだ」。本当にそう思いました。

 揃いの浴衣着て、さぁ、始まり始まり~。

f0175804_2134444.jpg ひょっとして奥さま以上だったかも。密かに待ってたんだ、この日が来るのを。毎年だよ、やっぱり今年も。浮き浮きする顔を想像してたんだ。
数日前からだよ、部屋に掛る浴衣見て。

 何度も何度も輪になって、しなやかに軽やかに。苦労したんだよ、たったこれだけしか撮れなかったけど。でもよかった!踊る姿を今年も撮れて。

f0175804_2138929.jpg
 

 楽しい時間はあっという間、早くもフィナーレが。綺麗に咲く花と一緒だね。
灯りが一つ二つ、消えて行きました。

 名残惜しいけどまた来年。よかったね、楽しかったね~♪ 
[PR]
by shizuo7f | 2010-08-08 21:57 | 奥さま | Comments(48)

チャペルに続く白い道

f0175804_2172982.jpg
 ♪ねむの並木の この道は チャペルに続く 白い道~。
水面に揺れるチャペル、きらきら光り素敵だね。鳴ってはいないけど、チャペルの鐘が響いているかのようだよ。
夕方にはきっと涼しくなるはず、それまでもう少し二人で木陰を歩こうか。

f0175804_2181346.jpg もうすっかり見慣れたよ。ジーンズ姿、日傘の君を。ずっとずっと当たり前のようにスカートだったよね。

 いつごろからかなこのスタイル、二人で歩くようになってから。いいと思うよ、いい感じ。

 








f0175804_219746.jpg 夏の日の昼下がり。
いつもなら、数千人、いや数万人の人の波、消える事のないこの里へ。この日はまるで二人だけの貸し切りみたい。

 少々暑くてもへっちゃら、誰にも邪魔されないで歩けるね。ホラ見てごらん大好きなピンク、優しくハスが咲いてるよ。





      。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



 「今日のウォーキング、何処行く?」「そうね~、いつもの公園かそれとも…」。「じゃあ、あの里はどうかな」「いいわ~」。
二人が即決したこの日のデート、チャペルのある里に決定~!

 チューリップ、紫陽花コスモスイルミネーション。そんな頃しか来た事ないけど、ペチュニア、サフィニアもいいかも。

 日傘手に、弾むように歩く君。そんな後ろ姿を見ていたら、なぜだか思い出したよ、あの頃を。純白のドレスじゃなかったけど、可愛かったよ。恥ずかしそうに照れながら、包まれてたよね白無垢に。

 今でもはっきり覚えているよ、選んで良かった僕のお嫁さんに。
もちろん今でも、そう思っているよ。そんなこと言うのって、変わってるかな、変かな。




f0175804_21105075.jpg 本当に誰もいないね。
白やピンクのペチュニアも、可愛く咲くのは誰のため。勿論、咲くのは仲のいい今日の二人だけのため。

 こんな素敵な花畑見たことないよね、幸せなわたし達。少し歩いては立ち止まり、また歩くわたし達。

f0175804_21121918.jpg 




 ♪明日の幸せ夢を見て、少し離れて見るチャペル。木陰に佇むその風景、何度も何度も行ったり来たり。

f0175804_21135983.jpg
 じゃあ、水辺でわたしも。奥さまに向かって取ったポーズ、きょう一番に撮れたかな。

 ♪明日も二人で歩こうね チャペルに続く白い道~。
口ずさみながら、「腕をあげたね~」。カシャって撮ったこの写真、見て言ったよね。「これ、ブログにアップしたら」。その一言に調子に乗って、本当にアップしちゃったよ。

f0175804_2114427.jpg
 ゆらゆら揺れるその先に、見つけたよ。誰もいない里だから、何処に隠れてもすぐ見つけちゃうよ。
ピンクのペチュニア畑に行くんだね。僕も行くよ、直ぐに追っかけていくからね。
♪思いのすべてを こめた道 チャペルに続く 白い道~。聞こえた気がしたよ、あのメロディ。

