<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

桜田門外ノ変

 安政7年(1860年)3月3日の朝、江戸城周辺は季節外れの大雪。
しんしん降る雪は、辺りの音を消し去り視界を悪くしていた。

 外桜田門と井伊藩邸の距離は、近いんですね~、わずか600m。
ゆっくりゆっくり歩く大名行列を考慮しても、その時間は15分くらいだろうか。
大老井伊直弼の乗るかごを護衛する彦根藩の行列。決して多くはないその供侍たち。

 いつものように上屋敷を発ち、内堀通り沿いに登城したその日の朝。
現在の桜田門交差点となる江戸城桜田門外に差し掛かったとき、あの襲撃事件は起きたのです。
日本の未来を変えた歴史的大事件。そうそれは、『桜田門外ノ変』。

 折からの雪、護衛の供侍たちは雨合羽を羽織り、刀の柄には袋を。雪降るその朝の天気は、
襲撃側に有利なように味方していたのです。

 江戸幕府開府以来、まさか江戸市中で大名かごを襲うと誰が想定しただろうか。
そんなことも彦根藩側の油断を誘ったんだと言われています。

 戦慄の襲撃シーンがスクリーンに映し出されています。それも上映間もなく、いきなりです。
隣りに座る我が奥さま、いつものように両手で顔を覆い目はつむったまま。「もういい?」
「まだ目を開けちゃ駄目だよ」「。。。」「うんもう大丈夫、いいよ~」と小声のわたし。

 そりゃそうですよね、真っ白な雪に辺り構わず鮮血が!井伊の生首が、
まるでゴムまりのように転がるんですから。
殺りくシーンが数分間ずっと続くんです。



f0175804_2023976.jpg 我が家の庭も街なかも、すっかり秋の装いに。
「もう支度出来た~?」「いいわよ~♪」。二人のシアター、わたし達が選んだ今月の映画は、この日公開の『桜田門外ノ変』。

f0175804_2032841.jpg 









 「桜田門外、2枚ください」。チケット売り場のわたし達、購入するときは映画タイトルの一部だけ。それでもいつも通じるんです(笑)。
勿論この日も「夫婦50割引」。
仲良し夫婦はお徳です~♪

 座席は年間指定席のような、やや後方の通路側。おんなじ席は、何だか落ち着くんです。周りを見渡せば、中年カップルがやや多いですね~。

 実は…、この日の数日前に観た男女逆転の『大奥』。このときは、若いカップルや20代女性が。その理由は、そう嵐のイケメン二宮さんがお目当てだったようです。

 『世の中を変えなければ、日本は滅びる』。誇り、希望、苦悩、別れ…、幕末の波に呑み込まれた男たち。
井伊暗殺の指揮を執る関鉄之介(大沢たかおさん)にスポットを当てて、迫力あるストーリーは展開されて行きます。


 『事件に関わった者は大罪に処せ!』。三戸藩主徳川斉昭(北大路欣也さん)の怒り。
処刑されていった襲撃者たち、最後となった関鉄之介もついに斬首。ときは2年後の1862年でした…。

 鉄之助の幼い一人息子、関誠一郎(加藤清史郎くん)。悲しみを必死にこらえ涙を浮かべ、「泣いてはなりませぬ、泣いては…」。このシーンに胸が熱くなりました。

f0175804_20112451.jpg ここ数年来のわたし達、すっかりハマっています時代劇。
我が奥さまのことを世間では、『歴女』と呼んでいます(笑)。

 きっかけは、煌びやかだった『篤姫』、そして『天地人』、『竜馬』。すっかり日曜日の夜が待ち遠しくなったわたし達。

 街路樹は今年もいい感じです。
ワクワクどきどき、まるで胸躍るわたし達を象徴しているようです。
さぁ~、明日は可愛いお客いさま。何して遊ぼうかな♪
[PR]
by shizuo7f | 2010-10-22 20:26 | 映画 | Comments(30)

