<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

歩こうか、揺れるコスモス咲く道を♪

f0175804_21344478.jpg 見渡すかぎり遥か彼方の向こうまで、濃紅色、桃色、白色、恋の色♪
歩こうか、爽やかな秋の風吹く我が町を。

 まだ冷たい伊吹降ろしは吹かないけれど、
青い山脈から吹く風が、君の髪を、コスモスを、
ホラ、こんなに揺ら揺らふわふわと。

 あぜ道を追っかけるように後ろから、偶然撮った後ろ姿。
どうしたの?足をぴょこんとその仕草。
可愛くて、思わず口を押さえたよ(笑)。

 今年も観られてよかったね~♪
見ごろになったコスモス畑、秋を満喫ひとり占め。
見慣れた景色、いつも歩く道だけど、なんだか知らない町に来たみたい。

 「綺麗ね~」「素敵だね」。
交わす言葉は在り来たりだけど、気持ちはきょうも初デート。










 センセーション、ラジアンス、ベルサイユ、フラッシングピンク…。
f0175804_21354833.jpg
 今年のコスモス、名前もお洒落にまた一段と個性的。
青い空に輝きながら、「ねえ、見て、見て~♪」と言ってるようだね。

f0175804_21371178.jpg
 「撮ってあげようか」。
珍しく君が構えるカメラの前で、気取ってポーズを作ったよ。
それなりに撮れたかな、きょうはモデルになっちゃった(笑)。

f0175804_21374978.jpg
 花径10センチ程はあるかな。
白い花びら、真ん中の明るい黄色が個性的。
「イエローガーデン」って言うんだって。
この品種案外歴史は古くって、作られたのは僕が7才の時なんだ。

 寄り添うように濃紅色のコスモスが。
「君の名前はなんていうの?」「よかったら教えてくれないか?」。
揺れながら、照れながら、黙ってただ微笑むだけ。
 色鮮やかなコスモス達。
「秋桜」と言うだけあって、観てるとなぜか心浮き立つ嬉しい気分。

 ♪うす紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽だまりに揺れている~
こんな小春日和の 穏やかな日は あなたの優しさがしみてくる

f0175804_21401664.jpg
 颯爽と軽やかに歩く君を見てたら、何だか感じたんだ。
言い表せないくらいの いつも以上の幸せを。

 穏やかな秋の日の昼下がり。
口にこそ出さなかったけど、心で言ったよ。
「ありがとう~」って。

 「行こうか」「そうね~」。
いつも、どこにでも、ひとつ返事でついて来てくれるね、
きょうもこんなに綺麗に咲くコスモス畑に。

f0175804_2141102.jpg
 青い空に薄っすら白いすじ雲が。
まるで白い絵の具を絵筆で伸ばしたような、そんなこの日の秋の空。
こんな日を言うのかな、コスモス日和デート日和って。

f0175804_21413913.jpg
 白は乙女の純潔、ピンクや赤は乙女の愛情。
よかった!黒いコスモスがなくて。
な、なんと、黒いコスモスは「恋の終わり」とか。
どこを探してもなかったです(笑)。

f0175804_21422742.jpg 家族が、カップルが、にこやかに和やかに。
みんな求めに来るんだよね、わたし達のように心地よく癒されたくて。

 あの道この道きょうの道、秋の日に二人仲よく歩く道。
日傘さすいつもの君のうしろ姿、もうすっかりお馴染みに。

 深まりゆく秋、ゆっくりのんびり歩こうか。
本格的な秋はいま始まったばかり。
どこまでも続いているんだよね、二人の道は。
[PR]
by shizuo7f | 2011-10-26 21:47 | | Comments(42)

ハッピ~気分で♪ 「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」

f0175804_2231676.jpg 「さぁ始めよう」「チンパンジー9番だ」。
選ばれた猿、いま緊迫の中で開始された実験。

 「猿に遺伝子治療を施したところ、脳を蘇らせる細胞が!」「アルツハイマーの新薬だ!」。成果を誇らしげに発表する研究者ウィル。

 その薬の名前は「113」。こうして、今まさに世紀の発明が!

 アルツハイマーの新薬を開発中の科学者ウィル。
なんとしても父の病気を治したい、そんな一心で始めた研究。

 ところが…、予期せぬ副作用が!

 実験台となったチンパンジーの子をこっそり自宅へ連れ帰り、シーザーと名付け育てることに。

 高い知能を持って成長したシーザー。
ところが、ある事件をきっかけに霊長類保護施設に預けられてしまうことに。そこでシーザーが味わったことは!

