カテゴリ:映画( 100 )

家族はつらいよ

f0175804_17583752.jpg
 『大変なことが起きたのよ~!』と、血相を変え夫に詰め寄る妻の史枝(夏川結衣)。
『なんだい』と呑気に返す、頑固で理屈っぽい夫の幸之助(西村雅彦)。

『お母さんがお父さんと別れたいと、離婚したいと仰ってるんだって!』。
『はぁ~ん、えっ!』。にわかに理解できなかった幸之助。

 さぁ大変!平田家に突然襲ったてんやわんやの大騒動。
緊急の家族会議を招集、“離婚”は回避できるのか。
気になりますね、平田家の運命が。

『“家族”2枚ください』
[PR]
by shizuo7f | 2016-03-19 18:07 | 映画 | Comments(36)

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

f0175804_1181435.jpg
 戦国時代にタイムスリップした高校生のサブロー(小栗旬)、
そこで出会ったのは自分と瓜二つの織田信長。

 「わしの代わりに、信長として生きてくれぬか」「はぃ?」。
はじめ逃げ腰だったサブローは次第に覚悟を決め、
戦のない世をつくろうと思い始める。

 そんなサブローに、暗殺の機をうかがう秀吉(山田孝之)。
恒興(向井理)など家臣からの厚い信頼、妻の帰蝶(柴咲コウ)からの愛…、
これらに嫉妬した本物の信長や明智光秀(三役、ともに小栗旬)からの憎しみ。

 多くの敵から狙われるも、運命に抗(あらが)い生き抜こうと決意。
1582年そんな彼に本能寺で待ち受けるものとは…。

今から2週間ほど前のこと…
[PR]
by shizuo7f | 2016-02-22 11:33 | 映画 | Comments(32)

パディントン

f0175804_17515483.jpg
 ここはイギリス・ロンドン。
真っ赤な帽子を被り、やって来ましたちっちゃな紳士。
なんと南米ペルーのジャングルから、家を探しに遥々と。
大好きなマーマレードを、スーツケースにい~っぱい詰め込んで。

 英国紳士らしく、とっても丁寧な言葉づかいです。
道行く人に話しかける彼に、なぜか誰も相手にしてくれません。 
それは…、彼が“クマ”だから!

 見知らぬ国にやって来たクマが親切な家族と出会い、
パディントンと名付けられ新しい冒険に。
ずっと世界中で愛されている、児童文学「くまのパディントン」の実写映画です。

 さぁ!今年初めて観る映画、仲良し夫婦が観る映画、
ほんわかと心が和む、ファミリームービー『パディントン』。

お化粧、洋服選び…、相変わらず支度に余念がない君。
[PR]
by shizuo7f | 2016-01-25 18:02 | 映画 | Comments(32)

母と暮らせば

f0175804_13443815.jpg
 「あんた浩ちゃん?」。
3年前に原爆で亡くしたはずの息子浩二(二宮和也さん)が、
亡霊となり母伸子(吉永小百合さん)の前に。

 「ほかの皆は、どげんしとと?」「あの子は元気よ、小学校の先生になってね」。
「町子が小学校の先生かぁ!はぁ~幸せだな、受け持ちの生徒らは」。

 「おまえはもうこの世の人じゃなかやろ。そこをよう考えてちょうだい」。
涙を流し「嫌だ!」と、自分の死を受け入れることができない浩二。
恋人町子(黒木華さん)の幸せを思い、胸を詰まらせながら迫る母…。

 舞台は1948年の長崎、助産婦をしながらつつましく生きる伸子。
もう会えないと思っていた息子との暮らし。

 今年のフィナーレに相応しい映画。
選んだのは山田洋二監督が初めて手掛けるファンタジー作品、
優しく悲しい物語“母と暮らせば”。

両手を合わせ、「いっただきま~す!」「いただきま~す♪」。
[PR]
by shizuo7f | 2015-12-23 13:57 | 映画 | Comments(30)

杉原千畝 スギハラチウネ

f0175804_20345750.jpg
 いよいよ、迫る恐怖の侵攻。第二次世界大戦下、ヨーロッパで拡大するナチス・ドイツ。
「わたし達には逃げ場がないのです…」「お願いです、ヴィザを下さい!」。
リトアニアの日本領事館には、迫害から逃れる多くのユダヤ難民が。

 杉原(唐沢寿明さん)から、本国への再三のビザ発給許可の求め。
政治的な思惑から拒否し続ける外務省。
ユダヤ難民に迫る危険、自らの危機を顧みず、独断でヴィザ発給の決断をする杉原。

 戦争とは、人種差別とは。
戦後70年のいま明かされる真実の物語。

慌ただしさはありません、むしろこの辺りだけ時が止まったような。
[PR]
by shizuo7f | 2015-12-08 20:38 | 映画 | Comments(26)

天空の蜂 ◆只今緊急入院中(29日〜)!そして無事退院♪

f0175804_950890.jpg
 自衛隊への納入日、何者かに遠隔操作され動き出した巨大ヘリ「ビッグB」。
その機内には設計士湯原(江口洋介さん)の息子がたった一人…。
救援に飛び立った自衛隊ヘリ、その真下には福井県の稼働中の原発が。

 史上最悪となった原発テロ発生!
ホバリングの「ビッグB」、燃料が切れるまであと8時間!
墜落させず、果たして無事救出できるか!その結末は!

