<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

落語娘

f0175804_22164824.jpg
 「じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょの すいぎょうまつ うんらいまつ ふうらいまつ くうねるところにすむところ…」。

 出来ればそうだといいなっ、「寿限無」。
誰だって願いますよね、終わりのない、限り無い長寿を。

f0175804_22221356.jpg 続く名前は、「五劫(ごこう)の擦り切れ」。
な、なんと!天女が時おり泉で水浴びするとき、
泉の岩の表面がかすかに擦り減って、それを繰り返し、無くなってしまうまでが一劫(こう)。

 なんとなんと、その期間はおよそ40億年。
それが5回擦り切れる…、もう永久です。長い長い時間のことなんです。

 そんなめでたい名前が続きます。
一度は聞いた事がありませんか?落語の中のこの噺(はなし)。

 

 男女共同参画の連携映画祭を観た帰り道。
コーヒーを飲みながら、周りを気にしながらのわたし達。
大きな声は出せません。勿論、立て板に水のようにも言えないけど(笑)。

 「それにしても、よく覚えたわね~」「そうだね、セリフとは言え」。
ヒロイン三々亭香須美(ミムラさん)は、落語に青春をかける“女前座”。

 「二人のシアター」。
観た後のこの日のわたし達、凄っごく盛り上がりました。






f0175804_22174740.jpg
 もう真夏の空です。真っ白な入道雲がニョキニョキもくもく。
あまり記憶がありません、梅雨の空のこんな雲。

f0175804_22183644.jpg やっぱりこの日も。
「行くよ~♪」「は~い、待って~♪」。
楽しむようにせかすわたし、弾む我が奥さまの返事。













 観たのは、こっけい噺、ちょっぴりホラーな部分も。
落語に青春をかけた“女前座”、異端の師匠(津川雅彦さん)。
息もぴったり、二人が織り成す人情ドラマです。

f0175804_22192393.jpg
 爆笑、人情、涙、ほんわか。
あのクライマックスの高座シーン。

f0175804_22232390.jpg
 さすがですね~、惚れ惚れしました。
息のあった師弟の絆を感じました。

f0175804_22241153.jpg ゆらゆらふわり、コーヒーカップから立つ白い湯気。
真夏のような外を見ながら、わたし達、
恋人のように、話し出したら(笑)。

 隣りの席の子ども連れ。
3~4才くらいかな、可愛い女の子。
目があって、黙ってじっと見つめたまんま。
「♪ちょうだい~」「…」。
持ってたお菓子に指差す我が奥さま。





f0175804_22244987.jpg 






 懐くまでにそんなに時間は要りません。
まんまと奥さまマジックに引っかかった女の子。
ニッコリ笑い、持ってたお菓子をくれました。




 こんなやり取りが嬉しいわたし達、いつ頃からかな~。
どこの子も我が孫ちびっ子のように、構わずあやすわたし達(笑)。

f0175804_22304035.jpg
 ひと時、熱いコーヒーを飲みながら。
の~んびり、ゆったり日曜日。
庭には可愛く咲くルドベキアが。
[PR]
by shizuo7f | 2011-06-28 22:35 | 映画 | Comments(32)

優しい心 温かい気持ちで

f0175804_23152267.jpg
 「差別のない明るい社会を~!」「人権擁護委員です~」。
暑さも忘れ、頭を下げて、腰を折り、
配りました、ちっちゃなチラシを道行く人に。
「お疲れさま~」と返してくれる人、無言で素通りする人…。

 梅雨の晴れ間を縫うように、夕方の駅前に立ちました。
学校帰り、会社帰り、買い物帰り、いろんな人が行きかいます。

 「放射能がうつる」。
悲しいです、「いま 助け合わなければならないときに」。
必死にこらえ、苦しさ辛さと闘う子ども達に…。

 訴えました!呼びかけました!
「優しさ忘れず、みんなでこの困難を乗り越えていきましょう!」と。


f0175804_2319649.jpg
 
 「行って来ま~す」「気を付けてね~♪」。
お昼から半日休暇を取ったわたし、行き先は隣町の駅前広場。
梅雨なのに雨が降らない昼下がり。


f0175804_23194642.jpg 「我々は駅前に」「じゃあ、わたし達はお店の前に」。
用意したチラシは1500枚、予定時間はおおよそ1時間半。
「暑いけど、頑張りましょうね~」「そうだねっ」。
励まし合って、声掛けて、協力しあいました。










f0175804_2320282.jpg 「こんにちは~♪」「ご苦労さま~」。
笑顔の呼びかけに、嬉しい労いの言葉が。
優しさ温かさが、キャッチボールのように心の中を行ったり来たり。
やっててよかったボランティア、心爽やかになれる熱い感動が。











f0175804_23214397.jpg
 見る間にチラシの束が。
心配したけど、快く受け取って貰いました。
わたし達の熱意が、気持ちが、通じたんだと思います。

