<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年 幸せページをありがとう♪

f0175804_23422242.jpg 心弾ませ花の周りをクルクルと。
お花畑をアッチへコッチへひらひらと、まるで蝶ちょのように。
季節が巡るたび、何度もなんども行ったね、いつもの花屋さんに。

 あか、しろ、きいろ、眩しいほどに輝いて。
見てるだけで、触れてるだけで、なんだか嬉しくなっちゃうね。

 「どの色がいい?」「そうね~、真っ赤がいいわ♪」。
スイートピー、ゼラニューム、プリムラ…。
元気が沸いて来そう。

 我が家の庭を、これでもかと、明るくしてくれた春の花。
感謝してもしきれない、物言わぬ可愛い花たち。
ありがとう!今年もいっぱい咲いてくれて。

 よかったね~、また素敵な1ページが追加できて。
年の初めに予感した通り!幸せなこの一年。





「どう?こんな感じで」「うん、いいよ~♪」。
いくつ作ったかな、ハンギングバスケットからこぼれそう。
何がって?二人が抱いたワクワクどきどきが。

f0175804_23443051.jpg
  夏が過ぎ、秋が来て…。
寂しいどころか、益々華やいでいる冬の花たち。

 庭掃除のとき、誤って抜いちゃったクリスマスローズ。あんなに大事にしてたのにね。
お詫びに「ごめんね」って、プレゼントしたダイアンサス。ナデシコって言った方がいいかな。
どんどん増えて綺麗に咲いてくれたね。

f0175804_23464941.jpg
 ♪どの花みても、きれいだな~。
春の陽射しがまぶしい午後の公園。
今年も来たね、綺麗だね、素敵だね~。
花と戯れる、そうまるで妖精のようなちびっ子ふたり。
じぃじにはそう見えたよ、ばぁばだって。

f0175804_23472137.jpg
 あれれ、眠っちゃった…。
どんな夢見てるのかな、お姫さまになった夢かな?
王子さまに出会えたかな?

 見てるだけで、わたし達まで吹き出しそう(笑)。
大きな口あけ白い歯を見せ、面白かったんだね。

f0175804_23481371.jpg
 「最近会ってないね」「そうね~、会いたいね」。
そんな会話を何度もしたわたし達。

 それにしてもこうして振返ると…。
チューリップ畑、でんしゃ、どうぶつ園、自転車遊び、うんどう会、ボール遊び…。蘇って来るよ、あの時の素晴らしい情景、楽しい会話が。

f0175804_23484979.jpg
 笑ってるときって、めっちゃ幸せ感じるね。
子どもも大人も誰だって、いつも笑っていたいね。

f0175804_23492425.jpg
 そうそうあの時のあの仕草、あのポーズ、あの一言が。
可愛いなぁ~と、いつも思ってるんだ。

でも時には、優しいばぁばが「だめ~!」って。
叱ったのは、大好きだからなんだ、可愛いからだよ。
じぃじもなんども叱ったけど、もう忘れちゃった。

f0175804_2350205.jpg
 椅子に掛け、天井見上げ聴き入る我が奥さま。
そっと駆けより小さな声で、「なんだか心落ち着くね」。

 歴史ある教会、聖ザビエル天主堂にたたずむわたし達。
ステンドグラスから差し込む荘厳な光、それは柔らかな秋の光です。
彼岸花の咲くあの村へ、2年ぶりに歩いたよね。

 あぜ道を追っかけるように後ろから、偶然撮った後ろ姿。
どうしたの?足をぴょこんとその仕草。
可愛くて、思わず口を押さえたよ(笑)。
今でも思い出すよ、あの時の君。

f0175804_23512624.jpg
 それにしても…、ずいぶん今年も歩いたね。
青い風吹く初夏の道、眩しいばかりの夏の道、ロマンチックな秋の道。
あの道、この道、どこまでも。

 そうそう、とっておき!
いきいき踊っていたね、浴衣のすそも楽しげに。
大好きだもんね盆踊り。まるで水を得た魚みたい(笑)。

f0175804_2352748.jpg
 一年中遊び呆けていたわたし達。
心残りと言えばただひとつ、あまり行けなかったね。
えっ!何処っ?あの楽しい紺碧のリゾート地、コート・ダジュールだよ。
いつもウットリ聴いているんだ、あの歌を。
近いうちに行こうね~♪

f0175804_23524866.jpg
 音もなく、ひらひら舞う黄色い落ち葉。
まるでにわか雨のように、二人が通りかかったその時に。
足下も、辺りも、ところ構わず濡らすように。