鮮やかな上品カラー、色あせず白いポットに。
[PR]
by shizuo7f | 2015-09-27 10:01 | 映画 | Comments(54)

日本のいちばん長い日

f0175804_22203694.jpg
 『どうやったら戦争を終結させられるか…』。
陸軍600万人を率いる阿南大臣(役所広司さん)。
激論が交わされた連日連夜の閣議、そんななか広島、長崎にあいつぎ原爆投下。
やがてソ連も参戦、迫る連合国からのポツダム宣言受諾の返答。

 そして最終判断を仰ぐことになり、天皇のご聖断が。
『戦争の終結について、これの実現に努力するよう希望する』。
8月10日、御前会議での昭和天皇(本木雅弘さん)。

 降伏か、本土決戦か-。
この戦争を終わらせるために闘った男たち。
それは日本史上最大の決断!

 戦争終結の玉音放送までの一昼夜、
さぁご一緒に、70年前のあの日にタイムスリップしてみませんか。

一人歩く早朝の公園、騒がしく鳴いていたセミの声はもう静か。
[PR]
by shizuo7f | 2015-09-02 22:41 | 映画 | Comments(44)

ジュラシック・ワールド

f0175804_0223273.jpg
 「新アトラクション導入後は、来場者が増えたわ」。
ジュラシックワールドを開発中のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、
誇らしげに島の所有者サイモンに。

 遺伝子操作で人工的に作られた巨大過ぎるメイン恐竜インドミナス・レックス。
知能や身体能力に優れ、見た目はまるで化け物。

 視察にやって来たサイモンは、レックスのあまりの巨大さに、不安を感じ、飼育係りオーウェン(クリス・プラット)に相談することを持ちかける。

 クレアに頼まれ新アトラクションを見て驚くオーウェン。
ガラス張りのそこにレックスの姿がなかったのです!一日2000人以上もの訪問者がいるジュラシックワールドに、恐ろしい恐竜レックスが放し飼い!

庭の花木に水やりをした後、「チョッと歩いてくるね~」とボク。
[PR]
by shizuo7f | 2015-08-21 00:34 | 映画 | Comments(36)

トゥモローランド

f0175804_2183147.jpg
 ピンバッチが光った瞬間、それがすべての始まりだった。
「ここは?」「トゥモローランド」。
20年後-「わたしのじゃないわ」「何のことだ?」「このピンバッチよ わたしは…」。
ピンバッチに指先が触れた瞬間、一瞬にしてワープ。

 「こんにちはケーシー、ピンバッチはお気に召した?」
「なぜ私に?」「特別な人だから、そして彼もね」。

 そこは実在する場所なのか?「私は未来を見たのね」「未来じゃない、トゥモローランドだ」。
「ディズニーランドの?」「テーマパークは本物を覆い隠すために過ぎないの」。

 さぁ、あなたも!わたし達といっしょに未来の国、トゥモローランドに行きませんか。

「確か…、梅雨入りしたって言ってたよね」。
[PR]
by shizuo7f | 2015-06-17 21:24 | 映画 | Comments(38)

ラン・オールナイト

f0175804_16535286.jpg
 「親子の関係は最悪だ」「一晩だけ切り抜けろ、その後は好きに憎め」。
それまでジミー(リーアム・ニーソン)は、息子マイク(ジョエル・キナマン)のためにあえて距離を保ってきた。
「お前を守るには去るしかなかった」。
一緒にいても心は通わず、息子は生き延びるために仕方なく父親に従う。

 「ショーン(エド・ハリス)が迫って来る。お前の家族も危ない」。
父親として認められるために、全力で息子を守る。
「お前は人を撃つな、俺と違う道を生きろ」。
離れ離れになった家族、罪のつぐない…。

 過激アクションに加え、ヒューマンドラマも楽しめる、
“今月の二人のシアター”に選んだ映画は、“ラン・オールナイト”。
さぁ、全編がクライマックスと言われてるこの映画、観ませんかわたし達と一緒に。

いくぶん足早になった君。
[PR]
by shizuo7f | 2015-05-30 17:09 | 映画 | Comments(34)