カテゴリ:その他( 107 )

スケッチブック

f0175804_6133980.jpg 奥さまと出掛けた土曜日の「あじさい・花しょうぶまつり」。鮮やかさに目を奪われ、カメラを構える方々がたくさんみえました。わたしもその中の一人、場所によっては肉眼で観るよりファインダー越しのほうが多かったかもしれません。あじさいに限らず、何を観るにも一年に一度の貴重な機会。折角の綺麗な花も肉眼で観ずしてと思うんですが、シャッターチャンスを捉えたい気持ちが優先します。そういえば子どもや孫ちびっ子の運動会などのときもそうでした。

 ベンチに座る数人のご婦人グループに目が行きました。それぞれが真剣に、そして何処となく楽しそうに、スケッチブックに風景を描写されていらっしゃいました。そっと覗くと、お一人の方はすでに鮮やかな色をつけてみえます。観たのは一瞬でしたが見事な水彩画です。広い園内でスケッチされていたのはこのグループだけ。写真もいいけど、水彩画もいいなぁと思いました。

f0175804_6144619.jpg わたしも昨年春の一時期、スケッチブックに数枚の風景画を描きました。先生はNHK「趣味悠々」。教材テキストを購入し、番組を観ながらの一人教室。ある程度の基礎学習をしたら、いざアウトドアスケッチへと考えていました。なかなか次のステップに進むことができず、現在に至ってしまいました。でも決して諦めた訳でもありません。素敵なスケッチをと今でも密かに考えています。

 写真でもスケッチでも、「自分を表現する」ことは同じと思っています。実際の風景や草花、人物はどんな道具や手法を使っても変わりはしないんですが、どう見えるかは違います。その時の状況や感情をどう表わすかで、世界にひとつしかない作品になるんだと思います。 

写真撮影とスケッチ描写の違いは、まず肉眼で見るか見ないかがあると思います。そしてわたしのスケッチテクニックがないだけなのかもしれませんが、カメラ撮影に比べスケッチの場合は時計の速度がゆっくり。言ってみればカメラはファーストフード、スケッチはスローフードかな。

f0175804_6154112.jpg ブログフレンドのみなさんは、どなたも素敵な写真を撮られてみえます。同じように見えても、おひとりお一人個性の違いを感じます。「あぁ~こんなふうに見えるんだ!」と感動する毎日です。お花を得意とされる方、人間観察に実力を発揮される方、みなさんいきいきしていらっしゃいます。明るい写真を撮ることと、夢あるスケッチを描くことの欲張りなわたしです。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-17 06:18 | その他 | Comments(9)

路面電車

f0175804_612826.jpg クルマが走る道路の真ん中、石畳に敷かれたレールをゆっくり進む「路面電車」。当時の時間の流れを象徴するかのように、スローペースで街中を縦横につないでいました。車窓から眺める景色も今ほど派手さはなく、どことなくセピア色に見えた気がします。ちょうど今ごろの季節、窓を開ければ爽やかな風が一両車内に吹き抜けました。

 存在することが当たり前のように、生活道路にほど近いところを走っていました。駅、デパート、映画館、どこへ出かけるときも乗っていました。そんな「路面電車」ですが、いつごろからでしょうか?わたしのイメージでは、忽然と消えてしまいました。

 「路面電車」のルーツは、乗合馬車や馬車鉄道だそうです。今から120年ほど前、アメリカ人スプレーグさんが、自国バージニア州リッチモンドでシステムを作ったのが世界に広まったそうです。あのモナカさんの第二の故郷バージニア州なんです。

 往時を偲ばせ今なお健在な「路面電車」もありますが、100年ほどでほぼ国内から消えたことになります。バスやマイカーなどモータリゼーションの流れに押され、渋滞の元凶とされたのです。

f0175804_6131545.jpg

 ところがです。最近少しずつ復活の兆しが見えて来たそうです。「環境負荷の軽減」「バリアフリー」「交通渋滞緩和」の観点からです。世界各地の流れも一緒です。ヨーロッパではスマートでお洒落な「路面電車」が格好良く走っています。

 日本は世界に類を見ないスピードで高齢化が進んでいるそうです。路面から乗降できことを有り難く感じる人達が増えています。街も今よりお洒落になると思います。そのときは我が奥さまと一緒に乗って、映画にでも行こうかな(^^)。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-11 06:15 | その他 | Comments(10)

夏の風物詩

f0175804_6144481.jpg 子どものころの夏の思い出。いっぱいありますが、その一つそれは座敷の片隅で煙たなびく、蚊取り線香のある風景です。そしてもう一つ、部屋いっぱいに広げられた蚊帳。我が家では両方とも今では、「そんな物があったよね」となってしまいました。多分今でも、夜間に窓をあければ蚊も飛んでくるんでしょうけど、網戸がしっかりガードしてくれています。

