わたしにとっての家族

f0175804_5415353.jpg 今朝はチョット昔を振り返ってみようと思います。昔といっても、そんなに遠い過去のことでもありません。そうちょうど1年前のこと。今の幸せを確かめ明日からの夢を追うために、今はない3年前に立ち上げたホームページからそのまま転載します。時間があれば、ぜひお付き合いください。

f0175804_5525486.jpg    

  『今、あらためて家族ってなんだろうと考えてみました。調べると、「家族とは居住を共にすることによって、ひとつのまとまりを形成した親族集団のこと」とありました。そして「親と子の絆、それらでつながっている、血縁集団を基礎とした小規模な共同体」が家族とも。それは、同じ家屋に住む血縁集団を指す場合と、直系親族を中心とする単家族のことを指す場合があるともいっていました。英語ではこれをファミリーというそうです。なんとなくそうかぁ~という感じです。

f0175804_5553116.jpg わたしのからだに染みついている家族感は、、基本的には「家族志向イコール仕事もできる」です。我々世代のチョット前までは、「家族」はどちらかといえば前面に出さなかったように思います。でも少しずつ「仕事より家族を優先」とハッキリ意思を示す男性が増え、仕事ができる輩ほど、家庭もちゃんと大切にする傾向も強まって来ていました。春先の新入社員アンケートで「残業を断って、自分の趣味を大切にする」という生命保険会社などの発表を思い出しました。

 ある調査「格好良いと思うパパランキング」なるもので、公私共に輝いているという理由でスマップのキムタク(木村拓哉さん)を1位に選んでいました。そして、コメディアンで活躍する所ジョージさんが3位でランクイン。「いろんな趣味を持ち、個性があるから」とういことらしいです。

f0175804_5561849.jpg  「家庭」のイメージは、マイナスどころかプラスになっているようです。仕事オンリーで家庭を顧みない「やり手ビジネスマン」は、少しずつ死語になりつつある時代なんだと思います。そいう意味では、わたしは少し時代を先取りして来たかなと思います。そして、やっぱりわたしも時代の影響を受けた一人なんだと思います。これからますます時代は「家族」を目指すに違いありません。

 今年3月に半月ばかり入院しました。そして1ヶ月間の自宅療養。わたしにとっては、生まれて初めての入院経験。そして、それは人生の中で非常に大きな経験でした。いろんな人との出会いがありました。入院当初は一人部屋で寂しい思いをしましたが、数日後に4人部屋を希望。偶然、同じ会社を定年退職した方と同室になり、随分気持ちの上でも救われました。その方にとっては懐かしい話しが聞け、又わたしにとっても気持ちが癒され満足した入院生活を過ごすことができました。

f0175804_5572677.jpg お互い体調が悪くなったときは、ベットに備え付けのナースコールを押し合おうとの会話もしました。お陰さまでわたしはそのコールをお願いすることはありませんでしたが、わたしは二度ほど押してあげました。たったそれだけのことで随分喜んで戴き、嬉しく思いました。

 当然ですが、病院にはいろんな病気と闘っている方がみえました。年齢差もあり、人生の先輩としても、昔の話しや人としての生き方などについて、いろんな話しを聞かせてもらいました。松葉杖を余儀なくされた方、検査入院の方、扁桃腺手術の若い方などいっぱい知り合いになり、いろいろな話しができました。

f0175804_5582593.jpg お医者さんや看護士さんの仕事は尊敬に値するものでした。その忙しさと気遣いは大変なもの。様々な患者さんに対する、優しい看護士さんの応対ぶりには感心しました。時には優しく、時には厳しくして戴きました。でも、入院で一番迷惑をかけ、世話になったのはやっぱり家族です。本当に感謝しています。又、遠くまでわざわざ見舞いに来てくださった友人・知人の存在がとっても有り難いものでした。

