<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2009年 幸せページをありがとう♪

f0175804_1033025.jpg
 「乾杯~!」。みんなの声をぴったり合わせ、思い思いのグラスをカチ~ン。 
我がお嬢さまの「ハッピー・バースデー」、そしてわたし達の「結婚☆記念日」、そしてもう一つ!そう今年の幸せに感謝する、「家族de忘年会」。
今の不景気世相を反映、みんなまとめてのファミリーイベント。「やっと都合があったね」という事で、わたしの仕事納めだった3日前に開催~!
あれもこれもとちょっぴり欲張りな夜を過ごしたのです。 

f0175804_10335688.jpg
 
f0175804_10343970.jpg
「ねぇ、何処がいい?」「やっぱりあのお店かな」。今月誕生日を迎えたお嬢さま、当然のように会場選択権を持っています。
妹お嬢さまの誕生日を祝った9月、姉妹揃ってお気に入りのお店に。

 みんなの笑顔と楽しいお喋り、目の前のご馳走を一口食べては一段と弾む話題。
今年を締めくくるかのように、この一年の幸せページを更に一枚追加したのです。

              

 今年もあと残りわずか。いきいき過ごせた幸せの一年。
そんな今年に感謝しながら。。。
いく年を振り返り、来る年を心待ちに迎えたいと思います。

f0175804_1039874.jpg
 春。「うわぁ~、綺麗!」。園内はチューリップ一色。「♪あか しろ きいろ どの花見ても綺麗だな~」、思わず口ずさんじゃったね。

f0175804_1040430.jpg
 初夏。行ったね~、歴史探訪・西日本の旅。歩いた情緒ある石畳、日傘を手に楽しかったね。
そして萩の町の散策。旧萩城の城下町、武家屋敷が軒を連ねていたね。その脇には小さな水路、鯉が気持ちよさそうに泳いでいたっけ。

f0175804_104043100.jpg
 
 夏。眩しい木々の緑、姿が見えない小鳥のさえずり、しぶきを上げる白い噴水、水面に浮かぶ熱帯スイレン。
すべてが一枚のキャンバスに描かれ、その中でくつろぐわたし達。まさに都会のオアシス、名古屋の真ん中「ランの館」、暑い夏だったね。


f0175804_10413820.jpg
 
 そして、明治村。静かな森にたたずむように建つ洋館。日傘をたたみ、あの時はいくぶん足取りが軽くなったね。

f0175804_1042494.jpg
 
 晩秋。二人のお気に入り街道、ぶらり散策をしながらお店をのぞいたね。
秀吉が「楽市楽座」を敷いた風情あるレトロスポット、琵琶湖ほとりの黒壁スクエア。

f0175804_104318100.jpg
 
 一段と深まる秋、紅葉の香嵐渓。カメラを構えるひと達、腕組み歩くカップル。散りゆく紅葉を精一杯楽しんだね。
オレンジに透ける青空、幻想的な雰囲気が素敵だったよ。

 
f0175804_10443263.jpg

 何と14本!今年もいっぱい観たね~、「二人のシアター」。
地球が静止する日、少年メリケンサック、チェンジリング、レッドクリフ PartⅡ、GOEMON、天使と悪魔、ハゲタカ、劔岳 点の記、ハリー・ポッターと謎のプリンス、サブウェイ123激突、ディア・ドクター、さまよう刃、沈まぬ太陽、2012。
 
