<< ゆる~りと今年がスタートin熱田神宮 オリエント急行殺人事件 >>

しめ縄まつりで夫婦善哉(めおとぜんざい)

f0175804_16073507.jpg

 パチ、パチパチ!ヴォォォ~、
乾いた冬の空気に包まれ、弾ける音を立てながら燃える若松の小枝。
真っ白な紙垂(しで)は、よじれながら一瞬にして灰に。
青い炎に包まれ、黒い蝶のように空高く舞い上がっています。

 正月の家々を飾った門松やしめ縄飾りが、次々燃え盛る火の中に。
炎に赤々と顔を染める地域の人たち。

 今年も無病息災であることを願い、
我が家のしめ縄も、仲良く二人して火の中に。




f0175804_16085231.jpg


 「いくよ~!」「待って~♪」。
ハハハハ~この呼びかけと返事、映画に出かける時とおんなじ。
ピンクのオキザリスも笑っています。
と言うよりわたし達、仲の良さに冷やかされているんだと思います(笑)。
f0175804_16103513.jpg

 ボクの持つ紙袋には、正月を飾ったしめ縄飾りと鏡餅飾りが。
初日の出と共に来たかな?我が家にも歳神さまが。
そして、鏡餅から再びお山に帰って行かれたかな?
f0175804_16115384.jpg

 子どもの頃“正月は都会も青い空”と聞いたけど…、
有難いかなここは年中青い空(笑)。
あっ今の都会はあの頃と違って、いつも澄み切った青い空。
気持ちまで清々しさを覚えます。
f0175804_16124796.jpg

 パチ、パチパチ!
竹の弾ける音は、災いを退け高く上る煙に乗って消え去るとか。
しめ縄、破魔矢、門松が…、次々火の中に。

  実はわたし達、このしめ縄まつりを一週間勘違いしていたんです。
いまから思えば、いくら何でも正月明け7日っていうことはありません。
二人揃って、結構可笑しな夫婦です(笑)。
そう言えば…、7年前のあの時も。
ハハハハ~まだよかった、あの時は一日の勘違い。



 きょうの善き日はやっぱりこれ!
縁起が良い小豆
ぜんざいで、邪気を払い厄除け!

 君は甘酒~♪ボクは、これ!♪肴はあぶったイカでいい~
「酒はやめてね」と君、「わかった~」とボク

 30代の頃は少し違っていました。
「折角の祝い酒なんだから」と、この時ばかりは素直さが…。
でも今は違います、君の「酒はやめてね」に「わかった~」と超素直ないい子(笑)。

 まぁいいか、笑顔うれしい祝い酒は、
君の横で毎晩やってるから。

 お昼から、君をお乗せしお買い物。
“飲んだら乗るな、乗るなら飲むな”(笑)。
f0175804_16173324.jpg

 “ぜんざい”はまさに“善哉”ですね~、
甘くて心からほっこり、心から“よきかな”と思います。

 “ぜんざい、善哉”と、このブログを綴っていて初めて知りました。
大阪法善寺の水掛け不動尊隣に、名店“夫婦善哉(めおとぜんざい)”があるそうです。

 水掛け不動尊も夫婦善哉も、恋愛成就の縁起があるとか。
こんど行こうかな…、行かなきゃ!行くべき!
あっその必要はありませんでした。
もうずうっと前に成就しています(笑)。

003.gif これまでの“しめ縄まつりブログ”だよ。
幸せ願ってしめ縄まつり(2011年1月)
還暦の年のしめ縄まつり(2010年1月)
by shizuo7f | 2018-01-18 16:25 | しめ縄まつり | Comments(36)
Commented by isao1977k at 2018-01-18 16:37
燃えるしめ縄、一年守ってくれたんですね。
新しいしめ縄、神棚に飾ってあるんですか。
私も子供の頃は、初詣に行ったときに去年のしめ縄を燃やすのを見ていました。
ぜんざいがふるまわれるんですね。
いいなぁ。美味しかったでしょう。
私の行っていた神社は、甘酒だけでした~。
でも寒かったから美味しかったですよ。
今年も夫婦仲良く過ごしていってくださいね。
Commented by mamarinn30 at 2018-01-18 16:58
わあいいな、こんなとんどやき、私の子供のころは、氏神さまに注連縄、鏡餅、
みかん、習字の書き初めなどを持って行ってたきあげがありました。
今は場所、場所に、注連縄、破魔矢、お札などを納める場所があって納めて終わりです。あの暖かい火が、人がいっぱいで賑わった境内を思い出しています。