f0175804_5593351.jpg 入院中の昼間はおもにリハビリ。戴いた本や、奥さまにおねだりした旅行雑誌などを読んだり、見たりしていました。そして、病気という現実をどう捉え、乗り切っていくかなどいろいろなことを考えました。そのときに一番強く感じ、有り難い存在に気づいたのが家族でした。こうしてポジティブな考え方ができ、充実した日々を暮らせるのも家族のお陰です。今、この家族を大切にしていかなければと強く思っています。(2007年8月)』

f0175804_603815.jpg  自身が綴った1年前のブログ。今こうして振り返ってみると、少し気恥ずかしいところもありますが、やっぱり良かったと思います。あのとき感じ想ったことが、素直な気持ち、そのままの自分だと思います。有り難くも素晴らしい快復ができた今、決して忘れてはいけないことです。「前向きに」を忘れないよう、折にふれ振り返ってみようと思います。今朝も長い話しにお付き合いくださいまして、有り難うございます。
[PR]
# by shizuo7f | 2008-06-26 06:05 | ベストアルバム | Comments(10)

今日でブログ1ヶ月

f0175804_540048.jpg 今日でこのブログを立上げ、ちょうど1ヶ月が経ちました。バタバタしながらも少しずつ、生活の一部になりつつあります。過ぎた昨日を振り返り、楽しかったことへの感謝や、不本意な結果を反省する毎日。見て読んで、他愛もないことばかりですが、自身への励みや生きがいを感じます。そして、ヨシ、今日もやろう!と活力になっているんです。チョッと大袈裟かもしれませんが、多分ブロガーのみなさまは、どなたもそう感じておられるのではと思います。そうそう、毎日の暮らしを大切に過す習慣も身につきました。

f0175804_541979.jpg 私の「始めの一歩」はホームページでした。たまたまボランティアで知り合ったKさんの勧めです。地域高齢者の引きこもりをなくし、少しでも人と触れ合う機会を作ろうと始めた月一回のサロン会。行政支援を戴き4年間活動したんです。その取組みをみんなで共有しようとの狙いから初めました。ホームページビルダーで作ったそのホームページから数えると、3年が経ったことになります。

 今改めて思う「ブログ」、嬉しいツールができたものです。「ウェブをログ(記録)する」、それが略され「ブログ」となったそうです。語源はどうでもいいんですが、時間軸やカテゴリで投稿を整理し、分類できる便利さなど本当に感心します。著名人や一般の人達などいろんな分野の方々が利用し、今では市民権を得ています。

f0175804_5421853.jpg わたしのブログに限らず、フォトログの方もある意味日記と思います。日常目にし、触れたものを感じたままに表現するいわゆる日記です。日記は個人のドキュメント、まさに暮らしのログ。

だいぶん話しが反れますが、今でもNHK名古屋放送局制作の全国放映されている「中学生日記」。その前進だったドラマにわたしが出演していました。当時のタイトルは「われら高校生」。思えば今から40年以上の歳月が流れました。あのドラマタイトル、上手くつけたなと思います。依然ホームページだったころのブログにも少し綴ったことがあります。機会があれば、又いつかその当時を振り返りたいと思っています。

f0175804_5431937.jpg ブログの本題に戻ります。ブログは折に触れ振り返ることによって、過ぎた過去を反省することができるとどなたかが言っていました。ブログフレンドのウッシーさんや梓さんも同様のことを仰っています。とにかく一日一日、行動を積み重ねていくことが大事だと思います。

 そういえば数日前の社内メール、同僚がこんなことを書いていました。「行動は必ずしも幸福をもたらさないかも知れないが、行動のない所に、幸福は、生まれない」。どこかで知った素敵な言葉なのかもしれませんが、印象に残りました。

f0175804_5441558.jpg  いつまで続くかわかりませんが、できるところまで続けようと思います。たかだか1ヶ月の節目で、長い話しになりました。では今から出勤、行ってきま~す。
[PR]
# by shizuo7f | 2008-06-25 05:47 | ブログ | Comments(12)