 観終わった二人、勿論いつも映画評論会。いつまでも話しが尽きず、家に帰っても、大盛り上がり。映画って本当に面白いよね~。

f0175804_10534129.jpg
 「じゃぁ、久しぶりに行く?」「いいわね~」。
いつものこと、即決した二人の行先は南フランス「コート・ダジュール」。スポットライトを浴びながら、高級リゾート地でのヴァカンス。
♪ここにいるよ愛はまだ ここにいるよいつまでも~。中島みゆき、また行きたくなっちゃたね。

f0175804_10591787.jpg みぃちゃんとたっくん、今年もいっぱい遊んだね~。
美味しかった、「たこ焼き屋さん」パーティー。
店長のパパ、アシスタントのママ、「いらっしゃ~い」。アツアツ鉄板をのぞき込み、「まだかなぁ~」て。









f0175804_1104957.jpg
 ゴールデンウィークの動物園。
たっくんはママに抱っこ。みぃちゃんはパパと手をつなぎ、池のほとりをぐるり歩いたね。
 
f0175804_1115567.jpg
 青いきかんしゃトーマス号、夢をのせて快走だぁ~!
先頭に乗るみぃちゃんは、じぃじを見つけすまし顔。暑さもわすれ遊んだね、楽しかったキッズタウン。

f0175804_1133825.jpg
 ♪トントコトン、トントコトン。打ち鳴らされる鼓隊のリズムに乗って、高くかざした両手がキラキラ。
青いスカートが右に左に可愛く揺れ、足でリズムをとるみぃちゃん。観衆の視線をいっぱい浴びたね~、ちっちゃなチアガールさん。

f0175804_1152538.jpg
 まるで春の陽射しのなかを舞う蝶のようです。明るく元気な年長組さんの鼓隊、可愛く軽やかな合奏がまだ数日前のことのようです。
可愛かったよ、みぃちゃん、よかったねたっくん。ママもパパも、ばぁばもじぃじもみんな目を細めて観ていたよ。

f0175804_1163945.jpg
 
f0175804_1192100.jpg
どこへ出かけるにも、クルマにウォーキングシューズを持ち込む我が奥さま。
緑豊かな公園を通りかかると、「20分程歩いていく?」って気軽に二人でウォーキング。もうこのスタイルが当たり前になっちゃったね。
真っ青な空に、白い雲がふわふわ。池のある公園を歩くのって気持ちいいよね。

 いつもどんなときでも、奥さまに「ありがとう」「嬉しいよ」と感謝を伝えるわたし。夫婦なのに可笑しいですか?こんなわたし。
黙って心で感謝すればいいことかもしれません。でもつい言っちゃうんです。

 結婚以来ずっとそうしてきたわたしに、嬉しそうにうなずく奥さま。だから嫌とは思っていないと、勝手にそう思っているのです。
きっとこれからも、ずっと言い続けると思います。

f0175804_11121072.jpg
 まもなくやって来る新しい年。その前に今年の幸せに感謝して、「ありがとう」。
この幸せのページが来年もいっぱい続くことを願って、静かに来る年を迎えたいと思います。

 皆さまにとって、来年も素晴らしい年でありますように。良い年をお迎えください。
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-29 11:31 | その他 | Comments(52)

楽しいな!みんなでクリスマス  &ありがとうの葉書♪

f0175804_2361118.jpg
 
 「む~かしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました」。
紙芝居の読み手は年長組のみぃちゃん、聴き手は勿論ばぁばとじぃじ、そしてきょうはおばちゃまも一緒です。
まるで初めて聴くおとぎ話のように、三人して聴き入ってしまいました。「みぃちゃん、上手にお話し出来るね」、嬉しそうににっこり顔で返してくれました。

f0175804_239017.jpg
 
 「さぁ~、サンタさんケーキ食べる人!」「はぁ~い」。ちっちゃな手が一斉に挙がりました。
数日前この日のために、町のケーキ屋さんに飛びっきりを注文したんです。
甘いお菓子のサンタさんが載っています。「みぃちゃんはお顔!」「たっくんは足~!」、それぞれ仲良く半分こ。じぃじも食べたかったな~。
「真っ赤ないちご、甘いかな?酸っぱいかな?」、ちびっ子達の目がキラキラ輝いています。
ショートケーキしか駄目な我がお嬢さま、きょうは楽しみにしていたようです。「美味しいね!」「甘さ控え目、柔らかく上品な味ね~」、大好評です。

f0175804_2395455.jpg
 
 「わぁ~い!ブーツのお菓子だ~」。たっくんはキリンさんの色、みぃちゃんは大好きなプリキュアピンク。
「中のお菓子、なんだろうね?」ママから言われています、「お菓子は明日よ」って。お利口さんですね~、ちゃんとママの言うことを聞いています。大事そうに抱えるたっくん。本当は開けたくてしょうがないんです。
わたし達が子どもの頃も、こうして貰ったんです。嬉しかった記憶が蘇って来ました。