読書の秋、そして今初めの一歩♪

f0175804_2257759.jpg
 ♪あれまつ虫が 鳴いている チンチロチンチロ チンチロリン。
秋の夜長に、そっとそっと耳を澄ませば、聞こえて来るような気がします。
まつ虫、鈴虫、こうろぎが、賑やかに揃って楽しい大合唱。

f0175804_22575471.jpg 今年の秋はこれまでとチョッと違っています。

 いま始まったばかりだけど。折り目のない真新しい本、1ページ、2ページ…。めくっては読み進めています。

 残業を終えた後のわずかな時間だけど、眠くなるような…、そんな気がしない訳でもないけれど。











 何年振りだろうか、ちゃんと真面目に夜の学習しています。

f0175804_2312652.jpg 「ありがとう~」、いつも早起き、美味しいわたしの弁当作り。朝の早い我が奥さまは、わたしのそばでコックリさん。時々目が覚め、微笑んでいます。

 ずらり並んだ薄い本、厚い本。どれもこれも、知ってたつもり、わかったつもり。

 改めてページをめくりながら、「そうだ!そうだったんだ~」の繰り返し。










f0175804_2332112.jpg 

 わたしの会社でも、毎年実施している人権研修。何度も耳にし、学んだことばかり。

 「セクシュアル・ハラスメント」「パワー・ハラスメント」。













 「差別」や「いじめ」のない、みんな誰もが明るく楽しい暮らし、出来るといいなぁ~。

f0175804_23144213.jpg
 「人権擁護委員を委嘱します」。
緊張を隠せず、やや身を引き締めるわたし。

f0175804_2315180.jpg 一礼の後、両手を差し出し委嘱状を手に。
「この度は、責任ある役割を戴き、身の引き締まる思いです。微力ですが、誠心誠意その任に努めます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます」。
 テレビカメラが回り、広報カメラが構える横で、緊張はマックス。


 少しリラックスしだし、「みんな誰もが、明るく楽しい暮らしが出来るといいなぁ~」。そんな挨拶をしたと思います。

 好きな言葉があるんです。『幸せは香水のようなもの。他人にふりかけようとすると、自分にも2、3滴ふりかかる』。いつだったか、誰から聞いたかハッキリ覚えてはいないけど。

 いつもは出来ないけど、忘れそうになるけど、そんな気持ちで暮らしています。これからも、ずっといつまでも。
[PR]
by shizuo7f | 2010-10-18 23:37 | ボランティア | Comments(36)

わぁ~い!みんなde楽しい運動会♪

f0175804_21111975.jpg
 う、うわぁ~!こ~んなに膨らんだよ。ふわふわ大きなパラバルーン、ちっちゃなちっちゃな年中さん。
みんなで作ったんだよね、赤、白、青のバルーンの中に、輝く夢を閉じ込めちゃったね。

 プログラムナンバー5、『膨らまそうみんなのdream☆』。
「何処にいるのかなっ」「ほらそこよ!たっくんは左から4番目♪」。ママとパパ、ばぁばにじぃじ、必死で追いかけたよ、もちろんカメラのレンズを通してだけど。

f0175804_222033.jpg なんども何度も練習したんだよね、異常に暑かった今年の夏に。

 最初は上手く膨らまなかったかも。みんなが足並み揃え、力を合わせたから出来たんだよ。簡単そうで難しいパラバルーン、3才、4才の年中さんには大変だったんだよね。

 パチパチパチ~、大きな拍手。嬉しいね、よく頑張ったね、みんな感動したよ。







 一年生のみなちゃんは、弟たっくんの応援団長。去年は踊ったんだよね、この運動場で。 

f0175804_2119751.jpg
 先が見えないくらい、ずらり並んだテント村。いつもの運動場なんだけど、すっかり森の中のキャンプ場に。
それにしても暑~い、ばぁばは大変。テントの中でも日傘をさしてるよ(笑)。帽子をかぶり、日焼け対策パーフェクト!