f0175804_2115307.jpg
 この橋渡ったその先に、何があるの?チョッと涼しい風が吹いて来たね。もう少し歩こうか、ホタルが光る川べりを。

f0175804_21161089.jpg
 

 ♪二人の夢は ふくらむよ チャペルに続く 白い道~。

f0175804_21182020.jpg
 ホラ見てごらん、恥ずかしそうに道端に咲く花も。仲よく歩く二人に、頬を真っ赤に染めてるよ。

f0175804_21165688.jpg 少し休もうか~。やっとやっとだね、向こうから、わたし達のようなカップルが。あの二人もわたし達のように仲良しさん。

 負けないように、さぁまた歩こうか。

f0175804_21192068.jpg 






















              。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




 嬉しかったよ、プレゼントしてくれた北のハネム~ン旅行。わたしへのお祝いイベント、忘れないよいつまでも。
今夜はね、そのお返しの夜なんだ。ささやかだけど僕からのプレゼント、受け取ってくれるかな。
水辺でお洒落なカジュアルフレンチを。

f0175804_21204349.jpg 














f0175804_21214385.jpg
 

 ピアノ奏でるこの席で、今夜はゆっくりと。振り向くといつも隣にいてくれるね。
ありがとう~、嬉しいよ。気づいたんだ、この当たり前の凄さ、幸せを。

 「ただいま~」、「おかえり~♪」。
寝顔を見たり、一緒にご飯を食べたり。それだけで、いっぱい感じるよ大きな幸せを。

f0175804_2124283.jpg
 
f0175804_21253418.jpg



 いつもどんな時でも、僕の味方してくれるね。そんな君に、感謝してるよ。
これからも仲よく暮らそうね。
[PR]
by shizuo7f | 2010-08-04 22:10 | 奥さま | Comments(46)

夫婦って

f0175804_22424427.jpg
 ♪坊やよい子だ寝んねしなっ いまも昔も変わりなくぅ~ 母のめぐみの子守唄 遠~い昔の物語り…。
朝もやに煙る里山を見てたら、「まんが日本昔ばなし!」って、あの懐かしい声が聞こえて来たような気がしました。

 ときどき降っていた小雨が、嘘のように上がったのです。そして、梅雨どきとは思えない幻想的な風景が目の前に。「いいなぁ~、やっぱり故郷って」「優しい気持ちが通じたみたいね」と側の奥さま。「そうかなぁ~」とチョッピリ照れながらわたし。何度観ても素敵です、来てよかったなと思いました。

f0175804_22151127.jpg 「たまには、一人で親孝行しといでっ」と、奥さまの背中を押した二人のお嬢さまとわたし。
早いものであっという間に過ぎ去った1週間でした。
送って行ってあげた行きも、迎えに行った帰りも素晴らしい天気。梅雨の真っ最中なのに、どういう事でしょう。お陰で快適な200キロ高速ドライブが。






f0175804_22161516.jpg 





f0175804_2217192.jpg

 「これ持ってく?」「そうね~、去年も貰ったけど」。真っ黄色、ちっちゃな可愛いルドベキア。
母娘の会話を横で聴きながら、あれもこれもとトランクにせっせと詰め込むわたし。我がお嬢さまにも将来そうするのかな。奥さまの後ろ姿を見ながらそう思ったのです。

 高速を降り、あと10分ほどで我が家が。「チョッと寄ってくれる」「うん、いいよ」。
早速、貰って来た花たちを植え付ける鉢選び。素焼きの素敵な鉢が手に入りました。
ご無沙汰していたガーデニング、思う存分するんだね。

          。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
f0175804_22182988.jpg
 f0175804_2219619.jpg

 いつもよりチョッとだけ時間をかけました。念入りにスタイルを決めた、爽やかな白い髪。涼しいカジュアルなポロシャツ。足元だってお洒落を忘れず、スポーティーなベージュのシューズ。
完成しました!大人のカジュアルファッションが。シニアだって忘れていません、大人の遊び心を。