えんどう豆

f0175804_6121925.jpg 奥さまとのいつもの休日ショッピング。生鮮食品売り場には、いつも色鮮やかな野菜がいっぱい。ハウス栽培が余りなかった昔と比べ、今は年中ほとんどの野菜が並んでいます。でもやっぱり露地物野菜は季節を感じますね。それに旬の物は、からだ的にも良いように思います。目に青葉山ホトトギス初かつを」じゃないですが、何より目に季節が飛び込んでくるようです。

f0175804_6133768.jpg







先日、ご近所さんから戴いたサヤエンドウ。これを見て、こどもの頃を思い出しました。夕方になると時々、母親のそばでヘタ取りの手伝いをしたんです。晩ご飯のとき、食卓テーブルに並んでいるのを見て、チョッピリ満足気になったものです。遠い昔のことです。

呼び方はいろいろでも、もとはみんな一緒なんですね。えんどう豆、グリンピース、サヤエンドウ、そしてチョッと前にブログにも綴ったスナップエンドウとかそら豆。どなたもご存知、一般的に豆のたんぱく質は低コレステロール。必須アミノ酸をバランス良く含んでいるので、健康食品の代表みたいなところがあります。

f0175804_6153595.jpg そういえば、豆がつく言葉っていっぱいありますよね。豆電球、豆台風、豆剣士…。
どうしてこんなに多いのかなぁ…。「まめ」といえば勤勉とか根気強いさまを表わします。そうそう、「ジャックと豆の木」っていう童話がありました。一晩で大きな木に成長した豆の木。その木に登り、金の卵を産む鶏を奪って戻る話し。確かその後、幸せに暮らしましたで終わったと思いますが、これって窃盗のような…。マァ余り突っ込まないでおきましょう(笑)。

f0175804_616397.jpg 







緑鮮やかなえんどう豆やサヤエンドウを見て、アレコレ連想し話しが思わぬところへ行ってしまいました。何はともあれ変わらぬ毎日、平凡が一番。わたしのブログフレンド、ウッシーさんもよく仰います。「相変わらず暮らしています…」と。この言葉から、なんとなく幸せに暮らす有り難さを感じます。まめに暮らしたいものです。そばにいる奥さまを見たら、うなずいていました。サァ~、今日も元気に会社へ行ってきます。
[PR]
# by shizuo7f | 2008-06-24 06:19 | 食事 | Comments(8)

一足早い七夕さま

f0175804_664757.jpg 雨の日曜日、やっとその日がやって来ました。爽やかな風も吹かないし、お天道さまもかくれんぼしています。そんな休日をずっと前から待っていました。そして決めていたんです。何がって?そう星めぐりです。「星、観に行く?」「そうね、いいわ~」、その場で決め、お昼から二人で隣町にあるプラネタリウムへ。

f0175804_695464.jpg 




プラネタリウムのドーム直径は18.5m、座席数155席。なんと投映可能な星の数は7.4等星までの2万5千個もあるんです。仰ぎ見る天空には、無数の星屑。そして一足早く七夕さまの天の川が現われました。暗い中周りを見ると、子ども連れ家族やカップルがシートを倒し、空を見上げています。

 解説が始まりました。『女神ヘラが眠っている間に、ゼウスが赤ん坊のヘラクレスに母乳を飲ませます。ヘラが嫌っていたヘラクレス、乳を飲んでいたのを見て驚き、その際に流れ出たものが天の川とされています。この神話にちなむ英語名称はミルキーウェイというそうです』。

f0175804_6121265.jpg
『日本やその周辺国に伝わる七夕伝説は、織女星と牽牛星を隔てて会えなくしている川が天の川。二人は互いに恋し合っていたんですが…。年に一度っきり、七月七日の日だけ、天の川を渡って会うことに』。ドームのわたし達はドラマ解説に聞き入りました。