 ママから聞いたお話し、なんだか胸がジ~ンと熱くなりました。
数日前のこと、お菓子のグミを半分残し「ばぁば達が来たらあげるの」。自分が食べたいのを我慢して、ママに預かって貰っていたようです。
「ハイ、ばぁばどうぞ」ちっちゃな手で2個、ばぁばの手のひらに。今度はじぃじに1個。
そして、自分の口に1個。思わず噴き出したばぁば。「そうね、たっくんも欲しいよね」。
みんなで爆笑。でもその優しい気持ち、嬉しいよ。ありがとう~、たっくん。

f0175804_2312281.jpg
 
 骨折して走り回ることの出来ないたっくん。ママやおばちゃまにずっと抱っこです。怪我したお陰で、ママに思いっきり甘えられご満悦。退屈しないよう、ママが作ってくれました。わ~い、新幹線やパトカー!くるくる走り回って、格好いいね~。電車やクルマが大好きなたっくん。パパもちっちゃいとき、やっぱり大好きだったよ。遊ぶ仕草は親子そっくりですね~。まるで我が子を見ているようです。

 「ねぇねぇ~ばぁば、お買いもの遊びしよっ!」。みぃちゃんがばぁばを誘っています。「いらっしゃ~い!」「100円でくださいな」。レジ係りはみぃちゃんです。お札や硬貨もいっぱい、楽しい買い物遊びです。双六のように罰ゲームもあるんです。じぃじはお客さんにもならず、ずっとカメラマン。みんなの動きに大忙し、でも楽しいな♪

f0175804_23124997.jpg 
 「さぁ、ランドセル背負って行ってきま~す」。
側にあったお買いものバスケットを背負ったみぃちゃん。
発想がユニーク、感心しちゃいますね~。なんでも遊び道具になります。その可愛い仕草にカメラのシャッターを何度も、カシャ!カシャ!







f0175804_23132521.jpg
 「お腹も空いたし、食事にしようか」「いっただきま~す!」。
ほらみぃちゃんの好きな唐揚げも、たっくんのすきなたまごも。みんなで食べると美味しいね。
いつもは走り回るたっくん、この日はちゃんとお座りしたまま。

f0175804_23135328.jpg
 
f0175804_23141990.jpg

 クリスマスのちびっ子二人。いろんな表情を見せてくれました。
取って置きの写真がいっぱい撮れたよ。白い歯を見せ笑っている顔、はしゃぐ表情、お澄まし顔、真剣なまなざし、キラキラ輝く瞳…。
どの顔もいつも以上に可愛いよ。楽しかったクリスマス会、また一緒に遊ぼうね~♪



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
みぃちゃんからの嬉しいありがとう♪  ≪後述談(27日追記)≫

f0175804_1344594.jpg

昨夜のことです。ポストに配達されていたんです!

「きのうは おいしい くりすますケーキとごちそうとおかしありがとう! …みなより」
色とりどりの可愛いハートマークが、文章の合間のあっちにもこっちにも。
宛名書きの表面には、あのサンタさんや真っ赤ないちごが載ったケーキも。

じょうずに書けたね、みぃちゃん。
嬉しくて何度も、何度も、みんなで読み返したよ。
みぃちゃん、ありがとうのお手紙嬉しいよ。ありがとう~♪

f0175804_13455937.jpg







早速、我が奥さまばぁば。
みぃちゃん宛てに返信メールをしてました♪
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-27 13:58 | Comments(48)