 何を言ってるのかって?いえ、1週間ぶりに実家の奥さまを迎えにいった昨日土曜日の朝のこと。心ときめかせ、精一杯のお洒落をして、それも奥さまが好きだと言ったスタイルで。
彼女と待ち合わせた、あのデートの朝のように。勿論あのときの彼女は、今も素敵な奥さまです。

 こんなふうにチョッと変わったわたし。でも気持ちが青年だった頃から変わっていないだけ。純粋な少年の心でいたいと思っているだけ。変わっているのかなぁ~、こんなわたし。こんな気持ちが二人の仲を深めている気がするんです。

         。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 

f0175804_22202466.jpg 夫婦水入らずのデート。
新鮮な気持ちに満たされ、次第に恋人同士だったあの時の気分になっていきます。
そして、一気にあの時の熱い気持ちが蘇って来るんです。って言うか、今も熱いわたし達。こんな二人、変わった夫婦ですか?











f0175804_2221562.jpg デートしてる時のゆったりした緩やかな時間。この時包んでくれてる空気が、二人の愛情を深めさせ、お互いのことをじっくり見つめ合うことに繋がっているんだと思います。

 「可愛いなぁ」と想う気持ちが湧き出て来ます。想像だけど、わたしへの想いも。そう勝手に信じています(笑)。






f0175804_22221371.jpg 
 夫婦っていいなぁと思います。一緒に暮らしながら、いろんな事を経験しながら、絆を深め有っていくんだと思います。

 時には怒り、時には悲しみ、時には笑いあって。これまでのように、自分を忘れそうになった時は見つめ直し、奥さまの言葉に耳を傾けようと思います。

 わたし達らしい夫婦をこれからも作っていこうと思います。こんなにも素晴らしい夫婦、これからも二人で。

 「ただいまぁ~」「おかえりなさ~い♪」。ドアを開けたら明るい声が返って来る毎日。温かいご飯が用意され、そこには優しく迎えてくれる奥さまが。いつも側にいてくれて、有難う~。

 夫婦の特権があるとしたら、多分コレかも知れません。素晴らしい特権です。夫婦っていいものです。
[PR]
by shizuo7f | 2010-07-04 22:43 | 奥さま | Comments(30)

いつまでも若々しく

f0175804_6145797.jpg
 「♪さくら さくら やよいの空は~」「綺麗~!」。花びらひとつ散っていませんね~。真っ青な空に、ほんのり頬染めるようなピンク色のさくら。もうじきだね、あのさくらのトンネル。周りが一段と華やいできたようです。

f0175804_6153347.jpg 「25才はお肌の曲がり角って覚えてる?」、「そう言えばやってたね~」とうなずいた奥さま。

 チョッと古い話しになるんですが、化粧品だったかのキャッチコピー。あの頃その25才が妙にセンセーショナルに感じたのです。

 断っておきますが、化粧品そのものに関心があった訳では有りません。「へぇ~、25才で老化?」と驚いただけです。

 ところが最近知ったその曲がり角年齢。なんと!もっと早い10代後半だとか。知らなかったのはわたしだけかな。

f0175804_616311.jpg 自分の顔に見惚れてもしょうがないんですが、湯上りのとき鏡に映る顔を眺め「うん、まだイケる!」。これって可笑しいですかね。チョッと前、ご近所さんにツヤがあると羨ましがられた事が。

 誰でもが知ってる肌年齢。見た目にいつまでも若々しくいたい、そんな気持ちは多分どなたにもあるのでは。

 おなじ年齢でもずいぶん若く見える人がいます。50代なのにシワもなく肌はツヤツヤ。一方20代でもハリのない肌。どこからこの差がくるんだろう?

