<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これで決まり!待ち遠しいなデートが♪

f0175804_2142033.jpg
 「来週あたり休暇を取って、チョッと遠出のドライブはどぉかな?」 「いいわね~、どこ行く?」。
キッチンで振り向きながら、弾んだ声で笑顔の返事。
想像してた通り、台本を読むように、僕のデートの誘いに乗った君。
高鳴る胸を鎮めるのに、一瞬気恥ずかしさも。

 ハハハハ~、脚本家みたい。勝手にセリフを並べ立て、頭の中で一人で想像。
いや、想像と言うより、もうこれは妄想かも(笑)。
こんなシーンを思い浮かべ、一瞬吹き出しちゃったんです。ホント幸せ者です。

そんなデートに履きたいシューズが!
[PR]
by shizuo7f | 2012-07-31 21:24 | お洒落 | Comments(30)

くノ一只今参上!☆in伊賀上野城

f0175804_2118922.jpg
 「さぁお主ども、拙者のあとに~」「ハッ、承知しました!」。
引き連れています、日傘さし手招きしながら女忍者集団を。

 赤、青…、色とりどりのカラフル装束身にまとい。
イメージでは真っ黒な気がしたけど、その黒では月明かりで輪郭が浮き出てしまうとか。
なので、「濃紺」が主流だったんだね。でも赤やピンクは…、まっ細かいことはいいか。
んん?でも待てよ、この首領さま、どこかでお見かけしたご婦人(笑)。

 どこへ行くの?忍びの者どもを従えて。
こうなったら、黙って後をついて行くしかないね、カメラを提げて。

やって来ました…、
[PR]
by shizuo7f | 2012-07-26 21:30 | 奥さま | Comments(38)

BRAVE HEARTS 海猿

 『G-WING206便に深刻なエンジントラブルが発生した模様!』。
ジャンボジェット機海上着水。爆破の衝撃シーンが!救助を求める機内346人!いきなりスクリーンは緊迫度マックス。

 『乗ってるのか、美香ちゃんが…』。なんと!その飛行機には、同僚吉岡(佐藤隆太さん)の恋人、美香(仲里依紗さん)が。
たまたまキャビンアテンダントとして、事故に遭遇したのです。
現場に向かった海上保安庁”特殊救難隊”の仙崎(伊藤英明さん)たち。

 絶望の中で、『希望がある限り、絶対諦めるなと教えてくれたのは、下川さんですよ!』。
下川課長(時任三郎さん)に、叫ぶように仙崎が。

 今月の「二人のシアター」は、迫力の人間ドラマ!大ヒットシリーズ第4弾、
“命をかけて命を救う”『BRAVE HEARTS(勇者たち) 海猿』。
もう数カ月前から約束してたんです、「公開したら観たいわ~」「観ようね」と。

f0175804_1744321.jpg
 出掛け間際、いつもの楽しいあのシーン。
そう、急かすように、『行くよ~』『は~い、待って~♪』。
弾んだ返事が聞きたくて、いつも支度中にあえて声を。
それはまるでゲームをするかのように、わたし達(笑)。

 庭には黄色が鮮やか、風になびくルドベキアが。
勿論、クルマはとっくにピッカピカ♪

f0175804_1744597.jpg “夫婦50割引チケット”を握りしめ、弾むように4番劇場へ。
人気映画の証し、
この日は収容人員476席の一番大きなスクリーンです。
やっぱり前評判通り、上映遅しと待ち構える人達がアチコチに。








f0175804_17472099.jpg
 凄いなっ、スクリーンに映し出されたG-WING206便。
全長約70m、本物のボーイング747-400と同型の設定。
コックピット部分と客席キャビンのセットはいずれも実寸大。

 手に汗握るパイロットの操縦、海上に着水してからの水が押し寄せるシーン。
いずれもそのリアルさは、映画館のシートが機内かと錯覚するほど。

 海保の最後の砦 ”特救隊”。彼らは救命の”スペシャリスト”集団。
『俺は全員助けたいんだ!』『ほかの隊員が死んだらどうするんだ』。
“感情”と“冷静な判断力”のぶつかり合い、こんなシーンの度に目配せするわたし達。

 ヒューマニズムに富む、熱いオトコ。

 因みにこの映画の客層は、男女比34:66とか。
女性が60%強と圧倒的なのは、こんな仙崎への熱い思いからかも。いいなっ!おなじ目的に向かい、みんながひとつになるってこと。
観終え、家族のあり方とダブらせたわたし達。


[PR]
by shizuo7f | 2012-07-21 18:11 | 映画 | Comments(32)

素敵な“音の玉手箱”♪

f0175804_21174225.jpg
 ♪忘れていた目をとじて 取り戻せ恋のうた
青空に隠れている 手を伸ばしてもう一度 忘れないですぐそばに  
僕がいるいつの日も 星空を眺めている 一人きりの夜明けも~

 時どき目を閉じ撮るのも忘れ、聴き入ったよ、流れるようなメロディを。
ステージには、ピアノの前に座るみなちゃん一人。
誰もが聴き入り、視線はぜんぶちっちゃなピアニストに。

 梅雨を忘れちゃいそう、爽やかに、そうその曲は「♪風になる」。
あのスタジオジブリ作品「猫の恩返し」のテーマ曲なんだよね。

“ものすごい美人でもなく…、
[PR]
by shizuo7f | 2012-07-13 22:03 | | Comments(32)

なかよく宿題 in ばぁばんち

f0175804_20281787.jpg
 ケラケラケラ~。
目を細め、鼻にシワ寄せ、口あけて。
可笑しいな、楽しいな、みんながそろうと嬉しいな。
この笑顔、周りをほんわか幸せに。

 きょうのこの日の部屋の色、例えたら、んん~何色だろう?
ええっと…、そうそう、その色はキラキラ輝く海の色。
この日の洋服の爽やかブルーも素敵だけど、緑と青の中間色、そうアクアマリン色と思うな。
いまの初々しさ、やがていつか、清々しさ感じる美しさに。

 「みなちゃん、いま何番?」、ぼそっと小声で「2番」。「へぇ~、1番じゃないんだ」。
この会話、2~3度目かも。んん、なに言ってるのかって?
それはね、「みなちゃんはクラスで可愛い子ナンバー1じゃない?」って聞いたのが始まり。
「ううん、もっと可愛い子がいるよ」と返事したよね。
でも3番、4番じゃないんだ、ここんところはチャンと抑えてる(笑)。

「まぁ、たっくん、じょうず~♪」。
[PR]
by shizuo7f | 2012-07-07 20:59 | | Comments(36)