今年の疲れは今年のうちに

f0175804_555093.jpg
 サバンナで獲物を追うライオンなどのハンティングシーン。
我が奥さまは目をそむけます。「もう終わった?」の言葉に、「うん終わったよ」といたずらをするわたし。
真っ赤な生肉をむさぼるシーンが目の前に。「きゃぁ~、駄目!」。側で笑うわたし。

f0175804_5555656.jpg
 そんな弱肉強食の凄まじい映像を観ることがあります。逃げまどう獲物、自然界で生きていく為の闘い。
百獣の王ライオンでも、その瞬間はかなりの緊張なんだろうなと想像します。
今年春、孫ちびっ子達と出掛けた動物園。あの檻の中のライオンは、決まった時間にご馳走が。ハンティングをしないので、逆ストレスがたまり疲れてるかも。

f0175804_5575454.jpg ライオンに限らず敵と戦った緊張状態後の動物は、静かな場所で必ずからだを休めるそうです。物言わぬ動物であっても、リラクゼーションを自然に身につけているとか。そんな話しを数日前、会社の健康情報で知ったのです。

 ところがわたし達ヒトはどうでしょう。このような動物たちのように、うまくリラックスしているでしょうか?ちゃんと休息や趣味などでストレス解消しているでしょうか?そう問われました。「んん~、そう言われると…」。自信がなくなりました。
自分の知らないうちに、ため込んだ複雑な過剰ストレス。心とからだは、もう凝り固めてしまっているのでは。ヒトは意識的にほぐさないと、解消出来ないそうです。

f0175804_5581732.jpg
 今年の疲れは今年のうちに。年の瀬を迎えた師走の今こそ、心もからだも完全リセットしたいなと思うのです。
今年一年頑張って来た今、からだも心もリラクゼーションを求めていると思います。方法はいろいろあるそうです。誰もが知っているヨガ、禅、めい想。これらには優れたリラクゼーション効果があるとか。

 又、入浴や音楽を聞く、気持ちのいい場所でくつろぐなど自然の行動の中にも、リラクゼーション効果があるそうです。何でもいいと思います。意識的にリラックス達人に!そう思います。

f0175804_559549.jpg
 リラクゼーションのひとつ睡眠。その主な目的は脳の休息。「ヒトは脳のために眠る」と言われているそうです。ぐっすり眠ることの出来るよう、神経を少しずつ休めていく明るさ(暗さ)・静けさ・音楽・香りなどがリラックスにいいとか。又、寝る前の家族との団らんをした人の多くが、良い眠りを得られているそうです。

 今年も残すところ後10日。自分なりのリラクゼーションを再発見し、今年の疲れは今年のうちに取ろうと思います。
さぁ明日は楽しいイベントが待っています。きょうも一日、元気に働くことにしましょう!行って来ま~す♪
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-22 06:12 | 健康 | Comments(46)

これで安心だね

f0175804_12163329.jpg
 ウィ~ン。かすかな音とともに、軽々と重い車体が持ち上がりました。さすが機動力を発揮、いとも簡単一瞬のことです。
街路樹の枯れ葉が吹きこむタイヤ交換ピット。思わず、「うう~、寒っ」。行きつけのスタンドは冬タイヤ交換を待つクルマがずらり。
「明朝は初雪が予想されます」の天気予報に、慌てて昨夜駆け込んだのです。あんなに余裕があったのに、土壇場の交換になってしまいました。

f0175804_12172191.jpg 赤々と燃えるストーブ、やかんから吹きあがる湯気。
思わず両手を火元にかざしちゃいました。暖冬と言われ、あんなに暖かかったのが嘘のようです。この寒さ、数日前から一気に真冬モードです。

 わずか数枚となった日捲りカレンダー、例年どうりの寒さはやっぱりちゃんと来るんですね。

f0175804_12183220.jpg
 今は使用禁止になったスパイクタイヤ。アスファルト路面を痛め、又粉じん問題も。これらを解決する為に開発されたスタッドレスタイヤ、この冬タイヤは優れもの。その名の通りスタッド、つまりスパイクが無いタイヤなんです。雪や氷水をこの深い溝へ導き、滑りづらい状態を作っています。まさに魔法の溝なんです。