 「俺達ヤンキーだぜっ」と言わなかったけど、
そんなグループに感心しました。
立ってるわたし達に、声掛ける前に、手を出してくれました。
この日一番嬉しかったシーンかも、見た目で人は判断できません。

 そうそう、バージニアに暮らすAzkyさん から素敵なニュースが。
「新しいTシャツを!」に目が止まったわたし。
そのブログで、元気埼玉を運営されているミューさん のことを知ったのです。
被災地の子ども達の夏着に、新品のTシャツを!
そばに居る我が奥さま、「応えなくちゃね~」。

f0175804_23223147.jpg 我が孫ちびっ子の年齢とおんなじ、
小2の女の子と幼稚園の男の子をイメージし準備しました。

 広がるといいなぁ~、優しい心、温かい気持ち。
わたしからもお願いします。

 ミューさん、明日送るからね~♪
[PR]
by shizuo7f | 2011-06-24 23:36 | ボランティア | Comments(42)

知ってるんだね、仲良しだってこと♪

f0175804_15143296.jpg
 「ばぁば、だれのことが一番すき~?」「んん~、ヤマピーかな♪」。
イケメンが大好きなばぁば、ついお気に入りの名前が口から一人(笑)。
そばにいたじぃじを指差し、「ケラケラケラ~」と笑うみなちゃん。
可愛い口をちっちゃな手で押さえ、「じぃじ、かわいそう~」。

 「なにを描いてるのかな?」、ノートを覗きこむじぃじ。
見たらちゃんと仲良く二人、可愛いばぁばと格好いいじぃじが。
「わぁ~、ばぁばのほっぺ真っ赤だね、くるくるつぶらな瞳だね」。じぃじもニコニコ笑っています。

 でも…、これはしょうがない。
何がって?いえやっぱりばぁばが上に、真っ先に(笑)。
みなちゃんは、ばぁばのことがだ~い好きなんだもんね。
いつもそう見えてるんだ、わたし達のこと。ちゃんと見てるんだね、知ってるんだね、仲良しだってこと。


f0175804_15153046.jpg まだかな、もう来るかな~♪
待ちくたびれて、玄関ドアを開けたり閉めたり、この日のじぃじ。

 朝から降っている梅雨の雨、我が家の庭にはしずくをためたルドベキア。
今年も元気にこのように、知らないうちに背丈は70~80センチ。








f0175804_15211361.jpg 「いつも有難う~」。
ママから貰った真っ赤な箱、中身は「父の日」なんだろ~♪

 「身体のことを考えて…」。










 「わぁ~、野菜スィーツ!」。

f0175804_15251675.jpg トマト、ニンジン、ほうれん草…。
ちょこんと乗って、中に隠れた思いやり。

 ベジタブルなスイーツ、「身体に優しいケーキがいいかと思って」。











f0175804_15262631.jpg 「ありがとう~、みんなで揃って食べようか♪」

 「いっただきま~す!」。

 有難う~、嬉しいよ。「父の日」優しい思いやり。
それに、可愛いちっちゃなお客さま付き。








f0175804_15283165.jpg
 「じゃぁ、もう一回ね!」。
みんなの前で歌いながら、踊るみなちゃん。

 ♪マル・マル・モリ・モリ みんな食べるよ ツル・ツル・テカ・テカ 明日も晴れるかな~ 

f0175804_15294298.jpg
 ♪大きくなったらお空に声がとどくかな いつまででも一緒だよ!
みなさんグッナイまた明日 朝ご飯はなんでしょね?

 上手だね~、可愛いよ。
やっぱり踊り好きなとこ、ばぁば似だね、いっしょだよ。


f0175804_15303562.jpg 「ねぇねぇ、ママちゃんと書いてね~」。
2つ、4つ、3つ…、四角の中に黒いマル。なんだろうね~、なにするの?

