<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バリー・シール/アメリカをはめた男

f0175804_15511939.jpg

 「CIA機か?」「いや違う、独立航空コンサルト社IACだ」「IAC?」
「IAC以外に我々の仕事もするんだ、この仕事は“秘密工作”だ。
友人や家族にも秘密だ、奥さんはルーシーだったな?」「ああ」。

 CIAの依頼する仕事は完璧、
麻薬王からも評価され目を付けられたバリー・シール(トム・クルーズ)。
天才パイロット、CIAエージェント、そして麻薬の密輸王。
次第に自身の人生を大きく変えていくことに…。


変えると言えば…、我が家の庭。
[PR]
by shizuo7f | 2017-10-31 19:45 | 映画 | Comments(24)

好きな人とはありのままで


f0175804_19063631.jpg
 ♪I figured it out
I was high and low and everything in between
I was wicked and wild, baby, you know what I mean
Till there was you, yeah, you

 ♪わかったの
わたしは陽気になったり 落ち込んだり とにかく色々だった
意地悪で怒りっぽくて その意味わかるでしょう?
あなたが現れるまでは

 この曲『ザ・リーズン(その理由)』は、アルバム“レッツ・トーク・アバウト・ラヴ”のトップに挿入。
心に響きます、特にその歌詞を知ってから。

 『美女と野獣』『タイタニック』など数多くの映画にサウンドトラックを提供、
地位を不動のものとした世界の歌姫セリーヌ・ディオン。
このところ妙に自分の中で関心が高まり、聴きまくっています(笑)。


関心と言えば、あの時のオキザリス…。
[PR]
by shizuo7f | 2017-10-21 19:28 | 音楽 | Comments(26)

三度目の殺人

f0175804_15560155.jpg


 解雇された工場の社長殺害容疑で起訴されている三隅(役所広司)。
すでに犯行を自供、このままでは免れない死刑。
しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、
弁護士の重盛(福山雅治)は面会するたび、
本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく…。

 なぜ殺したのか?本当に殺したのか?
見えない動機、浮かび上がる人物、被害者の娘…。

  “そして父になる” の是枝裕和監督と福山雅治の4年ぶりの再タッグ。
監督オリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ、
間違いなく日本映画史に残る心理サスペンスです。
さぁいっしょに観ませんか!わたし達と。



 咲き始めた我が家のホトトギス、
[PR]
by shizuo7f | 2017-10-09 17:10 | 映画 | Comments(30)