 いち早く販売開始したのがミシュランといわれています。そうあの三つ星レストランで知られる、「ミシュランガイド」発行の会社です。
たまたまわたしの冬タイヤもミシュランです。

f0175804_12191064.jpg
 
f0175804_12193290.jpg
「うわぁ~、真っ白。初雪よ!」、今朝の奥さまの第一声。天気予報は大当たり。
土曜日の今日、一緒に雪道を走る予定なんです。「何とか間に合ってよかったね」がわたしの返した言葉。これで安心して走ることが出来ます。

 庭に咲くパンジーやデージー、シクラメンなどが白い雪にすっぽり。
奥さまといつも歩く公園、ここもすっかり景色が変わっていました。
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-19 12:25 | その他 | Comments(46)

♪みんなあつまれ音楽会

f0175804_19404722.jpg
 春の柔らかな陽射しの中、青く澄んだ大空を舞う蝶のようです。明るく元気な年長組さんの鼓隊、可愛く軽やかな合奏がいま目の前に。
確か運動会のときは、ブルー衣装のチアガール。てっきり今日の音楽会もそうとばかり。ところが後で聞いたら、みぃちゃんは真っ赤なベレー帽、♪トントコトン、トントコトンと打ち鳴らす小太鼓だったんです。さすが我が奥さまばぁば、オペラグラスでしっかりウォッチ!
「銀河鉄道999」「陽は、また昇る」、もう堪らなく可愛い~。

f0175804_19414182.jpg 
f0175804_19421888.jpg


 沢山撮った写真も、「ここよ」「こっち」と指さしぜ~んぶ正解。おんなじ衣装の年長さん、わたしにはみんな似たように見えちゃいます。
観客席に座る大勢の若いママやパパ、ばぁばやじぃじはステージの我が子我が孫に熱い視線を注いでいます。
「みんな可愛いわね~」「そうだね」、写真を観ながらも興奮の余韻に浸るわたし達。

f0175804_1943889.jpg
 二人のちびっ子達を幼稚園へ送り出したお昼のひと時、お嫁さんと奥さまは久しぶりに仲良く外食をしたのです。
「楽しかったわ~」「よかったね」。話しの中身までは聞かなかったのですが、楽しかった様子を知ってわたしまで嬉しくなりました。
幼児期の子育てなどについて、先輩ママの奥さまとアレコレ話しをしたようです。数10年前のわたし達の子育てが蘇ってきました。

 そんな日の夜、電話のベルが鳴ったのです。受話器で話す奥さまの表情で、ハッピーな話題でないことは直ぐに想像できました。
「ええ~、たっくんが骨折!」。どうやら元気さ余って、部屋でスッテンころり転倒したようです。楽しみにしていた音楽会3日前の夕方のことです。
「痛かっただろうね」「泣いてたみたいよ」、怪我の程度を案ずるばぁばとじぃじ。よりに寄って音楽会の前とは、しょうがないね。

f0175804_19442476.jpg
 いよいよ年少組さんの始まり、始まり~。ステージまん前に一人だけ椅子に座るたっくん。直ぐに見つけることができました。
先生の優しい計らいでこのような形になったのです。この日の為にずっと練習してきたもんね、よかったねたっくん。ママもパパも、ばぁばもじぃじもみんな目を細めて観ていたよ。上手に歌ったね。しっかり練習したことがわかったよ。
「♪動物メドレー」動物園へ行こう・森のくまさん。赤い帽子に黄色の衣装、格好よかったよ。