 見上げ、ゆく秋惜しむように。
後ろから伺うようにその様子、ジッと君を見てたんだ。
幸せって、こんな時を言うんだね、改めてそう思ったよ。

f0175804_23533897.jpg
 観たよね、師走に入ったばかりの日曜日。
まだこの前のように感じるよ、
「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」。

 「ひとつの事をやりとげるだけじゃ駄目、今思い知らされてる」。
あの時スクリーンを観ながら、うなずいたわたし。

 何でも分かっている、言わなくても理解してると。
でも、言葉にしないと分からない、通じない事っていっぱい。
「おはよう~、ありがとう、おいしかったよ…」。
いつもチャンと言葉に出して言わないとね。

f0175804_23543131.jpg
 これからも行こうね、二人が大好きな「二人のシアター」に。
レパートリーは何でも有り!
暑い日、寒い日、雨降りも、こんな時は映画館がいいよね(笑)。

f0175804_23552779.jpg
 ボランティアを再デビューした去年のわたし。
早いものです、あっという間に一年が。
巡り合わせの「人権擁護」、チョッと重い仕事だけどやってます。

 まだまだ一年生だけど、ドキドキしながら掛って来る電話の前に。
もっともっと自分を磨かなきゃ。少しでも役立ちたいなこの先は。

 街角で道行く人にチラシを配り、群がる子どもといっしょに遊び…。
研修会、視察…、会社現役のわたしには、チョッと厳しい時も。

 「いじめはしないよね!」。素直な子どもは目を輝かせ、うなずいてくれます。
やっててよかった!その度にそう思います。

f0175804_23573185.jpg
 お洒落のセンス、少しはアップしたかな。
素直に聴いててよかった、君のアドバイス。
「うわぁ、ありがとう~♪」「嬉しいよ、コレ欲しかったんだ!」。
オーバーに、踊り上がるように言うわたし。
いつも気にしてくれて、本当嬉しいよ。

 嬉しそうな表情、わかるんだ。デートに出掛けるときの君。
そんな気持ちを知ってわざと、「いくよ~♪」ってせかすんだ。
慌てる様子を楽しむように(笑)。

f0175804_23581751.jpg
 お洒落をするって、楽しいね~。
このコート、このマフラー、いつまでも似合う二人でいようね。

f0175804_23595618.jpg
 寒くてもへっちゃら、だから何処でもオーケーだよ。
そうそう、映画のレパートリーと一緒、デートだって何処でも。

f0175804_013033.jpg やっぱりこの日も。後ろから眺めていると、段々足早に。
そりゃそうだよね、待ってたんだもんね。
気づかぬうちに、身体は、足は、正直です(笑)。
行ったよね~、今年も感動ライブ。

 目の前で、ステージで、熱唱するこのシーンがやっぱり一番。
黙って目を閉じ、うっとり聴きいる君。
隣りにわたしが座っていないほうが、一人のほうがよかったね、ごめんね。
と言いながら、最近は二人で。

f0175804_025979.jpg
 カシャ!カシャ!カシャ!ライブ直後のごった返すロビー。
どの会場もおんなじ、いつもの光景このシーン、やっぱりこの日も激写シーン。
撮ってるところを撮るわたし、ロビーが熱いファンの群れが。

f0175804_051426.jpg こうして振返り、今年の幸せページをパラパラと。
一にも二にも先ず健康!向き合って、一緒になって、泣き、笑い、感動を。

 来る年もゆく年のように、作ろうね二人して。
[PR]
by shizuo7f | 2011-12-29 00:06 | その他 | Comments(32)

元気に明るく暮らそうね♪

f0175804_21134782.jpg
 たけのこ、玉ねぎ、ニンジン、ピーマン…。
もぐもぐパクパクほどよい酸味、ふっくらまろやかカラ揚げが。

 みんなで食べると楽しいね♪
ありがとう、美味しいねっ!白い小皿に取り分けて。
大好きなんだ、ご飯が進む酢豚があれば(笑)。
多分、わたしよりもっと好きだよね。
誰がって?いえ我が奥さまの酢豚好き。