 その答えを会社の健康情報で最近知ったのです。ツヤツヤ肌を維持、もしくはあらためて目差しませんか!さぁ一緒に復習してみましょう。

f0175804_6163938.jpg 






 一言で言えば、「毎日のスキンケアと食生活」だそうです。「なぁんだ、知ってる!」。まぁそう仰らないで、案外スルーしているのでは?

 正しいスキンケアをすること、バランスのよい食事を摂ること。聞き飽きたことだけど、忘れた方はあらためてもう一度。そうそうこれからの季節、怖い紫外線対策も。

f0175804_17125047.jpg
f0175804_6222532.jpg
 我が奥さま、紫外線には結構気をつかっています。クルマの中でも出来たら日傘をと言いかねるほど。すっかりあたり前になった日傘スタイル。

 2本ほどあるようなんですが、プレゼントしてあげたのは一昨年。好みはわかっているのでもう1本と密かにと思っているんです。なんで密かにかって?「買ってあげようか」と言うと、多分「ううん、いい」って返って来そうなんです。

 チョッと話しが反れちゃいましたね、本題に戻らなくちゃ。安易に考えがちなのが「タバコ」。やめる!無理ならせめて減らす! まぁ10本以下にだそうです。次にじゅうぶんな「睡眠」。夜更かしは厳禁、美肌は夜つくられるそうですよ。睡眠、これは奥さまにアドバイスしてあげなくちゃ。

f0175804_624989.jpg
 ここまでは凡そ察しが。ここからがこのブログを読んだ人だけが得しちゃう話し。 「パソコンは1時間ごとに休憩!」。んん~、最近のわたし、頭が痛い。そして、「ストレス解消法を身につけよう!」です。これまた、「なぁんだ」と言われそうですが、肌には大敵。まず肌に限らず、ストレスはからだによくないですもんね。「いきいき前向きに」、「笑って過す」ことはどんな場合にも、ねっ!

 お互い、いつまでも若々しく!ずっとそう思っています。
[PR]
by shizuo7f | 2010-03-26 06:32 | 奥さま | Comments(52)

男に、じぃじになれる日、ホワイトデー

f0175804_8564081.jpg 「ちょっと早いけど~」「ええ~、なぁに!」。この日も見ることが出来ました。何も言わない一瞬の表情を逃さないわたし、嬉しそうな顔を見るのが大好きで、今年はこれを奥さまに。

 考えて見たら、贈るわたしの方が遥かに嬉しいのかもしれません。“ホワイトデーに花を贈る。彼女のためなら、男はいつでもキザになれる。ホワイトデー、それは男がもっとも男になれる日。”そんなキャッチコピーを見つけました。わたしにピッタリかも。

 用があってお昼で会社から帰った一昨日、途中で花屋さんに。ホワイトデーを直前に控えた店内は、綺麗な鉢物や見事な切り花がズラリ。正直どれにしようか迷いました。ずっと花束やアレンジメントフラワーを贈っていたのです。

 「今度機会があったら、長く楽しめる花がいいかな~」の一言を思い出しました。お店の人のアドバイスを貰い暫く品定め。「じゃあ、これで!」。

f0175804_8584466.jpg 「ラッピングは何色がいいですか?」。ブルーやグリーン、あれこれ見せてくれました。

 「んん~そうだね、そのピンクがいいかな」。リボンもいつも好きだと言っているピンクに決定。出来ました、いい感じです。ワクワクどきどき、そんな気持ちで急いで帰ったのです

 いまではすっかり国民的イベントになったホワイトデー。“愛する人にチョコを”のバレンタインに対応して生まれたそうです。早いものですでに30年以上前のこと。なんと当初は“お返しはキャンデー”だったのです。今ではクッキー、スイーツフラワー、ジュエリー…。売上向上の策とはいえ、わたしにとっては粋な仕掛け人さん達に感謝です。

 感動したバレンタインデー、もう1カ月が経ったんですね。嬉しいことです、わたしの愛する人は奥さま初め周りにいっぱい。あの可愛い笑顔のちびっ子達、そのママ、パパ…そして、我がお嬢さま達。