ぜんざいも美味しそうですね。
今年も熱々ブログ楽しみにしています。
Commented by timata-sn at 2018-01-18 18:56
shizuo7fさん こんばんは
今日は薄曇りに成って、お昼は少し暖かく感じましたよ。

其方では「しめ縄祭り」と言うんですね。
燃え盛る炎が凄いですよね!!」
ぜんざいが振る舞われたのですね、寒空に熱いぜんざいは
温まって良いですよね!!
こちらでは15日にコミュニティーハウスの駐車場で「とんど焼き」を
した様です、ぜんざいが振る舞われるようです。
Commented by 長さん at 2018-01-18 21:26 x
どんど焼きですね。まだこういう慣習が残っているのですね。
玄関の正月飾りも素晴らしい。我が家は町内会から配布された門松の短冊です。
Commented by mutamiya_4 at 2018-01-18 21:58
岡山では「とんど祭り」と言います。
子供も 大人も 楽しいひと時を過ごします。
とんどの炎で 芋を焼いたり お餅を焼いたりしました。
しめ縄などを燃やした灰は 仏壇の先行たての灰になります。
最近は 参加してませんが 行事は続いています。
来年は 参加してみたいです(^o^)/
Commented by 岡田克 at 2018-01-19 19:23 x
どんど焼き行かれたのですね
これでお正月も終わり新しい気持ちで一年過ごせますね
Commented by ♪お~い中村君♪ at 2018-01-20 11:38 x
福島に居た頃は
しめ縄まつりが終わって
初めて今年も宜しく見たいな気持ちになりましたが
こちらでは なかなかね…
そんな事言ってるから
罰があたって体壊したのかなとも思え
shizuoさん宅は 今年も幸せが約束されましたね
Commented by 270918 at 2018-01-20 14:38
こんにちは~
注連縄祭りですかこちらでは左義長とかどんと焼きとか言いますが
最近は行事の進行も変わってきました。
写真を見ていると火床も立派にしてどなたも楽しめるようですね。
こちらではお飾りも分解して燃える部分だけしか受け付けてくれないので
自分は粗末にならないように自分の生家跡で燃やしています。
      ひげ爺
Commented by shizuo7f at 2018-01-21 17:32
く~ちゃん、こんにちは~!
歳神さまが我が家を迷わないように、暮れにしめ縄を玄関に飾ります。
年が明け、鏡餅から再びお山に帰って行かれます。
そして目印にしてたしめ縄を、
この“しめ縄まつり(どんと焼きなど各地でその呼び名はいろいろ)”で焼くのです。
しめ縄まつりで、“夫婦善哉(めおとぜんざい)”をしました(^^♪。
Commented by shizuo7f at 2018-01-21 17:32
Mamarinnさん、こんにちは~!
思い出されたんですね“とんど焼き”…、子どもの頃のあの時を。
日本っていいなぁと思う、よき風習ですよね。
旧年中の無事に感謝し、新年の幸せを願うこの行事、大切にしたいと思います。
ぜんざいを頂き、向かい合って誓いました。
今年も仲良くしようねと(^^♪。
Commented by shizuo7f at 2018-01-21 17:32
timata-snさん、こんにちは~!
そちらでは、“とんど焼き”っていうんですね。
厳かに行われる神主さんの神事の後、お焚き上げが始まります。
有難いです、気持ちも新たに頂くぜんざいや甘酒。
お代わりはしませんでしたけどね(^^♪。
さぁ今年はどんな年に、よ~いドンです。
Commented by shizuo7f at 2018-01-21 17:32
長さん、こんにちは~!
そちらでは、“どんど焼き” っていうんですね。
40年ほど前に開発されたニュータウンの我が地、
誇れる伝統行事の一つにこの“しめ縄まつり”があるんです。
当時生まれた子どもが今やママやパパに…、
多くは孫をもうけ、3世の時代に入っています。
こういった行事に触れると、よき時代を感じます(^^♪。
Commented by shizuo7f at 2018-01-21 17:33
Mutamiyaさん、こんにちは~!
そちらでは、“とんど祭り” っていうんですね。
芋を焼いたり、お餅を焼いたり…、みんなが楽しいひと時ですよね(^^♪。
この風習は全国どの地域もほぼ同じ、
ずっと続けたい行事ですね。
来年はぜひご参加を、勿論カメラを持って。
Commented by shizuo7f at 2018-01-21 17:33
岡田さん、こんにちは~!
行ってきました正月明けの恒例行事、
祈って、喋って、飲んで、食べての楽しい行事。
そうですね~、これを機会に一年が賑々しく元気にスタート。
後は一日一日を大切に、感謝し丁寧に過ごすだけ。
じきにまたお正月が(^^♪。
Commented by shizuo7f at 2018-01-21 17:33
中村さん、こんにちは~!
元気に明るく一年を過ごしたいですよね、
アハハと皆で仲良くく笑い(^^♪。
いろんな事情でこういう“しめ縄まつり”の風習も変化していきます。
我が地も骨折る方々が見えたから、続いているんだと思います。
有難いことです。
Commented by shizuo7f at 2018-01-21 17:33
ひげ爺さん、こんにちは~!
“左義長”とか“どんと焼き”っていうんですね。
そうですか、大切にご自身でお焚き上げを。
我が地の“しめ縄まつり”でも、金属類やプラ類の分別が数年前から言われています。
やむをえませんね、“分解”は。
さぁ!お互い今年も元気に行きましょう~。
Commented by mana at 2018-01-23 13:27 x