 数日前、新聞に隣り町四日市の萬古焼「蚊やり器の製造最盛期」の記事が載っていました。子どもの頃にはどこの家庭にも豚さんの蚊やり器があったと思います。陶器で作られた素朴なもので、夏の風物詩の一つです。全国シェアもかなりあるそうです。

 ところで、蚊取り線香の事って知っていますか?わたしは、その成分が除虫菊だってことぐらいしか知りませんでした。先日ある人とひょんなことから、「蚊取り線香談義」に。元々日本での発明で、ずっと海外でも作られてるそうです。やっぱり電気のない国々でも使用できるところがグッドとか。

あのクルクル回っている渦巻き。とぐろを巻くヘビがヒントだそうです。燃焼時間が長く、安全に取り扱える効果がありますよね。アメリカではモスキットコイルというそうです。そうそう、美空ひばりさんの「金鳥」のテレビCM覚えています?打上げ花火のシーンで「日本の夏」ってやっていましたね。あのCMそのものが、夏の風物詩みたいに感じていました。

f0175804_6163587.jpg

まもなく全国の茶の間で、蚊やり豚から煙がたなびきます。ノスタルジーを感じるのはわたしだけでしょうか。思い浮かべるだけで、妙に気持ちがタイムスリップします。蚊やり器を置き、縁側に座って蛍の光でも眺めれば、もうそれだけで日本の夏です。日曜日、長男ファミリーがやって来て、「近所で蛍を見ることができるよ」って言っていました。まだまだ日本の夏はなくなっていません。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-10 06:18 | その他 | Comments(6)

エコの風

f0175804_7415818.jpg 蒸し暑い日本の夏、特に梅雨どきの今ごろは不快指数100パーセント。といっても最近は空調が効いているところが多く、昔ほどでもありません。我が家もしかり、クルマや会社事務所も快適なスペースです。通勤電車に乗りませんが、冷房のない車両を探すことのほうが大変なくらいでしょう。多分すべての車両に冷房設備が設置されていると思われます。

 ところが今年はチョッと事情が違います。最近の石油高騰で、ガソリンや電気料金それに輸送費など、物流コスト高による諸物価高騰。食品などあらゆるモノが値上がりし、この現象による苦しさはどこの家庭にも直撃しています。地球規模では、環境問題でCO2削減がいわれています。ひとり一人の暮しの中で、エコ生活が求められています。

 先日新聞で「あおげばエコの風」と題し、「扇子」復活を伝える記事を目にしました。一時期、なりを潜めたかのような「扇子」ですが、世間の反応は敏感だなと感心します。わたしも持ってはいるんですが、このところずっと使っていませんでした。できる限り自然の風でしのいだり、「うちわ」や「扇子」を使おうと思います。

 台所仕事をする奥さまのことも考えながらですが、できる範囲でやってみようと思います。昨年の夏でもエアコンはつけたらつけっ放し、網戸越しに外の風を入れたほうが余程快適なときが度々ありました。今ごろの季節から慣れるのがいいかもしれません。

 「うちわ」の起源は、中国や古代エジプトの文明発祥時から存在する古い物だそうです。日本で使われだしたとばかり思っていたので意外でした。ところが「うちわ」を折りたたんで、携帯に便利な扇子にするアイデアは日本の発明とのこと。そういえば「扇子」は、源氏物語などいろんな場面で登場しています。

f0175804_742347.jpg

 「うちわ」といえば夏祭り。毎年、水を得た魚のように踊っている奥さま。本当に好きなんです。またこの夏も見られるかな、浴衣を着て踊る奥さまを。今から楽しみです。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-07 07:47 | その他 | Comments(4)