f0175804_21154832.jpg 待ってたよ、今夜は家族de忘年会。

 忘れたいこと、なかったことにしたいこと、
今年のアレコレ残さずみんな、クリックし削除しちゃおう~。

 不平不満、贅沢言ったらバチが当るよね。
ささやかだけど、今夜はこうして今年を忘れる会。






 嬉しそうに、見つめていたね。
そんな顔が見られる、こんなときが一番幸せなんだ。




f0175804_21191218.jpg
 他愛もいないことに手を叩き、顔を崩して笑いこけ、あれこれ尽きないお喋りが。
笑いのツボもぴったり一緒、底抜けに可笑しな愉快な家族です(笑)。
家族っていいなっ!幸せ分けあい、悲しみは半んぶんこ。

f0175804_2120516.jpg 嬉しいことを言ってくれるよね、思い出し何だか胸が熱くなっちゃった。
「お父さん達のような夫婦になりたい」って。
我が娘、我がお嫁さん、あのとき聞いたこの言葉、今でもそう思ってくれてるかな。












f0175804_21212270.jpg
 「うわぁ~、パリッパリ!」「うん、いける~」。
思わず「うまっ!!」が出ちゃたね。
たかが餃子されど…、箸が止まらない特上餃子。
美味しいね、今夜はいつもより飛びっきり。

f0175804_21215587.jpg
 ストローくるくるグラスの中で、話しが弾み、夢中になって、何度も何度も回していたね。
見逃さないよ、カメラを構え見てたんだ。

 ぎゅっとカップを握りしめ、話しにうなずくその仕草。
お腹も心もぽっかぽか、これって幸せポーズなんだよね。

 腕組み優しいお母さん。
時には相談相手の先輩に、またある時はお友だちに。見えるよ、まるで仲良し三姉妹みたい。

 見つけたよ、幸せの瞬間を。
この光景を言うんだろうね、続いて欲しいないつまでも。

f0175804_21234731.jpg
 まだまだ美味しいモノが!
あれだけ食べてもへっちゃら、そうだよね別腹なんだよね(笑)。
いいと思うよ、今夜は特別な夜だから。

 家族みんなが、今夜はこうして。
また明日から頑張れそう、元気に明るく暮らそうね♪
[PR]
by shizuo7f | 2011-12-21 21:32 | 食事 | Comments(34)

晩秋京都を二人して

f0175804_23214994.jpg ♪雨だれがひとつぶ頬に 見上げればお寺の屋根や
細い道ぬらして にわか雨が降る~

 音もなく、ひらひら舞う黄色い落ち葉。
まるでにわか雨のように、
二人が通りかかったその時に。
足下も、辺りも、ところ構わずぬらすように。

 見上げ、ゆく秋惜しむように。
後ろから伺うようにその様子、ジッと君を見てたんだ。

 そうしたら、何だか凄く感じたよ、
この瞬間この時に、
あぁこれが幸せって言うんだなって。

 鮮やかな赤、華やかな黄、晩秋の京都は恋の町。
いつまでも佇んでいたいね、こうしてここに。

 もう少し歩こうか、枯れ葉がひらひら舞う道を。





f0175804_23223580.jpg 


 ゴォ~ン。
鳴り響いた平和の鐘。
境内の静寂を破るように、胸に迫った君のひと突き。

 町中の誰もが聴いたと思うよ。
あの山越えて野を越えて、
東日本大震災の復興願う優しい鐘の音を。

f0175804_2324498.jpg 

















 雨が降りしきるなか、
仲よく和傘をさしてこの道を。

f0175804_23285457.jpg
 先日、ブータン国王夫妻が世界遺産のこの金閣寺を散策されました。
「ぜひ鳴らしたい」と希望し、世界平和の祈念をされたそうです。