 そう言えば、「幼稚園の音楽会、あのときは骨折したんだよね」って、大人になってもずっとそんな会話をすることでしょう。
思い出に残る音楽会になったね。
 
f0175804_1945238.jpg
 
f0175804_19493737.jpg
 プログラムは続きます。どの子も誇らしげに、明るくリズムを取って。「君の瞳に恋してる」「アメリカンパトロール」、真ん中でピアニカを奏でるみぃちゃんの表情は真剣そのものです。とても幼稚園児とは思えません、出来るものですね~。感心しながら見入ってしまいます。

f0175804_19502160.jpg ばぁばに寄り添うみぃちゃん。ご褒美のお菓子を手に嬉しいね~。
おや、たっくん、ステージ上の神妙な顔つきと随分違いますね~。
帰りにみんなで食べたお昼、ママと何を笑っているのかな。

 素晴らしい音楽会、とっても可愛かったよ。来年は一年生のみぃちゃん、たっくんは年中組さんだね。ありがとう~、素敵な一日を。
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-16 20:02 | | Comments(38)

ザ・たまごかけご飯

f0175804_17294614.jpg
 「大っきいね~」「本当!立派だわ」。手にしたら、何とズシリ重い真っ赤なたまご。
ドライブに出掛けたわたし達、立ち寄ったお店で偶然見つけたんです。
「久しぶりに、食べたいな」「美味しそうね~」。
こんな会話で二人がすぐさまイメージしたのは、そうたまごかけご飯。熱々の炊きたてご飯に、生たまごを割り醤油を少々。

 顔を見合わせ、「これ3パックください」。ご近所さんにもとお買い上げの奥さま。日ごろスーパーで見かけるLサイズの1.3倍はあるでしょうか。

f0175804_16403841.jpg
 食べ過ぎを気にしながら、可愛く盛られた熱々ご飯。さぁ~究極の栄養食、たまごかけご飯です!
新鮮たまごの証明、キラキラつやつや、箸で持ち上げてもつぶれません。今日はシンプルに醤油以外何も入れません。
ササッと箸でよ~くかき混ぜ、「いっただきま~す!」。日本人でよかったっと幸せ指数は一気にピーク。
「明日は納豆といっしょってのはどお?」「いいね~」。

 ご飯にたまごを1個プラス、これだけでアミノ酸スコア100の抜群たんぱく源に早変わり。
昔から食べてるたまごかけご飯。美味しいだけでなく、実は究極の栄養食なんだそうです。毎朝1個の朝たま習慣がいいそうです。

 最近は余り見かけなくなりました。ひと頃旅館などでの朝食たまごが当たり前のように。温泉などにつかって、のんびり遅めの朝食。決まってお膳には生たまごが付いていました。「お代わりお願いしま~す」。小さい茶碗でしたが、2~3杯は軽く食べました。

f0175804_1641712.jpg ご飯の上にポンと割るだけのたまごかけご飯。
これって料理なんかな~。「そうじゃないよ派」が多いかも。調べてみたら微妙です。
簡単なんで料理じゃないと結論付けるのか…。でも高級料理の逸品、生魚を切っただけの刺身。これは日本料理として世界的に認知、完全なる料理のひとつとされています。

 栗原はるみさんによって、外国人向け料理書『ジャパニーズ・クッキング』で、たまごかけご飯を紹介しているそうです。ここではれっきとした料理として扱っています。まぁ~、どっちでもいいや。




f0175804_16414538.jpg
 ♪うす紅色のシクラメンほど まぶしいものはない~ 恋する時の君のようです…。

カウントダウンが始まっている師走の街。間もなくやって来るクリスマス。今年は孫ちびっ子と過ごす予定です。
奥さまとお嬢さまと三人でケーキも予約、みぃちゃんやたっくんは喜んでくれるだろうか。それ以上にはしゃいでいるばぁばにじぃじ、それにおばちゃま三人。たまごかけご飯で栄養つけたし、静かにその日を待つことにしましょう。
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-13 17:12 | 食事 | Comments(42)

2012

「まだ上映してるかしら?」「あの世界終末の映画?ええ~と2012!」。
そんな会話から始まった今月の「二人のシアター」。現実に起こるとしたら恐ろしい事です。そんなこと起こらないから、仲良く安心して観ることにしましょう。

