カテゴリ:しめ縄まつり( 3 )

しめ縄まつりで夫婦善哉(めおとぜんざい)

f0175804_16073507.jpg

 パチ、パチパチ!ヴォォォ~、
乾いた冬の空気に包まれ、弾ける音を立てながら燃える若松の小枝。
真っ白な紙垂(しで)は、よじれながら一瞬にして灰に。
青い炎に包まれ、黒い蝶のように空高く舞い上がっています。

 正月の家々を飾った門松やしめ縄飾りが、次々燃え盛る火の中に。
炎に赤々と顔を染める地域の人たち。

 今年も無病息災であることを願い、
我が家のしめ縄も、仲良く二人して火の中に。


「いくよ~!」「待って~♪」。
[PR]
by shizuo7f | 2018-01-18 16:25 | しめ縄まつり | Comments(36)

幸せ願うしめ縄まつり

f0175804_22183119.jpg
 パチパチッ!ゴォゴォ~。投げ込まれたしめ縄、破魔矢、門松が。
つい数日前に飾ったばかり、お正月の縁起物がいま目の前で勢いづく火の中に。

 今年も行われました、我が町の新年恒例しめ縄祭り。
「じゃあ、行って来るね~」「いってらっしゃ~い♪」。
お昼から可愛いお客さまが来るから、朝から掃除、洗濯、家事に忙しい我が奥さま。
この日はわたし一人。チョッと寂しいけど、詰まんないけど、楽しみが待ってるから、我慢、我慢(笑)。

 実は我が奥さま、このしめ縄祭りを一日勘違いしていたんです。
明日だと思って、可愛いお客さまをお迎えしたんです。もう完全にバッティング、しょうがないね(笑)。

f0175804_2220861.jpg 
 燃え盛る火の中に、それっ!ボォ~。

 真っかな炎あげ、投げ入れたしめ縄は瞬く間に真っ黒焦げ。次から次に、しめ縄が投げ込まれていきます。
 
 熱い黒い灰の山、見る間に大きな大きな灰の山。

 


f0175804_22205932.jpg
 今年一年の幸せを願って出迎えた歳神さま。
天にあがる炎と共に、誰もがみんな晴れやかな表情で見送っています。
今年も無病息災であることを願って、我が家のしめ縄も火の中に。

 どんど焼き、どんどさん、どんどん焼き…。全国それぞれの呼び名があるようです。
我が町はシンプルにそのまんま、ダイレクトにしめ縄祭り。
無事お帰りになったかな、お正月にお迎えした歳神さまをこうしてお送りできました。

f0175804_2222287.jpg 
「どんど」とは「尊いもの」という意味があるそうです。

 松飾りやお札は神さまが宿っているので「尊いもの」なんですね。

 それを焼くので「どんど焼き」。そのほか全国各地、まだいろんな呼び名があるかも。

f0175804_22243841.jpg
 「見たわよ~、ケーブルテレビ」「頑張ってるね~」「載ってたね、広報誌!」。
「いやぁ~、何もしてないですよ」「ほんの少しだけね」とわたし。
会う人ごとにその第一声は、昨年秋から始めたわたしのボランティアのこと。
地域の方々と話していて、3年ぶりにボランティアの再デビューを果たせた歓びがじわぁ~と。

 健康で元気でいられるって、まさにこういう事なんだなと嬉しくなってきました。

f0175804_22255096.jpg 「ただいま~」「お帰りなさい~♪」。

 「どうだった?」「うん、楽しかったよ、いろんな人に会えたよ」「そう、よかったわね」。
奥さまの優しい眼差しが、嬉しさを何倍かにしてくれました。

f0175804_22263312.jpg
 願って来たからね~、家族みんなの健康と幸せを。
[PR]
by shizuo7f | 2011-01-12 22:40 | しめ縄まつり | Comments(35)

還暦祝うしめ縄まつり

f0175804_10492372.jpg
 パチ、パチパチ~。火の中の若竹が音を立てて微かに踊っています。
真っ赤な火柱、勢いよく燃え盛っています。
正月の家々を飾った門松やしめ縄飾り、そして破魔矢などが次々火の中に。
火勢は益々勢いを増していきます。
今年の幸せを願って出迎えた歳神さま。炎と共に誰もが晴れやかな表情で見送っています。
今年の無病息災を願って、我が家のしめ縄も火の中に投げ込みました。

f0175804_10495458.jpg
 全国各地で様々な呼び名がある「どんど焼き」。
新興住宅の我が町では、「しめ縄まつり」。
当然歴史は浅く、わたし達が移り住んだ30数年前がその始まり。
国内での起源は、平安時代の宮中行事に始まると伝えられているそうです。
火はけがれを浄め、新しい命を生み出すとみられています。

 この日もそうだったんですが、竹のはぜる音は災いを退け、高く上る煙に乗って消え去るとか。
いろんな言い伝えの中にもありますが、正月気分を現実世界に戻す機会でも。
二つの役割を担った行事ですね。

f0175804_10502412.jpg
 
f0175804_1051238.jpg
 「甘酒、ぜんざい如何ですか~」。元気な掛け声に目が行きました。
大きな鍋に甘い香りが立ち込めています。
あぶったスルメを裂き、先ずは清酒を冷やでほんの一口。「んん~、美味しい!」。
我が奥さまも、美味しそうにぜんざいを。そんなに寒い朝でもなかったんですが、暫くするとからだの中がジワ~。コップ片手にご近所さんとのご挨拶。
どなたも明るい笑顔。毎年の光景なんですが、いつも新鮮に感じます。

f0175804_10513691.jpg 今年3度目の成人式を迎えます。
全国的にはきょうがその日なんですが、わたしの場合はあと半年ほど先。そうあの還暦です。
温かい家庭に恵まれ、健康で迎えるこの幸せ。
何ものにも代えがたく有難いことです。
「どうするの?」「んん~、まだ考えてないけど。多分何もしないかも」。還暦について、二人でそんな会話を。

 さぁ、「正月の神様」が空に帰って行かれました。今年も元気に、いきいき過ごさなくちゃ♪
[PR]
by shizuo7f | 2010-01-11 10:55 | しめ縄まつり | Comments(54)