 書き終えたママ、メモ見て「はい、スタート!」「2、4、3、5、6、4、1…」。










f0175804_15332384.jpg 「ストップ!」「は~い10秒!」。
なんと、20桁の数字をスラスラしっかり見事に暗記。
それも早口スピードあげて。






f0175804_15344732.jpg 




 「パチパチパチ~、凄~い、たっくん!」。
何度も何度も練習し、覚えたんだね~。

 みんなの前でちょっぴり自慢、得意顔。
やっぱりたっくんは天才だ~。

f0175804_15362112.jpg 











 ちびっ子の可愛いふとしたこの瞬間。
何気ないしぐさや行動に、心打たれるときが。
本当なんだぁ、子どもって…。
まるで天使です、無邪気な表情、可愛いなぁ~。

 子育てはそりゃ大変。迷い、悩み、思いどうりにならない時も…。
でも、その何倍も、何倍も、大きな幸せ感じさせてくれる子ども達。

 無邪気な子どもに感謝して。
そんな思いで育てられたんだよね、子どもだったわたし達も。いま改めて、そう思います。

 そしていつかまた、「あの時こうして…」。
大人になったちびっ子達二人に、思ってくれるその時が来るんだよね。

f0175804_15392123.jpg
 本読みスラスラ感情込めて。
ますます上手に読めるようになったね~。
優しいみなちゃん、ばぁばもじぃじもだ~い好き!
このまま大きくなっていって欲しいな。
 
f0175804_15395996.jpg
 でんしゃ大好き運転士さん。カチカチ素早くマウスの音が、画面はもちろん北勢線。
慣れたもの、もうすっかりパソコン操作。

f0175804_1541883.jpg
 「ねぇみなちゃん、お友達の名前教えて~」「ええっとね~」。
黙ってジッとペン先を追うじぃじ。「ことね、まいは、こころ、もか、みずき、えりか…」。

f0175804_15422328.jpg きらきら輝くティアラを付けて、両手を広げたみなちゃんの周りにはびっしり名前が。どの子もみんな可愛い名前、素敵だね。

 そうか~、クラスのみんながお友達なんだね。
楽しそう、じぃじも行きたいなっ、ランドセル背負って。
駄目だよね、椅子も机もちっちゃいから(笑)。

f0175804_15431498.jpg 




 また遊ぼうね~♪ 
ばぁばとじぃじとみんなして。


f0175804_1673691.jpg 














 「父の日」、二人の我がお嬢さまからも~♪
[PR]
by shizuo7f | 2011-06-19 16:38 | | Comments(42)

パイレーツ・オブ・カリビアン-生命(いのち)の泉-

f0175804_20112549.jpg 「遊ぼう~」「なにして遊ぶ?」
「んん、じゃあ、海賊ごっこしようぜ~」。

 放課後の校庭に集まった仲間の頭には、お母さんに貸して貰った風呂敷が。 いや違うんです、カッコいいターバンのつもりだったんです。

 ぶん盗った財宝、金貨、いっぱい詰まった宝箱。ざくざく、キラキラ俺のもの。
「さぁ野郎ども、乾杯しようぜ~!!」。

 …と言ってたかどうか。あの時の子どもの頃の海賊ごっこ。
楽しかった事だけは覚えています(笑)。

 スクリーンに映った海賊ジャック(ジョニー・ディップ)を見て、一瞬だけど、なぜか思い出したのです。わたしがまだたっくんのように、そうやんちゃな少年だった頃のこと。 
 
 「ジャック、あなた知ってるわね?生命の泉のありかを」
「悪いが一体なんの話しだ?」「泉を見つけろ!」「なら船を!」。

 永遠の生命を手に入れようと“生命の泉”へ。
史上最恐の海賊黒ひげと海賊ジャック・スパロウ。
そして以前愛した女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)。
揃ってみんな、いま呪われた航海へ…。

 今月の「二人のシアター」。
観たのは、「パイレーツ・オブ・カリビアン-生命の泉-」。
あの時以来のジョニー・ディップです。




f0175804_20141330.jpg 爽やかな風吹く昼下がり、梅雨とは思えないほど。

 お出掛け日和、デート日和、勿論お相手はこの日もいつものあの彼女♪

 庭には今年も咲いてます、黄色が鮮やか
リシマキア

 例によってこの日もやっぱり、「行くよ~」「待って~♪」。
急いだのです、ワクワクどきどきしながらわたし達。



f0175804_20164745.jpg 

 「パイレーツ2枚!3Dメガネは持ってます」。
そうなんです、きょうは迫力満点3D。もうすかりお馴染みに。











f0175804_20172923.jpg 上映までにチョッと時間があったので、1話、2話、3話…。ロビーで座って我が奥さまから、事前のショートレクチャー。
奥さまが観たのは、数年前にWOWOWオンライン。

