もうじき秋だね、どこへ行こうか二人して

f0175804_17560230.jpg

 「コレいいね!」。
見つけた靴を手にしたボクに、「そうね~♪」と返す君。
このとき子どものような笑みを浮かべていたらしく、
「よかったわね」の言葉が、妙に子どもをあやす表情に(笑)。

 と言うのも…、店内をぐるぐる二巡ほどし、
もうこのお店には、お気に入りがないなと諦めかけた頃のこと。
ハハハハ~、それだけについ嬉しさを隠せなかったのかも。

 いくらお気に入りだからと言って、
色や素材の違いこそあれ、同じデザインを2足お買い上げ。
こんなボク、これって可笑しいですか?
再度いま冷静に眺めた結果、イメージは別物と認定「これも有り!」(笑)。

 Uチップと言われるこの靴、
行けそうな気がします、カジュアルにもセミフォーマルにも。
いつ下ろそうかな、晴れた日がいいな~♪


 現在履いてる靴をここで一挙大公開!
ご覧くださいお気に入り、テーマは“ボクの靴物語”(笑)。

 好きです、アッパーの流れるフォルム
色、形、お洒落をするならこんな靴!
濃い目の茶系、やっぱり好きですローファーが

 イイネ!ネイビーカラー、黄色いリボン
好きな茶系でお洒落度アップ!
カジュアルにも合うよ、まんまるピカピカ黒い靴

 印象的なステッチ、シンプルなステップ・イン
決めた!今日はこの靴に
君とお揃い、飽きずにローファ二人して
f0175804_17592221.jpg

 こうして床に置き撮ってるボク、
こんな時って結構好きです、あまり上手く撮れないけどね(笑)。
「上からがいいな」、先ずは目を足元に下ろした全景を。

 キャメル、ブラウン、ベージュ…、茶系はなんにでも合わせ易い魔法の色。
また一つバリエーションが増えました。
f0175804_18000261.jpg

 一見しクロです。
でもよ~く見るとこれも茶系、それも輝く艶が気に入りました。
今度は目線を落とし、つま先から撮ってみることに。

 いま横にいる我が君。
邪魔にならないよう、気づかいながらビデオのドラマを観ています。
半径2メートル以内にいても、こんな時は関与しあわない二人(笑)。
f0175804_18004208.jpg

 どこがそんなに気に入ったのかって?
そうですね~、先ず色!そして柔らかそうな革素材!そしてソール周りのスキンステッチ!
丁寧な縫製から、真面目な職人の仕事を感じます。
ハハハハ~、そうじゃなくて大量生産の工業製品かと。
f0175804_18012378.jpg

 ユーチップの革靴は、アウトドア系で全天候型として履けるとか。
機能性や堅牢性を重視して作られています。
歩く場所や天候などを気にせず履くことが。
秋になったらどこへ行こうかな、この靴履いて愛しの君と。
先ずは…、暫く行っていないライブに!うん、それもいいなっ。

 撮りながら、あれこれ想像しているボク。
つまり撮影に集中してない(笑)。
f0175804_18020757.jpg

 ところで、説明なく使っているこの“ユーチップ”について、
押さえておくことを忘れていました。
調べた結果、甲周りの形状つまりアッパーが、U字の蓋状に縫製されているところから。
確かにそう言われれば、また一つお利口さんになりました。
f0175804_18024400.jpg

 この靴には、カジュアルなあのジャケットを…。
想像してるだけで、早く本格的な秋が来ないかなとボク。

 そんなに歴史はないのです。
このスタイルの靴が日本で注目され始めたのは…、1980年代後半。
つまりついこの前、わたしが30代の頃。
ハハハハ~、ついこの前は軽く言い過ぎか(笑)。
f0175804_18033387.jpg

 これからも、普通にお洒落をしようと思います、
モテたい為にこれからも。
誰にモテたいかって?それは愛しの君に決まってるよ。
ハハハハ~“愛しの君”は、何時もそばにいる君のこと。




[PR]
# by shizuo7f | 2018-08-19 18:08 | お洒落 | Comments(3)

オーシャンズ8

f0175804_21563702.jpg

 犯行舞台はファッションの祭典会場、ニューヨーク・メトロポリタン美術館。
そこは完璧な監視カメラが張り巡らされ、世界一厳しいセキュリティが。
「なぜ盗むの?」とデビー(サンドラ・ブロック)、
「泥棒だから」とルー(ケイト・ブランシェット)。
ハハハハ~、イイね!変な理屈なし、明快な返答(笑)。

 ターゲットは1億5000万ドルの宝石。
最高にスリリング、果たして成功するのか、
世界が注目する中での犯行計画、さぁど派手に騙せ!

 サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ…。
さぁ!いっしょに観ませんか、キャストは豪華過ぎるハリウッド女優陣。

 一言でいえば、軽快・痛快・ユーモラス!
鮮やかなテンポとスリリングな展開、ノリの良い8人の粋な会話。
そして騙される大どんでん返し。
止まらないわくわくドキドキ、だから映画は面白い!(笑)。


我が君をお乗せするために、磨き上げたこの愛車。
[PR]
# by shizuo7f | 2018-08-14 22:02 | 映画 | Comments(34)

♪ダンシング・ヒーロー

f0175804_14095247.jpg

 ♪「愛してるよ…」なんて誘ってもくれない
キャンドル・ライトが素敵な夜よ
ガラスの靴なら 星屑に変えて
真夜中のメリー・ゴー・ランド ついて行きたいの…


 真夏の今夜、別人になった君。
アップテンポなユーロビートのリズムに合わせ、軽く動くよ浴衣の裾も。
今年も素敵、キレのあるバブリーダンス!
あっ違うね、浴衣で踊る盆踊り(笑)

 君は32才、ボクは35才。
ハハハハ~「何をとぼけたことを、遂にボケが…」と言うことなかれ(笑)。
そう、この曲がリリースされたのは1985年。
まさに貴方にとっても、青春真っ盛りだったのでは。

 この“ダンシング・ヒーロー”が会場に流れた瞬間、
30年以上もの月日が、まるで逆再生し戻って来たような錯覚が。



わ~い!待ってた、うれしい夏まつり~♪
[PR]
# by shizuo7f | 2018-08-06 14:22 | 盆踊り | Comments(30)

ジェラシック・ワールド 炎の王国

f0175804_21001084.jpg

 「あの島は滅びるが、恐竜たちは保護する」「何頭救えるの?」。
「11種類、“ブルー”を助けたい」「捕獲は無理よ」。
オーウェンとクレアは、噴火直前の島から恐竜を救い出そうと再び危険な島に。

 恐竜たちに埋め込んだGPSの位置が判明。
野生に帰ったブルーとの3年ぶりの再会、
「やあブルー、俺だよ いい子だ、俺と避難しよう」。
オーウェンを親のように慕っていたブルー、
最初警戒するも彼のことがわかり、微笑ましく仲睦まじい姿の再現です。

 あの時観た前作“ジェラシック・ワールド”から早くも3年。
さぁ!ご一緒に観ませんか、待望の最新作を。


久しぶりの映画です。
[PR]
# by shizuo7f | 2018-07-26 21:11 | 映画 | Comments(26)

みんなで行こっ!おかげ参り

f0175804_09553448.jpg

 へんば餅、松阪牛コロッケ、おからドーナツ、伊勢うどん…、
そしてもう少し歩くとあのお店、しっとり上品なこしあんお餅の名店が。
そうです!伊勢の名物、その名も誉高き「赤福なり~♪」(笑)。
ハハハハ~、いきなり食べ物話。

 「伊勢に行きたい 伊勢路が見たい せめて一生に一度でも」。
遠い昔の江戸時代、伊勢音頭にこう唄われていました。
今の時代気軽に、あの時、あの後、あの日…、
そして6年ぶりの今日、嬉しいなこうして何度も“おかげ参り”。

 楽しそうに前を歩くご婦人ふたり、
なかよく日傘をさすのは、「ほぼ」あなた達母娘だけ。
あっ、よ~く見たら遥か前方にも動く白い傘を発見!
でもやっぱりこれって、「ほぼ」って言うんだよね(笑)。
めっきり減ったような…、でもボクは好きです“日傘の婦人”。


軒を連ねる土産物や食事処のお店。
[PR]
# by shizuo7f | 2018-07-15 10:13 | お伊勢さん | Comments(40)