 

 人類でもなく類人猿でもない、まったく半端な自分の立場。
さらに人間の愚かさに強く失望したシーザー。
そんな彼は、ある決意を胸に衝撃の行動を取るのです。
「人類の地球支配」という現実を覆す、壮大な戦いの始まりが!





f0175804_2234943.jpg 10月に入り、3日間の検査入院から無事退院したわたし。
その後の「二人のシアター」だっただけに、いつも以上に最高なハッピー気分で映画館へ、我が愛する奥さまと♪(笑)。

 きょうの映画の話しからチョッと反れるけど…。
年明けから発作のように、度々胸痛に襲われて来たわたし。
耐えられないほどの激痛が1時間ほどで嘘のように収まるので、チョッと軽く見て来たかも。

 心配かけるのも不本意なので、検査結果が「何も心配なかった」ことだけを先に(笑)。




f0175804_2252065.jpg 妙に根拠のない変な自信があったのです。結果はその通りでよかったです。

 あまり心配もせず気楽に病院へ。
横になりさぁ検査開始。
見ればドクターや検査技師が驚くほど大勢。1、2、3…、思わず目で数えたら、8人もがわたしの周りに。

 心配した冠動脈に異常はなく一安心。
その冠動脈が一時的にけいれんを起こし、胸痛を起こしたとか。
そのけいれんの原因は医学的に未だわからないとのこと。
これからはけいれんを起こさないよう、服薬でリスク回避をはかることに。

 ドクター曰く、「なにも知らず道を歩いている人よりも、発作が起きないように服薬しているほうが余程安心です」とか。その言葉を信じ、気楽に行くことに決めました(笑)。


f0175804_2255472.jpg 「行くよ~」「は~い♪」。
声掛けるいつもの儀式を済ませ、玄関でソワソワ待つわたし。

 「猿惑2枚~♪」「はい、14時35分ですね」。
この日も試すように、チケット売り場で短縮タイトルを言うわたし。
やっぱり「猿惑」でチャンと通じました(笑)。











f0175804_2263744.jpg
 これまで観て来た『猿の惑星』は、すでに人間と猿の立場が逆転した世界。あえて予備知識なしで映画館へ来たので、「なぜそうなったのか?」に興味津津。

f0175804_227218.jpg
 だからかこの『猿の惑星創世紀(ジェネシス)』は見応えが。
スクリーンは今の時代から幕を開けます。

 嬉しさ、楽しさ、哀しさ、そして怒り、憎しみ。
そんな人間的な感情を、言葉ではなく表情と仕草だけで表現する猿、シーザー。
彼の想いが手に取るようにわかるため、いつしか観客の心はシーザーと重なってしまう…。まさにこんな映画評にある通り、見どころはこの部分かも。

f0175804_2275166.jpg
 猿の大群と人間とが壮絶な戦いを繰り広げる終盤のクライマックス! 
猿たちの好演技を余すところなく、そう、堪能!

 「シーザー、ここが家(Caesar's Home)」。
シーザーはもうウィルとは暮らせないこと、人間とは共存できないと悟っていたんです。その決意は、中盤のシーザー自ら檻を閉めたシーンではっきりわかりました。

f0175804_2282189.jpg
 そうそう、エンドロールが始まっても決して直ぐに席を立たないように。
えっ、どうしてかって?それは映画館でご確認を。
それを知ってか、周りの人はみんな最後まで座ったままでした(笑)。


f0175804_2285280.jpg 後ろでそっと我が奥さまを。
もう次観る映画は決めているようです。

 毎回、「夫婦50割引」を利用しているわたし達。
仲良し夫婦はこうして映画館も応援してくれるのです。
さぁ5ポイントゲット!そんなわたし達にプレゼント、更に次回は「ポイントカード無料鑑賞券」です♪。
[PR]
by shizuo7f | 2011-10-18 22:20 | 映画 | Comments(42)

青い空、みんなで楽しいうんどう会♪

f0175804_193647100.jpg
 よ~いしょ!よ~いしょ!
うんどう場から青空に吸い込まれる大合唱、掛け声そろえて元気よく。
太い綱を握りしめ、足を踏ん張り、負けないぞ!
根性見せろ!赤白対抗綱引き合戦、2年生パワーをしめすとき。

 髪のリボンが可愛いね~♪
どこにいたって隠れても、決して見失うことはないよね。

More
[PR]
by shizuo7f | 2011-10-09 20:05 | | Comments(44)