 映画帰りの先日、奥さまと密かにホワイトデー準備。「これなんかどお?」「うん、コレがいいかな!」。いっぱい並べられた中から、二人で選んだのです。

f0175804_8594415.jpg
 「いつも映画とか連れて行って貰ってるから、改めてホワイトデーはいいからね~」と奥さま。そのとき、「ええ~、喜ぶ顔が見たいよ!」ともう一人のわたしが無言で返事をしたのです。でもその時思ったのです。「そりゃそうだ、後でサプライズ」って。

f0175804_96643.jpg さぁ、きょうは久しぶりに晴れた日曜日!どんな笑顔を見せてくれるかな。
持ってくからね~、ホワイトデー♪







♪ピンポ~ン

居るかな?
[PR]
by shizuo7f | 2010-03-14 09:17 | 奥さま | Comments(56)

夫婦って?

f0175804_2104583.jpg
 いつもの休日ウォーキング、吹く風は一段と春の風。「なんか居た~」「鴨の群れがっ!」。見たら気持ちよさそうに泳いでいます。鴨を見る奥さま、その奥さまを見るわたし。

 「可愛いね~」。もう何千回、いや何万回言ったかなぁ~。それも照れもせず、目を見て言うのです。誕生日や結婚記念日だけの特別な日のことではありません。一緒に歩いているときに。「この人、変じゃないの?」とも言いませんし、嬉しそうな顔をするんです。お茶目な顔して、「わたしに構うのは、100万年早いわっ!」って返す奥さま。こんなわたし達です。

f0175804_2113496.jpg ずっといつまでも、目と目で分かり合える二人のままで。誰もが熱いトキメキを抱いたあの時にそう思った筈。勿論、わたしも。
そんな夫婦に憧れた気持ち、当然今もずっと。その為には、もっと会話しなければと思うのです。喋ってない訳ではなく、むしろ喋り過ぎ。いや決してそうは思っていません。これからも会話は必要と、そう思うのです。

f0175804_212332.jpg
 何故ならば、もとはと言えば見知らぬ女性。産まれも育ちも、子どもの頃遊んだ友だちも…、すべてみんな違うのだから。おなじ親に育てられた兄弟ですら、考え方がまったく一緒ではありません。だから二人の考え方が違うのは当然。そう考えた末わたしの中で得た答え、「喋る」にこだわるのです。

 基本的な考え方や価値観の部分が一致してても、そのときの好きなモノ、行動までピッタリ一緒はありません。お互いが自分を押しつけ合っていたら、結末はぶつかり合いの夫婦喧嘩。理解し合うためには、自分の気持ちを出来るだけ伝える会話が必要と思うのです。喋らなければわからないことがあるのです。

f0175804_2124170.jpg
 「夫婦って?」と時には考えてみてもいいと思います。完成度を急いで求めない方がいいと思うのです。長い年月をかけて熟成させるワインのように、じっくりゆっくり夫婦の愛情を深めたいと思います。 そうですね、奥行きのある味わいと香り、そんなワインは20年、30年なんてザラですもんね。

f0175804_2131347.jpg コミュニケーションといっても、いきなり不満をぶつけても上手く前には進みません。
でも最近は「ちょっと待てよ」が少しは出来るように。するともう一人の自分が見えてくることに気づいたのです。

 お互いを思いやる気持ち、これを育てることが夫婦円満の秘訣と思います。今夜も言われそう、「100万年早いわっ!」って。それでも言うと思います、「可愛いね~」と。
[PR]
by shizuo7f | 2010-03-10 21:09 | 奥さま | Comments(52)

春が来たので

f0175804_2151472.jpg
 「うわぁ綺麗。咲いたね~、サクラソウ!」「そうね~、今年も♪」。我が家の庭にも見事な、そして可愛い春がやって来ました。先週までそんな素振りさえも見せていなかったのに、咲いた様子を見つけたわたしはチョッと興奮ぎみ。