 強気の映画パイレーツ。やっぱりあの「アバター」を上映した劇場4、大きなスクリーンの部屋でした。

 吹き替え、字幕、合わせて一日9回も。
周りは少年少女家族連れ、若いカップル達。そして、わたし達のようなシニアカップルも。

 いつもは字幕のわたし達。この日は敢えて吹き替え版。何故かって?
夢いっぱいのディズニー映画。迫力満点3Dだし、映像に専念したかったのです。



f0175804_20241748.jpg
 さぁ4年ぶり第4弾のシリーズ!始まり始まり~。
キャプテン・ジャック・スパロウ、あの永遠の生命をもたらす“生命の泉”を探す旅。野望と裏切りが荒波のように、人魚シレーナ、若き宣教師フィリップ。この恋は叶うのか…。

 これでもかと仕掛けられた罠と謎。
このページを括って、いっしょに探検に行きませんか?わたし達と。
じゃあ、岬で待ってます♪

f0175804_2025947.jpg
 エンディングロールまでジッと座ってわたし達。
得しちゃいました、「えっ!おまけのアンジェリカ」。

 あのジャック・スパロウを翻弄させた女海賊。
多彩ですね~、その演技、さすがオスカー女優。

f0175804_20255744.jpg 目を擦りました。
我が奥さまのその後ろ姿、なぜかアンジェリカに見えました。追い掛けないでジッと後ろにいたわたし(笑)。
[PR]
by shizuo7f | 2011-06-14 20:37 | 映画 | Comments(32)

やっぱり感動♪ “VOCALIST & BALLADE BEST”

f0175804_2232228.jpg
 カシャ!カシャ!カシャ!ライブ直後のごった返すロビー。
いつもの光景このシーン、やっぱりこの日も激写シーン。
撮ってるところを撮るわたし、ロビーが熱いファンの群れが。

 「やっぱり好きなんだなぁ~、徳永が」「あったりまえじゃないの~」。
そばを歩いて行った若いご夫婦らしきカップルの会話。
わたしには聞こえなかったんだけど、我が奥さまが偶然キャッチ。

 同伴の女性に言われたんですね、その男性。
「ファン心理を知らないのにも程がある」と言わんばかりに(笑)。

f0175804_22371617.jpg 余韻冷めやらないうちの幸せシーンです。熱唱する徳永さんの歌声がまだ耳に残ったまま、押し合いながら必死に撮っています。

 家に帰ってみんなおんなじ写真を眺めているんだろうなぁ~。
でも撮ってるところのこの写真、たぶんそれはわたしだけ。









f0175804_22331266.jpg もう2カ月、早いですね~。
この日のチケット手に入れたのは、あれは…、サクラ咲く4月の始め。

 「もうじきだね~」「そうねっ♪」。
この間何度言ったかな、楽しみながらわたし達。嬉しそうなその顔を見るだけで、もう大満足だよ。







f0175804_22343310.jpg やっぱりこの日も。後ろから眺めていると、段々足早に。
そりゃそうだよね、待ってたんだもんね。
気づかぬうちに、身体は、足は、正直です(笑)。








f0175804_22354682.jpg
 クルマの中ではもう始っていたんです、熱唱する徳永さんの車中ライブが。
徐々に盛り上げ、会場に座ったとき、感動が、幸せが、ピークに。

 ♪あの頃の一枚の写真の中に 手をつなぎ笑ってる 君と僕がいた
でも何故なんだろう思い出は 君の泣き顔ばかり… 

徳永さんの26枚目のシングル『青い契り』。もう何度聴いただろうね。

 でも目の前で、ステージで、熱唱するこのシーンがやっぱり一番。
黙って目を閉じ、うっとり聴きいる我が奥さま。
隣りにわたしが座っていないほうが、一人のほうがよかったね、ごめんね。

f0175804_22393228.jpg
 かざすように腕を挙げ、携帯カメラを構えるファンの方々。
その眼差しは、側にいる我が奥さまとおんなじ。
心憎いスタッフの演出です。

 時代、抱きしめてあげる、ハナミズキ、輝きながら、いい日旅立ち、春の雪、卒業写真、青い契り、
壊れかけのRadio…。パネルを目で追いながら、耳元にまた響きます。

f0175804_22403383.jpg 勿論その余韻は、帰りのクルマの中にまで。
よかったね~、また来ようね。
[PR]
by shizuo7f | 2011-06-09 22:50 | 音楽 | Comments(40)