f0175804_23305852.jpg ♪雨の日も鐘は鳴る むせぶよに鐘は鳴る
指を折ってかぞえながら~

 ここでもまた見上げたね。
歴史に想いを馳せて、やって来た二条城。

 歩くたびキュッキュッ。
顔を見合わせ子どものように、二の丸御殿のわたし達。
江戸幕府の始まりと終わり、長い長い歴史の廊下を歩いたね。

 さぁもっと歩こうか~♪
二の丸庭園、本丸庭園、清流園…。
どこを見ても、目を見張る当時の威光が。

 「上様のお成~り~」って言ってたのかな。
豪華絢爛ご殿の玄関、車寄は牛車も入れる大きな開口。





f0175804_23323772.jpg
 「うわぁ~!」。
思わず叫んだわたし達、手入れの行き届いた立派な松の木。



f0175804_23345060.jpg
 珍しくポーズをとっちゃったよ。それも照れもせず、カメラ目線(笑)。

f0175804_23361773.jpg


f0175804_23335389.gif ♪わたしには傘もない 抱きよせる人もない
ひとりぼっち泣きながら~

 感傷的にさせる黄色い葉っぱ。
ひと葉ひらひら舞い落ちて、
差し出す手のひらに、ふんわりふんわり見事に着地。

 傘はないけどへっちゃら、わたし達はいつも仲良しふたり。
もう少し歩こうか~。

 ♪祈る京都の町に あの人の幸せ 
愛をさがす心に にわか雨が降る~
[PR]
by shizuo7f | 2011-12-13 23:47 | 奥さま | Comments(34)

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

f0175804_23184154.jpg 「私だって働きたい」
「何が不満なんだ!」。

 妻(余貴美子さん)を理解できず、険しい表情で、思わず怒鳴る夫の徹(三浦友和さん)。
定年を1か月後に控えた今、ついには離婚話まで…。

 「心が乱れれば運転も乱れる。俺たちの後ろには乗客がいることを忘れるな」。
職場で後輩を厳しく指導する彼。

 これまでの35年間、無事故無違反の百点満点。
ここまでしっかり勤めあげられたのは、そう、それは献身的な妻の支えがあったから。

 そんな彼には、楽しく描いた定年後の妻との過ごし方があった。
ああ…、それなのに、なんて悲しいことに。
事態は、予想もしなかった展開に。

 口にこそ出さなかったけど、
「いちばん近くにいるのに、一番わからないあなた」。





f0175804_23211163.jpg 

 「行こうか~」「は~い♪」。
いつものようにわたしの出掛けぎわの一言。

 間髪いれず、弾んだ声の我が奥さま。
やっぱりこの日も楽しむ様にわたし達、
こんなシーンが玄関先で(笑)。








f0175804_23222265.jpg 「レールウェイ2枚、夫婦50割引きで♪」。
チケット売り場でそう告げたわたし。
あとで気づいたけど、いつも言う短縮タイトルが…。
サブタイトルの「愛を伝えられない大人たちへ」がやけに長くて、なんだかそれどころでは(笑)。









f0175804_2324104.jpg 人生を線路に例えた一組の夫婦と家族のストーリー。
宇奈月温泉へ向かうローカル電車が舞台、綺麗ですね~。

 雪を抱く北アルプスを背に走る姿、なんとも絵になります。

 我が孫ちびっ子たっくんが観たら、なんて言うだろうか?
じっと黙って見入っているだろうか。それとも…(笑)。

 何度も想像しながら、運転ハンドルを挿したり、確認したりのシーンを。

 観てたら、まるで一緒に運転しているようです。


f0175804_23262334.jpg
 徹の言葉に時どき共感しながらも、「そうじゃないんだけどな…」。
なんどもそのセリフに異議を唱えながら観ていたわたし。

 「ひとつの事をやりとげるだけじゃ駄目、今思い知らされてる」。
そうそう、この言葉にはうなずいたのです。

 ずっと長く一緒にいると錯覚するのかも。
何でも分かっている、言わなくても理解してると。
でも、言葉にしないと分からない、通じない事っていっぱい。

 この時チラッと横の我が奥さまを。
そして、「僕は大丈夫だよ」って心で呟いたのです。
「おはよう~、ありがとう、おいしかったよ…」。
いつもチャンと言葉に出して言ってます。昔からそんなわたし。

f0175804_2328498.jpg
 妻の担当する末期癌女性(吉行和子さん)、
『「お」じゃなくて「ぺ」と思えば…』。
「夫(オット)だと思うと腹がたつけど、ペットだと思ってかまってやればいいのよ」。これには笑っちゃいました。

 この映画、観て欲しいのは…。
熟年層、中高年、そうですね~、
日ごろ「ありがとう」とも「ごちそうさま」とも言わず、黙ってテレビの方を観てばかりの人達に(笑)。


f0175804_23311721.jpg 
f0175804_2338677.jpg
帰りのクルマの中は、いつもの映画感想会。
「あのシーン綺麗だったわね~♪」「あのセリフ、胸が熱くなっちゃったよ」。

 そして、向かったその先は、いつもの花屋さん。
正月の庭を飾る調達第3段!
もう構想は決まっているようです♪
[PR]
by shizuo7f | 2011-12-06 23:39 | 映画 | Comments(38)