f0175804_21133541.jpg
 「げんきもん」のゲートをくぐり、さぁやって来たよ。音楽に合わせ凛々しい入場行進。
首にスカーフ手にリボン、見ればどの子も晴れやかさん。
格好いいよ~、ちゃんと出来てるよ。随分したんだろうね、行進練習。

f0175804_21223225.jpg
 大好きママと仲良くいっしょ。
でっかいボール、あっちへコロコロ、こっちへコロコロ。
上手だよ、息もピッタシ!真っすぐゴ~ル。楽しいね、面白いね、何度もやりたい対抗リレー。
観てたら、じぃじもやりたくなっちゃった。もちろん、大好きばぁばといっしょだよ。

f0175804_21231661.jpg ♪トントコトン、トントコトン。
リズミカルな太鼓の音が広い運動場に響きます。さすが完璧年長さん、じょうずだね~、立派だよ。

 軽やかに誇らしげに、打ち鳴らされる鼓隊のリズム。いつまでもいつまでも、惜しみない大きな拍手。

 








f0175804_21235191.jpg
 「うわぁ美味しそう~」「どれから食べようかなっ」。
思わず口ずさんじゃったよ、♪あな~のあいたレンコンさん。
朝早く、ママが作ってくれた美味しい弁当。なんと!パンダさんおにぎりも。
みんなで、外で、仲よく食べると美味しいね。残さずぜ~んぶ食べちゃった!

f0175804_21243969.jpg ガサゴソ、ガサゴソ。「んん、たっくん何探してるの?」。
そうか、まだ何か食べたいんだ~。
「ごちそうさま~」をした後に、バナナにりんご、大好きお菓子。
まだ欲しいんだね。

f0175804_21254414.jpg 














 みなちゃん、だ~い好きなんだよね。ずっとずっと前から、そして今も。
いつも楽しく遊んでくれる、世界一優しいばぁばのことが。

 運動会から帰り、我が奥さまからお家で聞いた話しです。
「ねぇ、ばぁば。チューしてる?」「んん?」。ケラケラケラと笑いながら、「じぃじと~」。「なんで~?」「だっていつも仲良しだもん」。さてばぁばは、何て答えたのかな(笑)。

 いつの間にかそんな会話、ドキッとします。
でも嬉しいよ。ばぁばとじぃじの仲良しを、ちゃんと見てるんだね。
これからも、ずっとず~っと仲良しだよ。

f0175804_2127216.jpg
 ちびっ子の可愛い笑顔、堪りません。
感じます、このうえないハッピ~を♪
見てるだけで、そばにいるだけで、幸せ示す心の針がぐんぐんアップ!

f0175804_21273765.jpg
 って言うことは…。大人のわたし達も、見せてあげなくては。有りっ丈の笑顔、これでもかとちびっ子にも。
可愛いちびっ子の笑顔を見てて、改めてそう思ったのです。

f0175804_21283944.jpg カシャ!カシャ!「なに撮ったのかな?」「うまく撮れたかな?」。
興味あるよね~、いつもはモデルにばかりなってるもんね。
「ねぇ~、撮らせて!」運動場でガシャンと落とせば、即故障。でも優しいママは駄目とは言いません。触れることに大満足なちびっ子達。












f0175804_21291788.jpg
 気づかないうちに、「駄目!」「後で…」「早く~」。ちびっ子達に結構言ってる気がします。
ママの対応にちょっぴり学んだじぃじです。

 ばぁばの帽子をかぶったレディさん、何撮ったのかな。
「あらっ、上手に撮れてるわ」。思わず笑みがこぼれたばぁばです。

f0175804_21303758.jpg
 3、2、1、それっ~!ふわふわゆっくり、赤、青、黄色。やっぱり今年も風船飛ばし。フィナーレを飾るのは、やっぱりコレッ!みんなの視線は大空に。
どこまで飛ぶのかなぁ、遠い遠い地球の果てまで飛ぶのかな。
ぼくの、わたしの願いも届け~。
米粒くらいに小さくなって、点になるまで仰いでいたよ。