 もう何年になるのだろうか。優しく丁寧に可愛がっている奥さまに、サクラソウもちゃんと毎年応えてくれてるのだと思います。

f0175804_2163629.jpg 「チョッと遠出して、梅を観に行こうか!」。先週初め、そう約束していたんですが、突然の津波警報。

 「海に近いし…、高速も渋滞するかも」と話し合いの結果断念。
「去年も行ったね。じゃぁ、山の手の梅林公園はどうかな?」。窓の外を見ると、何と春の嵐がビュービュー音をたて吹き荒れています。春一番、いや二番かな。

 結局何処へも行かず、お家コーヒーに。

 ちょっぴり大人になったと思います。えっ、誰がって?いえ、わたしです。

 以前なら駄々っ子のように、簡単に諦めなかったんです。欲しい、行きたい、食べたいと、子どもが愚図るように、押し通す気持ちが強かったのです。誰からも「偉い、偉い」と誉められてはいませんが、内心「うん、それでいいんだよ」と、もう一人のわたしの声が聞こえた気がしたんです。
 
f0175804_21134510.jpg 二人で休日を楽しむと言っても、場所じゃないんですよね。いちばん大事なのは、二人のデートを心から楽しむということなんだと思います。

 大袈裟ですが、これも少しは心の余裕が出てきたからかも。物事すべて、思い通りにはなりません。むしろ思い通りにならないことばかり。そう考えると、残念な気持ちも薄らぎます。

 話しが少し反れます。ひとは誰もが心の中で誰かに甘えたいという気持ちがあるものです。夫婦で言えば、その相手は夫であったり妻であったり。それ以外の人への感情はチョッと面倒なことに。まぁ、それはもっと話しが反れるので避けます。 

 子どもが大きくなるにつれ、いつしか忘れていた感情。かつて恋人同士だった時のように、甘えることが出来たら。そう思いませんか。気づいたら甘え下手に、数年前のわたし、危うくそうなりかけました。

f0175804_2131311.jpg 

 いつも一緒に居ると、知らないうちに女性は妻にそして母に。男性は夫に父に。お互いが甘えることを何処かに置き忘れちゃたのかも。奥さまが甘えてくれたら、嬉しいものです。何だか自分が頼れる正義の味方にでもなったような、そんな錯覚が。いやもしかして錯覚じゃなくて、本当に強いスーパーマンになるかも。

 春が来たので、もっともっと仲良くしようと思います。
[PR]
by shizuo7f | 2010-03-04 21:38 | 奥さま | Comments(48)

二人でコーヒー♪

f0175804_6152387.jpg
 「コクがあって深い味わい」「そうね、嬉しいひと時ね~」。柔らかな香り、そのほろ苦さを上手く表現する言葉が見つかりません。部屋中に広がる香り、わたし達を大人の雰囲気に感じさせるには十分過ぎます。

 ストーブの要らなくなった穏やかな日曜日の昼下がり、贅沢な時間を二人だけで過ごしたのです。よ~く見たら手にしたカップの中には、溢れるばかりの幸せがあったのです。

f0175804_6155673.jpg 「今度は、チョッと変えてみようか」「そうね、いろいろ試すのもいいかも」。いつもの休日ショッピング。カートのバスケットに入れたのは、「ずっとつき合えるおいしさ。ゴールドスペシャル」とうたった“ゴールドスペシャルシリーズのブレンド”。

 わたし達にとってのコーヒー、もう何年経つのでしょうか、今ではなくてはならない飲み物に。最近はよく外出先でも。








f0175804_616227.jpg
 軽い音を弾ませながら、ゴールドスペシャル豆がミル容器に。きょうのミルサインは、「マイルド」でなく「リッチ」にしたんです。カッターが勢いよく回転しランプが点滅。辺りに漂う香り。さぁ~抽出開始。