shizuoさん こんにちは♪

無病息災の行事なんですね。
確か佐賀県でも似たような行事がありましたね~
>竹の弾ける音は、災いを退け高く上る煙に乗って消え去る
そうなんですね。
炎ってなんか じーっと見つめてしまいます^^;
なんなんだろう?

善哉 美味しそうです~ (*´ω`*)
Commented by hiro at 2018-01-23 14:10 x
shizuoさん、こんにちは~♪
同じような行事、私の実家の方でもありました
せいの神といったでしょうか。
早朝、火を燃やすとき、母が作ったお団子を枝にさして焼いて
食べましたが、美味しかったこと。
我が子が小学生のころまでは実家に連れて行って、せいの神体験させました。
こちらでも神社で同じような行事・どんど焼きがありますが、
お飾りなどは燃やしていただきますが、38年も住んでいるのに、
実際に行ったことは一度もありません。
来年は行ってみようかしら・・・
甘酒やぜんざいのおふるまいがあるのですね。
いいなぁ~・・・

Commented by shizuo7f at 2018-01-23 16:31
Manaさん、こんにちは~!
正月飾りなどを焼いて無病息災を祈る伝統行事。
主に小正月(1月15日)に行われ、
地域によっては「どんど(焼き)」「どんと(焼き)」「とんど(焼き)」などとも。
調べたら、勿論沖縄にも(^^♪。
祝い事に赤飯、又ぜんざいの小豆は縁起が良いことで有名。
邪気を払い厄除けの力があると言われています、美味しいですよね~。
Commented by shizuo7f at 2018-01-23 16:31
Hiroさん、こんにちは~!
「せいの神」と呼んでいたんですね、調べたらありました。
歳神様(さいのかみさま)が訛った呼び方だったんすね~。
「どんど、どんと、とんど」など地域によって色々。
お母さま手作りの焼いてくれたお団子、お子さんの「せいの神」体験…、
伝統行事はいつまでも心に残るものですね。
来年はぜひご主人さまとご一緒に(^^♪。
Commented by tomiete3 at 2018-01-23 17:53
こんばんは・・
正月飾りを焼く行事・・日本国中あるようですね。
子供のころは、子供が材料を集めて・・当日大人がやぐらを組み立て、火の勢いで今年の豊作や無病息災を祈ったようです。・・
 お餅を焼くのも楽しみでした。
Commented by usatyu4 at 2018-01-23 21:14
こんばんは とんど祭りに行かれたのですね。私のところでは
近くの神社でありますが、今年は例の喪中ということでお飾りはなく、
行きませんでした。とんど祭りに行っておぜんざいをよばれて
食べるのを楽しみにしています。
Commented by KawazuKiyoshi at 2018-01-24 13:18
無病息災。
今年も無事に過ごしたいですね。
今日もスマイル
Commented by shizuo7f at 2018-01-24 14:57
トムジーさん、こんにちは~!
焼き餅、ぜんざい、甘酒…、
楽しい伝統行事だったんですよね~、子どもにとってもこうした祭り。
飽食時代と言われて久しい今では、
あの頃を懐かしむ世代だけかも、待ち遠しいのは。
醤油の焼けた匂いがする“焼き餅”、大好きです(^^♪。
Commented by shizuo7f at 2018-01-24 14:57
SUMOMOさん、こんにちは~!
寒い日が続いています、お身体変わりありませんか。
“1月のハイキング”にお出かけの方に掛ける言葉ではありませんね(^^♪。
変わらぬお元気が何よりです。
“とんど祭り”神社でされるんですね。
温か~いぜんざい、来年はぜひ召し上がってください。
Commented by shizuo7f at 2018-01-24 14:57
Kiyoshiさん、こんにちは~!
「病気をせず健康でいること、そして災いなく平穏な日々を」。
新年にあたり“無病息災”を願う、
どれだけの人々からお願いされたことでしょう、今年も天の神さま。
わたし達も願ったその一人(^^♪。
日々スマイルで、そう思いますね。
Commented by ビオラ at 2018-01-24 16:04 x
こちらのどんど焼きのことをそちらではしめ縄まつりというのですね
関西ではとんど焼きというのだとも知りました
呼び方は違えど一年の無病息災を祈ることに違いはありませんね
一週間間違て7日と思ったそうですが
こちらではその7日のどんど焼きでした
7日までは松の内なのにと違和感があり
何故そんなに早く?でしたが
成人の日に合わせたようなのです
昔人間には何だかしっくりしない今年のどんど焼きでした
ぜんざいや甘酒のふるまいは甘くてポカポカ、
身も心もあったまった事でしょう
Commented by shizuo7f at 2018-01-24 16:24
ビオラさん、こんにちは~!
7日にあったんですね、“どんど焼き”。
“しめ縄まつり”と言う我が地はいわゆるニュータウン、
なので全国で呼ばれている“どんど焼き”などと言わなかったんだと思います。
そう言えば、名古屋出身のわたし、子どもの頃焚火のことを“どんどこ”と言ってました。
“どんど焼き”から来てるのかな(^^♪。
Commented by satami1224 at 2018-01-24 22:36
懐かしい景色 子供の頃にしめ縄飾りに 書き初めなどを持って行き
お餅も焼いて食べた記憶が有ります 町内の大人の人が焼いてくれました。