 さぁ帰ろっ、みんなで仲良く手をつなぎ♪
[PR]
by shizuo7f | 2010-10-14 21:53 | | Comments(42)

優しく囁くように秋の風

f0175804_20472480.jpg
 ♪野に咲く花のように 風に吹かれて~。
楽しそうに口ずさむその歌声。秋の爽やかな風に乗って、後ろのわたしに微かに聞こえて来ます。
その風は身体をそっと撫でながら、心にも優しく優しく、囁くように。

 ほらあそこにも、あっ!こっちにも。花畑には、まるでひらひら舞う蝶のような人の姿が。立ったり座ったり、右に行ったり、左へ行ったり。咲き競うコスモスに集う人達。花と遊ぶ人達、そんな様子を見てるだけで心が和みます。

 赤、白、ピンクが揺~ら揺ら。きょうは日傘もたたんだまんま。一度も開かなかったね。あの暑かった夏の面影、もうまったくありません。 
キュッ、キュッ、キュッ、真っ白なスニ―カ―から時々弾んだ秋の音が聞こえて来ます。

f0175804_2048327.jpg 「あれっ!なんでしゃがんだの?」
「ほら、こうして眺めると」。

















f0175804_2235133.jpg 「うわぁ~、本当だ!」。
目線に見えるのは、何処までも何処までも、い~っぱいのコスモスが。
こうして見るのが一番かも、この公園のベストスポット独り占め。



f0175804_20525183.jpg 「あっちへ行ってみようか!」「そうね~」。少しずつ開き始めた大輪の花、そう秋のもう一つの代表選手ダリアです。黄色に、赤に、ピンクにホワイト…、見事な優雅な、豪華なダリア。

 「ボール咲き」「ポンポン咲き」。咲き方いろいろ名前もいろいろ、ガイドによれば、変わった名前が付いています。ハイチャーミング、絵日記、ミッドナイトムーン、球宴、レッドスター、湖畔の宿、エモリーポール、細雪、紙ふうせん、初孫…。




f0175804_20532956.jpg
 数年前に知ったんだけど、ダリアには何分咲きという表現がありません。敢えて言えば、「何番花」と言うそうです。
同じ株に次から次、順番に花がついていき、一番初めの花が「一番花」、次が「二番花」。そして、三番、四番くらいで全盛だとか。この日はちっくこ可愛いダリアばっかり、多分「一番花」だったかも。

f0175804_20552271.jpg ♪野に咲く花のように 人を爽やかにして~。
考えて見たらわたし達、一年中追っ駆けるように季節の花を。
枝垂れ梅ムラサキツツジルピナス牡丹チューリップ紫陽花…。










f0175804_20561923.jpg
 赤い花は、ストレス解消、活力もりもり。青い花は、心落ち着き、鎮静効果。黄色い花は、食欲増進、頭痛もめまいもバイバ~イ。白い花は、神経安定、穏やかに。 紫の花は、これもストレス解消や鎮静効果。それに、若々しさを保って、潜在能力を引き出す力も。

f0175804_21246.jpg 
f0175804_20575977.jpg
「チョッと休んでいく?」「そうね~♪」。ソーダに浮いた冷たいアイス。この夏はいっぱい食べたけど、今度はチューリップの咲く春かな~。どうかな、冷たいアイス(笑)。

 花を観てると、心穏やかになります。もの言わぬ花だけど、季節の花は元気をいっぱいくれるよね。
今年もいろいろ観たよね、素敵な花を。決して楽しい事ばかりじゃないけど、乗り越えられそうな気がするよね。こんな花を観てると。

f0175804_213920.jpg
 ♪そんなふうに僕たちも 生きてゆけたら素晴らしい 時には暗い人生も トンネル抜ければ夏の海 そんな時こそ 野の花の けなげな心を知るのです。

 また来ようね~、元気を貰いに。
[PR]
by shizuo7f | 2010-10-04 21:12 | | Comments(42)