カテゴリ:その他( 88 )

嬉しいバレンタインデー

f0175804_23155670.jpg
 「はい、じぃじど~ぞ♪」「うわぁ、可愛い手作りチョコ!ありがとう~♪」。
「しずじぃ、たっくんも~」「そっか!たっくんも作ってくれたんだね、ありがとう~♪」。

 みなちゃんはじぃじに、たっくんはばぁばに。嬉しいなっ、楽しいね~。
真っ赤なハートマークにニコニコマーク、優しい気持ちが伝わって来たよ。
一緒に乗ったね黄色い電車、大好きだもんね、上手に描けたね。

f0175804_23164137.jpg ちっちゃな手から受け取った可愛いチョコ。
じぃじ、思わず笑みがこぼれちゃったよ。
「ねぇ、ママこれでいい?」「そうね~、いいよ。きっとじぃじ喜ぶね♪」。
そんな会話を想像しながら、その時見たちびっ子二人のあどけない表情。
その顔はいつもと微妙に違い、チョッピリ澄まし顔。
幸せいっぱい、その瞬間、なんだかじぃじ、胸が詰まっちゃったよ。

 



 一日早い日曜日の昼下がり、こんなハッピーシーンが我が家で。
今年もやって来ました、バレンタインデー。
奥さまから、お嬢さま達から、「はい、コレ♪」って贈られたチョコ。
気持ちを込めた甘いチョコ、貰うとやっぱり嬉しいなっ(笑)。

f0175804_23204317.jpg 早速お礼のメールをしなきゃね。
「ママ&パパ、みなちゃん、たっくんへ
みんなありがとう~♪すごくうれしかったよ、すてきなチョコ、かわいいチョコ。ばぁばやおねえちゃんたちとわけあってたべるね。
またこんど、いっしょにあそぼうね~」。

 しばらくして、ママから返信。
「チョコ、お口に合うといいな。子どもたちからのカード、二人の個性が出ていて、親ばかですが、上手に描けているな~って思いました。またゆっくり遊びに行きますね」。

 幸せの大きさはメジャでは測れません。
でも、心のモノサシで測ったら、測りきれないくらい大きかったよ。

f0175804_23212544.jpg
 去年も、  その前の年も、 勿論今年も。
バレンタインデーが来るたび、「ありがとう」「嬉しいよ」。
そんな言葉が何度も口から出ちゃうよ。家族って、本当にいいもんだね。
お金や豪華なモノでなく、普通に口にするチョコで気持ちを通い合わす。
素晴らしいことだと思うよ。

 我が家のバレンタインデー。家族の絆をより強くする機会に、改めて感謝する日に。
このようなイベントって、やっぱりいいなぁ。
[PR]
by shizuo7f | 2011-02-14 23:29 | その他 | Comments(46)

白い雪がただ降るばかり

f0175804_2228261.jpg
 ♪雪は降る あなたは来ない~。
もの音ひとつしない静寂の中、しんしんと舞う白い雪。
すっぽり覆うように、庭の木々、テラスの上に。 ♪虚しい夢 白い涙 鳥は遊ぶ 夜は更ける~。

 見る見るうちに、降り積もっていく真綿のような白い雪。
あっちへふわふわ、こっちへふわふわ、ジッと見ていたら目がまわりそう。

f0175804_2239355.jpg 3連休初日の今日11日、太平洋側の各地で雪。交通機関は、遅れや欠航などの影響が出たとのこと。

 大きな被害が出ない事を祈りつつ、空を仰ぎながら口ずさんじゃいました。
 それにしても今年の雪の多さ、例年以上です。

 ♪あなたは来ない いくら呼んでも 白い雪が ただ降るばかり~。

 アダモのロマンチックな「雪が降る」。この歌、わたしには歌う資格がないかも(笑)。
貴女はいつもチャンと側に居てくれるし、虚しさなんてちっとも感じていない日々。勿論、白い涙を流すこともなく、本当に幸せなわたしです。





f0175804_2240167.jpg 可愛く咲く黄色いビオラ、真っ赤なジュリアン…。
カラフルな奥さまのハンギングバスケット、今日は朝からすっぽり。
まるで文金高島田を結った花嫁さん、初々しく真っ白な綿帽子を被っています。












 先月のことです…。
f0175804_2229512.jpg
 「ドドッ、ドス~ン!」「キャァ~、な、なぁに~!」。
2階にいた我がお嬢さまが叫びました。「お、お母さん~、た、大変!」。
音がした方の窓を開け、「うわぁ~、ぺしゃんこ!」「どうするのよ、お母さん…」「どうするって?しょうがないわね」「…」「だって、どうしょうもないもん、また新しくなるから嬉しいわ♪」。

 先月の大雪の日のこと。会社のわたしに、「帰ったらテラスを見てね~」と奥さまからメール。
帰ってこの状況を見たわたし、「うわぁ~、幾ら要るかな?」。
正直、そう思ったのです。

 でも一瞬にして、そんな気持ちも吹っ飛んでしまいました。
何故って?いえ、この雪害が起きた時の母娘の前述の会話を聞いたからです。
「へぇ~、意外!予想以上に動じないんだね(笑)」とわたし。

