カテゴリ:映画( 110 )

オリエント急行殺人事件

f0175804_10211901.jpg

 「キャァァァ~!」。
車内で凶悪事件が!「殺人だなんて…」。
教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン…、
容疑者はこのオリエント急行の乗客全員。

 事実は驚くほど残酷だ。探偵ポアロも泣いた“悲しい真相”。
「何を恐れている?」「全てよ」。
心揺さぶる2つのクライマックス。

 新年最初の月一映画、さぁ!ご一緒に観ませんか。
ミステリーの女王アガサ・クリスティーの“オリエント急行殺人事件”。


よかったね、もう完全に見逃したと思ったね。
[PR]
by shizuo7f | 2018-01-08 11:04 | 映画 | Comments(42)

DESTINY 鎌倉ものがたり

f0175804_13073789.jpg

 「今のなに!?」「ただのカッパだろ」。
「チョットやめてくださいよ…」「ここは鎌倉だぜ」。
「鎌倉は不思議なところでね、
何千年も前から、幽霊も魔物も普通の人のように仲良く暮らしているんだ」。

 日常のさまざまな怪奇現象に戸惑う新妻・亜紀子(高畑充希さん)。
鎌倉に住む売れないミステリー作家・正和(堺雅人さん)。

 家族を愛するカエル男、130才の家政婦、心霊捜査課の刑事たち、
居座る貧乏神、そして陽気な死神…。
始まったばかりの新婚生活に、次々とんでもないことが…。

 「わたし、もう幽霊なんだよ」。
「もしも、生まれ変わりというものがあるならば、次もまた先生の奥さんに…」。
愛する妻の命を取り戻すため、黄泉国(よみのくに)へ行く正和。

 さぁ一緒に観ませんか、
相手のことをより大事に想う夫婦愛を描いたこの映画、
ミステリー&ファンタジー、“DESTINY 鎌倉ものがたり”。

古い障子紙の上から桟を濡らし、ゆっくり剥がし…。
[PR]
by shizuo7f | 2017-12-11 13:57 | 映画 | Comments(24)

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

f0175804_17110278.jpg

 1930年代の満州国。
天皇の料理番が考案した伝説のフルコース“大日本帝国食菜全席”。
「僕は世界中の人が喜ぶ料理を作りたいんだ」と山形直太朗(西島秀俊さん)。

「それを作れ…と?」、問い返す2002年の佐々木充(二宮和也さん)。
彼は一度口にした味は絶対に忘れない、そう!究極の味覚を持つ料理人。
熱い情熱、うごめく陰謀、天才料理人が最後に残したものは…。

 二人が観た晩秋の映画は、壮大な愛の物語。
「母と暮らせば(2015年)」に続く戦争関連作品です。
二宮さんは本来左利きなのに、右手に矯正し料理演技をしたとか。
さすが高いプロ意識です。


料理演技と言えば、このボク。
[PR]
by shizuo7f | 2017-11-25 17:34 | 映画 | Comments(28)

バリー・シール/アメリカをはめた男

f0175804_15511939.jpg

 「CIA機か?」「いや違う、独立航空コンサルト社IACだ」「IAC?」
「IAC以外に我々の仕事もするんだ、この仕事は“秘密工作”だ。
友人や家族にも秘密だ、奥さんはルーシーだったな?」「ああ」。

 CIAの依頼する仕事は完璧、
麻薬王からも評価され目を付けられたバリー・シール(トム・クルーズ)。
天才パイロット、CIAエージェント、そして麻薬の密輸王。
次第に自身の人生を大きく変えていくことに…。


変えると言えば…、我が家の庭。
[PR]
by shizuo7f | 2017-10-31 19:45 | 映画 | Comments(24)

三度目の殺人

f0175804_15560155.jpg


 解雇された工場の社長殺害容疑で起訴されている三隅(役所広司)。
すでに犯行を自供、このままでは免れない死刑。
しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、
弁護士の重盛(福山雅治)は面会するたび、
本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく…。

 なぜ殺したのか?本当に殺したのか?
見えない動機、浮かび上がる人物、被害者の娘…。

  “そして父になる” の是枝裕和監督と福山雅治の4年ぶりの再タッグ。
監督オリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ、
間違いなく日本映画史に残る心理サスペンスです。
さぁいっしょに観ませんか!わたし達と。



 咲き始めた我が家のホトトギス、
[PR]
by shizuo7f | 2017-10-09 17:10 | 映画 | Comments(30)

関ケ原

f0175804_15591003.jpg

「義は尽くした!」「決戦の場は関ケ原!」。
正義を貫く石田三成(岡田准一さん)率いる“西軍”と、
天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司さん)率いる“東軍”。
総勢17万人が、ここ関ケ原の地で大激突!