ぜんざいは我が家もストーブにかけて置くと 短時間で出来るので
正月のお餅が残りましたが これで無くなりました(笑)
Commented by shizuo7f at 2018-01-25 15:35
Satamiさん、こんにちは~!
お焚き上げ、皆さんが仰います「懐かしい景色」と。
しめ縄飾り、書初め、焼き餅…、子どもの頃が蘇りますね。
町内の大人の人が焼いてくれた餅は格別!こんがりと焼き上がった餅を伸ばして(^^♪。
「余ったお餅を消費したくて」。
きっかけ色々、サッとぜんざい、美味しい笑顔(^_-)-☆。
Commented by jyuntonana at 2018-01-25 17:54
本当に懐かしい光景です。
今はこのようなどんど焼きするところがありません

お正月のおもちはもうありませんので
又買ってきて食べています。
ぜんざいで食べるのはまた格別に美味しいです。
寒いときはおもちを食べると体があったまりますよね。
大好きです。
Commented by otomeurarafuku at 2018-01-25 20:03
こんな風に パチパチと燃え上がる どんと焼き・・・
あんまり 見なくなりましたね
しめ縄祭り・・・って言うのですね
先日 善哉 と お汁粉 のこと TVであっていて 
そうなんだぁ~って思ってましたが
善き哉…の方が なんだか 親しみがありますね
粒あん 大好きです(^^♪

夫婦仲よきかな~ 
Commented by 元ちゃん at 2018-01-26 13:58 x
毎年近所の神社で行われるどんと焼に行きますが
今年は喪中でお飾りなしでした。
こちらは善哉は出ません。甘いもの好きとしてはうらやましい限りです。
Commented by shizuo7f at 2018-01-27 17:08
Jyuntonanaさん、こんにちは~!
“どんど焼き”、子どもの頃の記憶が蘇って来ましたか?
シリーズにしようかな、
“こんなことあんなこと、“残しておきたいこの光景”(^^♪。
磯辺焼き、お雑煮、ぜんざい、寄せ鍋のシメ、おろしポン酢…。
お餅又買われたんですね、わたしも大好きです。
Commented by shizuo7f at 2018-01-27 17:09
Otomeurarafukuさん、こんにちは~!
“どんと焼き”残しておきたい伝統行事、
冬の風物詩的存在ですね~。
ニュータウンの我が町では初めてまだ30~40年、比較的新しい行事です。
“ぜんざい”“お汁粉”わたしもそのテレビを観ました、
おなじです断然わたしも“粒あん派、そして夫婦善哉”(^^♪。
Commented by shizuo7f at 2018-01-27 17:09
元ちゃん、こんにちは~!
神社の伝統行事、“どんと焼”に例年行かれるんですね。
あなたの“冬の風物詩”はなんですか?
クリスマス、年賀状、箱根駅伝、大掃除、雪、冬至、どんと焼…。
羨ましいですか?いいでしょう
甘~いぜんざい食べ放題(^^♪。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ゆる~りと今年がスタートin熱田神宮 オリエント急行殺人事件 >>