 数分の待ち時間がわたしを焦らします。ブザーが鳴りました。バスケットを取り出し、奥さまのお気に入りカップに。

f0175804_6171161.jpg
 カップを手にしたら、一瞬だけど思ったんだよ。振り向くといつも隣にいてくれるね。そしてわたしの一言に、いつもうなずいてくれるね。この暮らし、当たり前と思ったことは一度もないよ。いつもどんな時もわたしの味方。有難くて、嬉しくて、感謝してるよ。

 一瞬だけど、さっきそう思ったんだよ。ずっとこの美味しいコーヒーをいっしょに飲もうね。

f0175804_6184338.jpg 愛コンタクト。あっ違います、アイコンタクト。誰もが知ってる目と目を合わせるコミュニケーション。先日二人で観た「おとうと」の時も隣りに座る奥さまに。

 「あなたは、奥さまに、ご主人さまに、されてますか?」と聞いたことはありませんが。もしも聞けたら、どんな答えが返ってくるのかな。

f0175804_619126.jpg
 わたしは気持ちを言葉で伝えることが普通、それでもよくするんですアイコンタクト。日常の会話の中で、お互いを見たり耳を傾けるときに。顔を見ながら表情を見ながら、照れずにこのようなコミュニケーションいいと思います。

 いつまでも「夫婦仲良し」の秘訣のひとつ、そう思っています。美味しいコーヒーを飲みながら、一瞬だけどそう思ったのです。

 さぁ~、きょうから新しい月。3月と聞くだけで、一段と心が弾みます。
[PR]
by shizuo7f | 2010-03-01 06:25 | 奥さま | Comments(48)

バースデーin神戸北野異人館

f0175804_21412120.jpg
 玄関ドアを開け、コツコツと靴音を立てながらフロアを数歩。部屋の中央には重厚そうなソファと、温かみのある木製テーブル。早口で喋る英語の会話が聞こえて来ます。誰もいないので、勿論気のせい。右手にはなんと!ホームバーが。ブランデーなどがカウンターに並んでいます。「きょうは特別な日。二人で飲もうか」「そうね」。キラキラ光るグラスが、わたし達を写し出しています。

f0175804_21421564.jpg
f0175804_21423985.jpg
 仰ぐように見上げた高い天井。「ゴージャス!」、こんな表現がぴったり。シャンデリア、カーテン、家具調度品…。一つひとつが往時を偲ばせ、明治の北野に佇むわたし達。想像してたほど大きなベッドでもありません。目覚めた貴婦人さんは どんな朝を迎えていたのだろうか。朝食の支度をする音、美味しそうな匂い、ベッドルームにも届いたのだろうか。勝手な想像をしながら、部屋を歩くわたし達。

f0175804_2145469.jpg 
f0175804_21453437.jpg
有りっ丈の気持ちを込めて、「誕生日、おめでとう~!」。初デートのときのような初々しい笑顔。やや小声ながらはっきり聞こえました、「ありがとう~♪」の返す言葉。夜の有馬にワインの杯が軽く重なったのです。相応しい音楽はないけれど、この瞬間を心待ちに。二人だけのバースデーはこうして始まったのです。

f0175804_21462468.jpg
 次々運ばれる食べきれないほどのご馳走。金泉につかったからだが、更に温かみを増します。「よかったね!お祝いの赤飯」「チョッピリがいいねっ」。どれも美味しい料理ばかりだけど、このチョッピリの赤飯がお祝いムードを高めてくれたのです。

f0175804_21464634.jpg
 「実はきょう、奥さまの誕生日なんです」「まぁ~、それはおめでとうございます」。部屋に着くなり、つい嬉しさで告げたのです。あの一言がこの赤飯でした。

f0175804_21473786.jpg この夜のゲストは、勿論我が奥さま。いつもなんですが、床の間を背に座るのはわたしではありません。「後はよろしくお願いします」。当然のように、わたしの座る場所は上座にセッティング。二人だけになったら、いつも替わるのです。