歩こうか、あじさい通り

f0175804_10224040.jpg 「うわぁ~、綺麗!見事ね~♪」
「こんなにも!素晴らしいねっ」。
赤、白、ピンク、それに紫や青も、ズラリ並んでどこまでも。

 あれから一年、思い出すよね、 「紫陽花日和」。
賑やかに華やかに、今年も咲いたよ、こんなに見事にあじさいの花が。

 ひっそりと、陰で静かに佇むように…。
そんなイメージが少しあったけど、
明るいこの咲きっぷりが、やっぱりいいなっ!
心も弾むあじさい通り、こうして二人のんびりと。

 ほら聞こえるよ、「みて、みて~♪」と言ってるように。
うっとりするね、どのあじさいも。











f0175804_10263750.jpg いつものように立ち止まり、やっぱり見たね泳ぐ鯉。

 きらきら輝く水面見て、「うわぁ~、寄って来たわ」。

 並んだあじさい、泳ぐ鯉、また言ったね「うわぁ~」って(笑)。


 販売中止、水辺の自販機、鯉の餌。
「おなかがいっぱいです」の表示ふだ。

いっぱい食べたのかな、大きな口開けパクパクと。


f0175804_10291162.jpg
 来たね~、いつもの公園、チャペルに続く白い道。緑に包まれたこの景色、贅沢にも昼下がりに二人っきり。
周りのどこを見ても、足音だって聞こえないよ。
滅多にないよね、この時季に。

f0175804_10295578.jpg ふわふわ揺ら揺ら、林の中で。

 まるで手から離れた風船のように、ファンタスティックだね~。
なんだかアニメの世界にいるみたい。










f0175804_10323667.jpg あの時も歓声挙げたね、光の回廊、夢のトンネル「華回廊」。姿変え、今こうして仲良く歩く「あじさい通り」。

 あじさいと言えば、しずくをためたあの姿。雨が似合うと思うけど…。
この日の我が奥さまの手には、やっぱりいつものあの日傘。

 あいにくなのか、幸いなのか、この日は6月の紫外線が燦々と(笑)。





f0175804_1033443.jpg
 怪しく、優しく、生き生きと、パッと開いたこのピンク。
羽根を広げたギザギザ緑のこの葉っぱ、葉脈までもが元気よく。

 あの花、この花、梅雨の花…。
今始まったばかり、神無月に咲くあじさいの花。
新種も加わって、約70種類300鉢が並んでいます。

f0175804_10344037.jpg
 
 伊豆の華、墨田の花火、城ヶ崎、マイコ、テマリ、マリンブルー…。
丹精込めたあじさいが、競って、誇って、迫って来ます。

 「綺麗ね~♪」。なんども何度も、ため息交じりに。
眺めるその目が言ってたよ、そう聞こえてたんだ、後ろの僕には。

f0175804_10354595.jpg さぁ、もっと歩こうか、可愛い花観て、手を振って♪

 「夏の花、どうしようかな…」「そうだね、今年は止める?」。
朝夕水をやっても遮へいをしても、
ペチュニア、サフィニア…、可哀そうにぐったりと。

 そんな様子を眺めては、ここ数年迷っているわたし達。
去年は特に猛暑で、今年はどんな夏になるのかな~。














f0175804_1039776.jpg 木漏れ日のすき間に、たわわに、びっしりと。
可愛い梅の実生ってます。観てるだけで、なんだか癒される気が。
思い出します、梅の季節の子どもの頃を。

 話しがそれるけど、いま混乱している我がニッポン。
早く来ないかな、「塩梅(あんばい)」いい世の中に。







f0175804_10412773.jpg
 春、初夏、そして間もなく…。時は、季節は、こうしてちゃんと巡ります。
自然の営みって凄いね、誰も教えた訳でもないのにね。

f0175804_1047251.jpg
 一番乗りを目指して!決してそう思って来たんじゃないけど。
チョッと早かったね、見える筈だったね、八橋から広がる花しょうぶ。

 せっかちなのか、おませさんなのか、それでも一輪、二輪…、青い花しょうぶが。

f0175804_10485620.jpg
f0175804_10502018.jpg



 「お茶にしようか?」「そうね~♪」。
座って、飲んで、食べて、喋って…。
梅雨なのに、爽やかな風吹く店先で、ひと時、一息、穏やかな時をこうして二人。

f0175804_10525685.jpg
 いよいよ、待ちに待ったその日が。
「ワクワクするね、楽しみだね~♪」。
心はすでにあのステージに。
[PR]
by shizuo7f | 2011-06-05 11:01 | | Comments(30)