昨日観たプログラムは、そんな天の川の話とギリシャ神話に登場する、神様や英雄そして怪物たち。その姿は星座として、今なお暗闇の空で輝きを放っているんです。その伝説を尋ねての星めぐりです。

f0175804_6131587.jpg
更にもう一つのお楽しみ、それは日本が打ち上げた月周回衛星「かぐや」。なんと世界で始めて撮影されたハイビジョンなんです。月から観た日の出ならず、「地球の出」。ドームに流れる東儀秀樹さんの雅楽器、笙(しょう)のメロデーが響きます♪。その素晴らしい我が地球を眺め「凄~い、綺麗~」、二人して感動しました。

f0175804_6202398.jpg
チョット前知人から戴いたメールの添付写真。宇宙で船外活動をしている土井さん。
その背後に青く輝く水75%の鮮明な地球が見えます。このときもそうだったんですが、今環境問題の議論が世界中で起こっています。この問題解決を自分のこととして考えなければという気持ちが、改めてよぎりました。来週4日、金曜日の夜には、『七夕コンサート』としてハープ&フルートの演奏会が予定されているとか。一足早い七夕さまでした。
[PR]
# by shizuo7f | 2008-06-23 06:23 | その他 | Comments(6)

モールでデイト

f0175804_9574121.jpg 一昨日お嬢さまとショッピングに出かけた奥さま。お気に入りのサマーセーターを見つけたところ、ぴったりサイズがなく、やむなく取り寄せ注文をして帰ってきたとか。お店で洋服の品定めをするとき、ディスプレイの最前列やマネキン着用に真っ先に目が行くようです。確かにお店スタッフのアプローチを一番感じるのは、こんなポジション。この日もやっぱり、マネキン着用の優しい黄色のニットサマーセーターに。 「マァ~夏に間に合えば。気長に待つ事にするわ」と話していました。

f0175804_1001018.jpg ところが以外や、家に帰ったその夜お店から早々の電話。なんと超速で取り寄せをお願いしたサイズが入手できたとの連絡。早速昨日そのお店に。梅雨の真っ最中、ショッピングモールは雨に影響されることがないせいか結構の人出でした。「お気に入り、良かったね」、子どものように 「嬉しいわ~」。ぶらり歩いていると、流行を目や肌で感じる事ができます。それに実際の季節よりも1ヶ月以上早く、ウィンドウ越しに目に飛び込んでくるのは大胆なデザインの水着やこの夏のお勧め洋服がズラリ。可愛い子どもの浴衣なども並んでいます。 

f0175804_107442.jpg
「チョット一休みしようか~」、「そうね」と意見が一致。ショッピングモールなんですが、洒落たオープンカフェ風のお店で、 「愛すクリーム」を。目に見える洋服などのことをおしゃべりしながら歩くんですが、座ってもアレコレ話しは尽きません。周囲を気にもせず、大声出して笑い合う二人。まるで箸がころがっても笑う少女のようです。30分ほど笑い転げるように話していると、どこからかギター演奏が聴こえてきました。

f0175804_107292.jpg 音楽に誘われるように向かうと、なんと数十人の人だかり。青年3人によるバンドメンバーのストリートライブが始まっていました。足元には小さな看板が置かれています。アーティスト名 「そよかぜ」 とありました。メジャーデビュ前後か、音楽好きな奥さま曰く 「インディーズかな?」 。確かに配られたプロフィールには、「♪もう一度/あの風に乗せて」がインディーズオリコン14位とありました。アチコチのショッピングモールやライブハウスを拠点に頑張っているようです。

 なんだか奇遇です。何がって?それはバージニアにお住まいのブログフレンド梓さん。昨日拝見した、 「これでもモール」 。彼女のブログストーリーをリプレイしているような一日だったんです。ショッピングモール、ストリート・ミュージシャン、勿論場所も雰囲気も違うんですが。梅雨真っ盛り雨の日曜日、きょうのデイトはどこへ出かけようかな?
[PR]
# by shizuo7f | 2008-06-22 10:26 | その他 | Comments(2)