 公開されてからもう2週間も経った土曜日、いつものシネマは多くのカップルで未だにごった返していました。後で知ったんですが、全国ロードショーのスタート日の11月21日は、このストーリーの3年後世界終末日なんです。

f0175804_2153333.jpg
 古代マヤ人が記した「マヤ暦」2012年を舞台に、その終末世界と人類が生き残れるかどうかを描いた映画。あの 「インデペンデンス・デイ」「紀元前1万年」を作ったローランド・エメリッヒ監督による超大作です

 このわたし達が暮らす地球。信じられない滅亡がもう目の前!なすすべもない恐怖、信じられない巨大災害から逃げまどう人々の姿。
ミシッ!ミシッ不気味な音を立てて割れる地面。スクリーンいっぱいに大音響とともに、大地震、火山噴火、津波など最新のCG技術が駆使され、迫力映像が続きます。このような映画をディザスター・フィルムと言うそうです。直訳すると災害映画とも。そうそう、ひと頃言っていたパニック映画ですね。

「最後の決断と行動、家族や友人との別れを静かに綴り、感動を呼ぶ。科学的にはあり得ない描写もいくつかあるが、それを含め、観た後で大いに会話が弾むエンターテインメント大作だ」との映画評にまったく同感とうなずきました。

f0175804_21573331.jpg 観終わったわたし達。ジングルベルの曲が流れる街並みを、いつものように歩いたのです。真っ赤な服を着たサンタさん、プレゼント準備でしょうか?忙しそうに飛んでいました。
「もうじきだね~」「そうね、イルミネーションもまた観に行きたいわね」。時間や日にちに追われないよう、の~んびり行こうと思います。

f0175804_21582342.jpg
 偶然!偶然だったんです。映画館を出てブラッとウィンドウショッピングの後、走り出して数分後のこと。
クルマのFMラジオから流れる音楽に、「シッ!ちょっと聴いてくれる」と奥さま。
さっき観た「2012」のエンディングロールで流れていたテーマ音楽が偶然流れたのです。
これも後で調べてわかったのですが、Adam Lambertさんのサウンドトラックだったようです。

f0175804_21585740.jpg 我が奥さまの特技、たった一度聴いただけで!耳の聴き分けが天才的なんです。
俳優さんやアーティストの声をいつも見事に聴き分けます。
いつも以上に興奮して家に帰ったのです。
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-10 22:19 | 映画 | Comments(40)

♪もういくつ寝ると~

f0175804_20464117.jpg
 弾んだ気持ちになって来ました。
♪も~ういくつ寝るとお正月~。口ずさむにはまだ少し早い気がしますが、あっという間にやって来そうです。
それにしても、今年は異例なんです。えっ何がって?いえ年賀状作りのことです。
例年だと会社が休みになり、暮れも押し迫った大晦日の数日前にごそごそ。当然、元旦に配達されてなかったでしょうね。

f0175804_2048560.jpg
 お義母さんにお願いされ、すでに先月半ば作ってあげました。
そんな事もあって、我が家の分も一昨日早い着手。
「この図案にしようと思うんだけど、どうかな~?」「いいんじゃないの。素敵な言葉も並んでいるし」。
という訳で、挨拶の冒頭は「福楽寿」に決定!
そして絵柄は、来年の干支の可愛い寅に。

 そういえばこのわたし、来年はめでたい5回目の年男に。
早いですね~、いよいよ50代ともお別れ。気持ちの上では、48才で年取るのを止めたわたし。
年男とかどうでもいい事なんですけどもね。

 数日前の奥さまとの会話、「還暦祝いどうする?」「ん、まだ考えてもいないよ」。
今年の春先、お義母さんの米寿祝いはみんなでしてあげたけど、たかだか60才程度ではね~。世間の皆さまはどうなんでしょうか?