 「負けるわけにはいかん」「勝機は我にあり!」。
騎馬隊や鉄砲隊を鼓舞し、戦い続ける三成。

 史上最大の戦いに懸ける武将たちの様々な策略、そして彼らの知られざる想い。
世紀の大逆転、その裏側でいったい何が?
戦国の時代を終焉させ、その後の日本を運命づけた戦いの6時間。

 さぁわたし達と一緒に行きませんか、
このドアの向こう、1600年の関ケ原へ。


 君待つ庭に、ひらひら一羽のアゲハチョウ。
[PR]
by shizuo7f | 2017-08-30 19:52 | 映画 | Comments(32)

美女と野獣

f0175804_16023891.jpg


 野獣の姿をした男…、実はこの城の王子です。
思いやりの心を持たなかった罰として、魔女の魔法で恐ろしい姿に変えられてしまったのです。

 召使いたちも王子を甘やかして育てた罰として、時計やティーポットなど「モノ」にされました。
わがままで礼儀しらずな野獣には腹がたつことばかり。
魔女が残したバラの花が散るまでに、王子が“人を愛し愛される”ことが出来なければ、
永遠に人間の姿に戻ることはできません。

 「呪いを解くのはあの子かも!」。
フランスの片田舎に住む美しい娘ベル、彼女との出会いにより、優しい心を取り戻しつつありました。

 心躍る音楽、美しい映像、永遠に語り継がれる、真実の愛の物語。
信じること、愛すること…不朽の名作。
さぁ、わたし達と一緒に観ませんか!“美女と野獣”を。


 クルクルクル…、 事情があってチョッと時計の針を3か月半ほど戻します。
[PR]
by shizuo7f | 2017-08-07 16:58 | 映画 | Comments(30)

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 

f0175804_16052375.jpg



 この世のすべての呪いを解くポセイドンの槍(やり)。
その在りかを知るのは最後の海賊のみ!

 「俺(悪役のキャプテン・サラザール=ハビエル・バルデム)を
はめた男ジャック・スパロウ(主演のジョニー・ディップ)、今度はお前が死ぬ番だ」。
「死者の軍団があんたを狙っている、助かりたいなら槍が必要だ!」。
最後の冒険が遂に始まった、さぁ海賊狩りだ!

 いっしょに観ませんか、大人気アクション映画シリーズ、
“パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊” 


 容赦しない強い日差しに負けてません。
[PR]
by shizuo7f | 2017-07-21 19:27 | 映画 | Comments(36)

22年目の告白 私が殺人犯です

f0175804_16115381.jpg


 「はじめまして、私が殺人犯です」。
犯行の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎と名乗る男(藤原竜也)。
事件があったのは、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年。
あれから22年が経過…、懸命の捜査もむなしく時効が成立。

 マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、一方で刑事への挑発、
そして事も有ろうことか出版サイン会まで。
すべての国民がこの男に狂わされる。

 「なんで捕まえないの、警察!
うちのお父さん、こいつに殺されたのよ!」。
泣き叫ぶ遺族の娘(夏帆)。
「あの時捕まえていれば…」と、取り逃がした刑事の牧村(伊藤英明)。
殺人の告白、そこには続きがあった。


やって来たのはいつもの映画館。
[PR]
by shizuo7f | 2017-07-03 11:41 | 映画 | Comments(34)

家族はつらいよ2

f0175804_16262105.jpg


 あの離婚騒動から数年後の周造(橋爪功)と富子(吉行和子)。
気ままなマイカー外出が周造のささやかな楽しみ。
たびたびクルマにへこみ傷があることを心配する家族。

 高齢者の危険運転が心配で、みんなして免許返上を画策。
でも、誰が頑固オヤジを説得するのか!

 「いつの間に俺の家族は言いたいことも素直に言えなくなってしまったんだ!
もう崩壊しているな、この家族は!」。
(ハハハハ~、よく言うよ。あなたが家族に気を使わせているのに。そう思いました)
激怒する周造に困惑する家族、またも平田家に不穏な空気が。

 悲喜こもごもを描いた、巨匠・山田洋次監督のホームコメディ第2弾。
早いものです、あれから一年。 
さぁ、わたし達と一緒に観ませんか。



『どれがいいと思う?』『そうね~、これがいいんじゃない』。
[PR]
by shizuo7f | 2017-06-01 19:41 | 映画 | Comments(34)