 せっかくの据え膳、「少しでも最高の場所で」がわたしの小さな拘り。考えてみたら、旅先ではいつもずっとそうしてきました。

f0175804_21481571.jpg
 
f0175804_21505216.jpg

f0175804_21524539.jpg

 街角の案内板、そして手にしたパスポートマップ。ゆるやかな坂道を登りつめるとそこは、往時を忍ばせる異人館の街北野。海の見える高台に素敵な邸宅が立ち並んでいます。トンガリ屋根の風見鶏の館、うろこの家、英国館。並んでぶらり、いつものようにこの日も仲良く散策したのです。

f0175804_21564036.jpg
 何やら興味のあるものを見つけたようです。小さなフクロウを手にした奥さま。「気にいったら買ってあげようか?」「ありがとう~」。

f0175804_2212364.jpg まだ冬の真っただなかだというのに、辺りには何処からか新緑の香りが。気のせいだとわかっているのですが、はっきり嗅ぐことが出来たのです。

 さっきまでの小雨まじりの寒さが嘘のようです。いっきに季節が巡った錯覚を感じました。狭い石畳の露地は、二人が並んで歩くのがやっと。

 西日が作る影を踏まないように、ゆらゆら揺れるその後ろ姿をじっと眺めていたのです。数歩の距離を追いつき、「またいつか来ようね」「そうね」。こんな会話をお互いの耳に残し、帰ったのです。
[PR]
by shizuo7f | 2010-02-17 22:10 | 奥さま | Comments(46)

プレ・ハッピーバースデー♪

f0175804_2024349.jpg
 お気に入りカラーはもうとっくにわかっています。「これなんかどうかな?」春先に向かうこれからにピッタリ!柔らかい陽射しを感じる優しいサーモンピンク。微笑みながらうなずく仕草。どうやら奥さまのお目に叶ったようです。高価なプレゼントを欲しがる訳でもなく、遠慮ぎみに「嬉しいなっ」。

  一足早く、プレ・ハッピーバースデー♪そうこの日は奥さまへのプレゼントショッピング。ラップしたサプライズもいいけど、一緒に出掛け目で見て手に取りお気に入りを。最近はこんなスタイル、ちょっぴり合理的になったんです。

f0175804_2035084.jpg
 そう言えば、サプライズプレゼントだったとき。あのときは、あらかじめ作っておいたバースデーカードを一緒にラップ。花屋さんでは、チョッピリ照れながら「すみません、これを一緒に」。決まって、「あらぁ~奥さまにですか」と。
 
 自己満足なのかもしれません。花束とかアレンジメントフラワー時代がずっと続きました。でも言葉は今でもはっきり添えます、「誕生日☆おめでと~う!」って。

f0175804_2042535.jpg 
 











  イベント好きって言おうか、バースデーや結婚記念日などを結構気にするんです。大切にしたいとずっと思って来たので、自然に今でも。考えてみたら、どこのご夫婦も一緒なんですが、運命的な出会いなんです。勿論わたし達も。有り得ない確率で縁あって結婚した訳です。

f0175804_203029100.jpg そうそう、夫婦が忘れていけない4カ条があるそうです。それは「信頼」「尊敬」「感謝」「笑顔」。パートナーに対しこれらを忘れなければ、愛情も絆も深く大きくなるとか。本当にそう思います。

 永年連れ添うといろんなことがあって当然。そのひとつひとつを乗り越えられた夫婦だけが、幸せを手に入れることができるそうです。

f0175804_20305990.jpg










  夫婦としてのスタートは家族の原点。こうして幸せな日々を過ごせてるのも、あのときのスタートがあったから。そしてもっと遡ると、感動のバースデーがあったから。そう思うのです。勿論、わたしのバースデーのときも同じように奥さまから。   その日の過ごし方はいろいろ。

 さぁ~、明日はハッピーバースデー旅行へ♪
[PR]
by shizuo7f | 2010-02-10 20:50 | 奥さま | Comments(46)