 そうそう早く着手できた分、差し出す人に手書きのメッセージを。
元旦に束になって配達される年賀状。ポストから取り出し、ゆっくり眺める賀状はやっぱり手書きですもんね。
みかんでも食べながら、書き添えることにしましょう。

f0175804_20485573.jpg
 話しは変わりますが、先日会社用のサンダルを新調して貰いました。
師走の今なので、そのときふと子どもの頃のことを思い出したんです。
お正月になると真新しい下着や運動靴を用意されてたことを。気持ちも新たにということでしょうか。子どもなりに嬉しかったですね~。
風習っていうのか、どこにでもあることなのか、今はどうなのかよくわかりません。

 
f0175804_20383631.jpg
 
f0175804_20385690.jpg
少しずつ迎春準備が整いつつあります。障子の張り替えとかでなく、奥さまのガーデニングのことです。
ここ数年、葉ボタンの寄せ植えを楽しんでいます。


f0175804_20562212.jpg 
 昨年のテーマは紫色を基調とした「大人ぽく!」。
さて来年用となる先日作った今回のテーマは、落ち着いた感じの「シックに!」。
イメージを変えた創作、我が家の「迎春」伝わっていますか?
ご褒美に赤い長靴、奥さまにプレゼントしようかな~。
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-07 21:38 | その他 | Comments(38)

わ~い!紅葉狩り

f0175804_2143560.jpg
 「じゃあ撮るわよ~」。雑踏のような人の波がやっと途切れ、わたしを捉えるようにカメラを構える奥さま。
「上手く撮れたかな~」、直ぐにチェックする二人。写真は真実を写すものとはいえ、それ以上とはなかなかいかないものです。
最近、わたしを撮りたがるんです。今までずっと狙うのはわたし、被写体になったことは滅多に有りませんでした。

 紅葉狩り真っ盛りを新聞記事で知った先週のわたし達、「行く?」って誘ってくれたのは奥さま。「うん、行こう!」と一つ返事で応えたのです。
全国有数の紅葉の名所なんです。愛知県の豊田市、ここ香嵐渓一帯は川岸から山すそを紅の濃淡で染めるカエデが見事!
この日もそんな華やかさを求め、数万人の観光客が訪れていました。勿論わたし達も、その中の一組みのカップル。秋のひと時を楽しんだのです。

f0175804_2151977.jpg
 「やって来たばかりだけど、お茶する」「そうね~、あの茶店なら眺めもいいしね」。
紅葉のトンネルをくぐり、風情のある茶店に。真っ赤に燃える囲炉裏、出された抹茶を戴きながら、甘い最中饅頭をほうばりました。
15分ほど話し込んだでしょうか、わたし達だけの地元ガイドさんのようなお店の女性。昨年は、和服姿でテレビ取材を受けたとか。
そんな二人をカメラ越しに眺め、何だか物凄く幸せを感じました。

f0175804_2155023.jpg
 全国有数の紅葉発祥地、香嵐渓「香積寺」。1427年飯盛城の城主、足助氏の居館跡に創建された曹洞宗のお寺です。
参道沿いから長い階段を休むことなく登りきりました。休日ウォーキングで鍛えたわたし達、こんなところでチャンと成果を出すことが出来たんです。
奥さまの真後ろを高齢のご婦人がついていました。「貴女は凄いわね~、ちっとも休まず登られて」と感心されていました。
そんな様子を眺め、また嬉しくなったわたし。奥さまを見ながら、「凄~い」と褒めてあげました。

f0175804_217960.jpg
 アチコチでカメラを構えるひと達、腕組み歩くカップル。散りゆく紅葉を精一杯楽しんでいる人達、来てよかったと思いました。
オレンジに透ける青空が何ともいえないくらい幻想的です。

f0175804_2175810.jpg
f0175804_2193216.jpg
f0175804_2110111.jpg
 美味しい匂いに誘惑されたわたし達。さっきお茶したばかりなのに、気づいたら手には海苔が巻かれた焼き立てあられ。
熱々を食べながら、紅葉がひらひら散る下を散策したのです。
「来てよかったわね」「うん、来年も来ようね」、約束しました。
[PR]
by shizuo7f | 2009-12-04 21:19 | その他 | Comments(56)