通勤かばん

f0175804_5585178.jpg 毎日の通勤に愛用しているかばん。購入し2年くらいになるでしょうか、色や形、素材共にお気に入りです。と言いながら雨降りに、濡れたら拭き取るだけ。手入れらしいことはしていません。よく見ると一部硬化したように、表面に細かなひび割れのようなシワ。使っていくうちの避けられない程度なのかよく分かりませんが、機会があったらお店の人に直接手入れ方法を聞いてみようと思います。
 多分、革の柔らかさを保つための保革油みたいなものがある筈です。かばんの素材などに適したものを塗らないと、逆に染みや劣化原因になると聞いたことがあります。天然の皮革は手入れが大変、でも使うほどに馴染み、美しく保てたらいいなぁと思います。
 なんでもそうなんですが、毎日使うかばんはどうしても痛みが早くなります。靴のように日替わり交換すればいいんですが、あいにく一つしかありません。手ぶら通勤という手がない訳ではありませんが、長年の習慣でどうしてもできません。スケジュールノート、筆記用具、財布、折りたたみ傘、キーホルダー、新聞…結構収納しているモノがあります。
 奥さまから「かばんにモノを入れ過ぎ」ってよく注意されました。つい大丈夫だろうと、形が変わるほど…。これがいけないんですね、著しく劣化させる元。最近はチャンと聞いて、言う通りにしています。モノを大事にする奥さまには、いつも感心しているんです。洋服や靴、身につける小物などの扱い方を見ているとそう思います。まだまだ会社勤めが続きます。愛着あるかばんを眺め、大事にしなければと反省。サァこのかばんを持って、今朝も行って来ま~す。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-06 06:01 | その他 | Comments(2)

梅雨入り

  昨日気象庁によって、この三重県地方に「梅雨入り」宣言が出されました。昨年より2週間ほども早いそうです。7月までの暫くの期間、雨とのお付き合いが続きます。連日シトシト降り続く雨、ジメジメした環境の出現です。梅雨と聞いて直ぐに思い浮かべることは、どちらかといえば良いイメージはありません。梅雨のない北海道や小笠原諸島を羨むときもあります。

 カビ(黴)や食中毒も心配です。梅雨の語源の一つ、カビが生えやすいことからも「黴雨(ばいう)」とも。同じ音の「梅雨」に転じたといわれています。そして時には梅雨前線の影響で、土砂災害や河川の氾濫が…。

 良くないことばかり並べ立てましたが、この季節の雨も必要です。田植えなど農業には欠かせない雨、そして夏の水不足を解消する雨。災害による被害が出ない程度に、静かに降って欲しいものです。

f0175804_6225635.jpg
f0175804_6231944.jpg


 雨でイメージできるものの一つに、数々の童謡があります。♪雨雨降れ降れ母さんが蛇の目でお迎え 嬉しいなぁ~。♪てるてる坊主 てる坊主~。まだあります。♪でんでん虫虫 かたつむり~。梅雨のさなか、昔の人はこんな歌をうたい、少しでも雨を楽しもうとしたんでしょうか。

 そうそう忘れていたものがありました。アジサイです。この梅雨どきに映える代表的な花。この季節の季語でもあります。わたしの隣り町はアジサイが綺麗に咲くことで有名です。雨に濡れながら艶やかな白やピンク、そして薄紫のアジサイ。雨の季節ながら周りを華やかにしてくれます。近い時期に奥さまと行こうかな、「アジサイ祭り」。
[PR]
by shizuo7f | 2008-06-03 06:24 | その他 | Comments(2)

棚田

f0175804_10235741.jpg 数日前の新聞に、世界遺産「白川郷」で田植えをしている記事を目にしました。二、三度旅行したことのある合掌村。機械化が進み、なかなか見ることのできなくなった今どきの光景です。この新聞を見ながら、奥さまの実家近くの棚田を思い出しました。

 ゴールデンウィークの数日間、その棚田が見える奥さまの実家で過しました。お盆や正月の帰省がほとんどで、田植えどきを見るチャンスがありませんでした。田植えを終えた田んぼが少しずつ緑色になっていく光景は綺麗でした。辺りは『千枚田』と呼ばれ、その美しさに近隣から訪れる人も多くいます。そんな田舎がプチ自慢なんです006.gif

 棚田の維持が難しいことから、農水省では観光地化を目的とした「日本の棚田百選」を選定しています。10年ほど前の発表によれば、全国117市町村134地区の棚田が選ばれているそうです。勿論そのなかに、奥さまの実家近くの棚田も選ばれています。

f0175804_10251615.jpg 田植えや稲刈りシーズンになると、新聞やテレビなど多くの取材が来ています。すっかり季節を語る風物詩になっているのです。今年も田植えをする様子が載った新聞を見ました。「ホラ、田舎のことが」と、いつも田舎を思い出すきっかけになっているんです。実際にこの場所に立つ度に、日本の原風景を見る思いがします。

 ところでこの棚田を守るために、いわゆる「オーナー制度」が行われています。棚田の景観維持や観光地化をめざし、地域を活性化しようというものです。基本的に農業従事者以外の方が農地を取得することは、農地法上できないそうです。そこで考え出された制度。泥んこになりながらの田植え、そして実りの秋に稲刈りが体験できるのです。いつまでも残っていて欲しい風景です。さぁ~今日は土曜日、どんな休日を過ごそうかな001.gif
[PR]
by shizuo7f | 2008-05-31 10:38 | その他 | Comments(6)