<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初めての一人お泊り

f0175804_13254787.jpg
 『みくちゃん、“するするって”してごらん~♪』『…』。
無言のまま、勿論じぃじの方を見る余裕はありません。そうだよね、怖いよね。
なかなか上手くすべることができません。って言うか本当に怖いのです、でもすべりたい!
すべり台なのに、すべらないように足を踏ん張るみくちゃん。

 ママやパパとは抱っこされ、一緒にすべったのかも。
だからきっと“するする”の快適さは知ってるんだよね。
一人ですべらすのはチョッと無謀だったかな。
でも必死にチャレンジしているその姿、じぃじ何だか胸が熱くなったよ。

3週間ほど前のこと…、我が家にポツンとちっちゃな靴が。
[PR]
by shizuo7f | 2016-02-29 13:48 | | Comments(42)

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

 戦国時代にタイムスリップした高校生のサブロー(小栗旬)、
そこで出会ったのは自分と瓜二つの織田信長。

 「わしの代わりに、信長として生きてくれぬか」「はぃ?」。
はじめ逃げ腰だったサブローは次第に覚悟を決め、
戦のない世をつくろうと思い始める。

 そんなサブローに、暗殺の機をうかがう秀吉(山田孝之)。
恒興(向井理)など家臣からの厚い信頼、妻の帰蝶(柴咲コウ)からの愛…、
これらに嫉妬した本物の信長や明智光秀(三役、ともに小栗旬)からの憎しみ。

 多くの敵から狙われるも、運命に抗(あらが)い生き抜こうと決意。
1582年そんな彼に本能寺で待ち受けるものとは…。

f0175804_1184985.jpg
 今から2週間ほど前のこと…
「よいしょ、よいしょ!」。
青い階段を、間もなく2才になるみくちゃんが颯爽と登ります。
人生で初めての滑り台、危なっかしさを感じさせない足取りです。
すでにママと滑ったかもしれないけど、じぃじとは初めてのことです。

 みくちゃんの“初めての一人でお泊り”、
めっちゃ楽しかった2泊3日、残念だけど今日のところは予告編だけ(笑)。
また近いうちに、機会をとらえてレポすることに~♪

f0175804_1191851.jpg
 この時はまったく知る由もありません。

この数日後なんです…、
わたしに襲い掛かってきたインフルエンザA型。
恐るべしウィルス、不覚にも人生で初めて罹ってしまいました。

 “タミフルを飲み 一人静かに 床に臥す”。
ハハハハ~、優雅な雰囲気を漂わせることもなく寝ている時に、
ママや可愛いちびっ子達の訪問があったようです。

 朝、枕元には我が君やお嬢さま達からも、ご覧のチョコが。
これを見て一気に元気になったんだ、ひょっとしてタミフルより効果があったのかも。
もうへっちゃら!こうしてまた元気に復活したよ。

f0175804_1195156.jpg
 みくちゃんがやって来た日から、更に1週間ほど前にタイムスリップ。
ハハハハ~、そう楽しかった日々をなかったことにはできません。

 ロビーは中高生グループや若いカップルでいっぱい。
辺りの空気はいつもとチョッと違います。
だからと言っても臆せず、「信長2枚!」と短縮タイトルで(笑)。

 あっ訂正、やっぱり臆していたのかも。
いつもの“君の映画館入場シーン”は撮ることができませんでした(笑)。

f0175804_11102941.jpg
 あの日この予告ポスターをジッと見ていた君…、
背中で『今度はコレッ!』って言ってたね、ボクにはそう聞こえたんだ。
“信長協奏曲”観られてよかったね。
 「俺、死ぬの?」
タイムスリップした時持ってきた歴史教科書で史実を知るサブロー。

 「おぬしが死ぬ?そのようなことを信じることがなかろう、馬鹿も休み休み言え、このうつけ!」と可愛くもあるツンデレ口調の妻帰蝶。
「本当なんだって!」「うるさい!」。
歴史の運命を変えることが出来るのか!

f0175804_11152413.jpg
 「小栗旬ちゃん、益々好きになったかも♪」と我が君。
ハハハハ~、イケメン好きの君から想像していた言葉が(笑)。
内面から溢れ出すイケメンオーラが、またファンを一人虜にしたようです。

 キャスティング、ロマンス、臨場感…、
スクリーンを巻き戻しするかのように、話し尽きないわたし達。
どこから誰が見ても、映画大好き夫婦です。

[PR]
by shizuo7f | 2016-02-22 11:33 | 映画 | Comments(32)

ぼくは電車の運転士♪

f0175804_20225547.jpg
 『出発進行~!』。
青信号を指さし大きな声で指差呼称、ガタンゴトン、ガタンゴトン。
次第にスピードアップ、ワクワクするね。
『閉塞、注意、制限55!』。

 ♪スピ-ド スピード 窓のそと 畑も とぶとぶ 家も とぶ
しっかり前見て走ります、みんなを乗せてちっこい電車。
たくみ少年は大好きなんです、我が町を走る日本一のちっちゃな電車が。

『今度の休み、行きたいな!』『うんいいよ、行こうね』。
[PR]
by shizuo7f | 2016-02-03 20:39 | | Comments(30)