 あのふわふわ雪、凍ったら岩石、凄い破壊力です。もし誰かの頭の上にでもと思ったら、今になってゾ~ッとします。

f0175804_22333645.jpg
 「柱の位置はこの辺りでいいですか?」「いいですよ~、以前よりチョッと張り出し位置があり、テラス下が広いね」。
手際のいい職人さんの動き、見る間に柱が建ち、天板がはめられて行きます。

 「ねぇ、色はコレがいいわね♪」「そうだね~」。二人が選んだのは、カーポートやベランダと合わせたオータムブラウン。実際に完成を見て、いい感じです。

f0175804_22432577.jpg
 「これって強度は?」「金づちでコ~ンとしても大丈夫ですよ(笑)」「へぇ~、それはいい!」。
明るいだけではありません、嬉しいな、これでもう安心。

f0175804_22345462.jpg 勿論、屋根の雪対策も。
これまで随分油断してきたけど、この際チャンとすべきだと判断しました。
雪止め瓦をズラ~リ敷き詰めて、うん、もう大丈夫♪
これからは雪が降っても、「キャァ~、な、なぁに~!」と、叫ばなくても済みそうです(笑)。











f0175804_22443995.jpg きょうの雪に遭遇し、ロマンチックに「♪雪は降る~」と口ずさんだわたし。
 
 これで安心安全のある暮らし、よかったね、嬉しいね~♪
[PR]
by shizuo7f | 2011-02-11 23:17 | その他 | Comments(48)

2days☆欲張り忘年会 part1

f0175804_18571540.jpg
 「今年も元気に過ごせたねっ!みんな揃って、乾杯~♪」。
中庭まで聞こえそうな弾んだ声で、チョッと早い今年初めての忘年会。
まだまだ続いています、「いい夫婦の日」ウイーク。

 嬉しいね、顔と顔を見合わせ笑顔の晩秋。
奥さまの姉夫妻とお義母さまを交えての2days、そう待ってたお泊り忘年会の始まり、始まり~♪

f0175804_18583488.jpg クリスマスツリーがきらきら。
ライトアップされた紅葉も、眩しく眩しく輝いています。
夜空を見上げたら、直径83mの大観覧車オーロラも。

 まるでわたし達を歓迎するかのように、鮮やかに点滅しながら、ゆっくりゆっくり回っています。







f0175804_18592222.jpg ♪ルルル~、ルルル~。滅多に鳴らない固定電話が。
「ねぇ、今度みんなで忘年会やらない?」「そうね~、良いわねっ♪」。
奥さまの嬉しそうな表情、少女のような声で察しがつきました。





f0175804_191245.jpg 













 あれから数週間。突然決まったこの日の忘年会。こう言う事はなんと早い!わたしがデートに誘う時とおんなじ。遊びごとの返事は気持ちいいくらい即決(笑)。

f0175804_1961362.jpg
 
f0175804_19112046.jpg
みんなで食べると、飲むと、美味しいね♪ 
あの話し、この話し、尽きることなく、盛り上がるばかり。
f0175804_19101425.jpg

 今年も二人で何度も歩いたね、チャペルのあるお気に入りの公園。クルマで30分、まるで我が家の庭のように。

f0175804_19131175.jpg 夜のとばりが下り、辺りの景色は薄化粧したようになって来ました。
水辺に集まる人、人、人…。その中にわたし達も今か今かと。

 午後5時10分、「♪キンコ~ン カ~ンコ~ン」。公園に鳴り響く鐘の音。
一斉に水面に青いイルミネーションが点灯しました。「うわぁ~、綺麗!」「素敵ね~♪」。アチコチから感嘆の声が。

 






なばなの里
住所 〒511-1144 三重県桑名市長島町駒江漆畑270
Tel  0594-41-0787(代)
http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/index.html/
営業期間・時間 通年 9:00〜22:00
料金 :大人 2000円 


f0175804_191349100.jpg
 今年も観られました、潜れました。200m!光の回廊。
その名も「華回廊」、なんと!120万球が輝く夢のトンネル。
今年も、「うわぁ、凄~い!」。やっぱり歓声を上げてしまいました。

f0175804_19141846.jpg
 今年のテーマは、「富士と海」。8,000坪(約2,400㎡)の広大なあじさい・花しょうぶ園がイルミネーションの海に!太平洋の大海原に見立て、背景には「日本一の山富士山」が。よ~く見ると、大海原にはイルカの親子が仲良く泳いでいます。スケールの大きさはまさに日本一、いや世界一かも。打ち寄せる大きな波の音が、まるで海岸に立ってるようです。

 ここまで辿り着くのに、どれだけの時間が掛ったでしょう。
主催者発表がないのでハッキリわからないけど、数10万人かも。人と人との隙間がないくらい。まるでお祭りの夜店を歩くようなごった返し(笑)。

 でも皆さん、押し合うこともせず、大声出さず、気持ちいいマナーぶり。
多くの若いカップル、家族連れ…、どの顔もロマンチックな夜を。

f0175804_19151290.jpg
 
 「綺麗なダリア、ベゴニア…」「うん、明日はゆっくりね~♪」。
イルミネーション、紅葉、ダリア、まるごと欲張り忘年会。

f0175804_19155398.jpg 今夜は寝られるかな、嬉しくて♪
[PR]
by shizuo7f | 2010-11-28 19:42 | その他 | Comments(40)

ボジョレー・ヌーヴォーで♪  ~PS.今夜は幸せ配達人。。。

f0175804_2313792.jpg
 明日の夜、息子宅の玄関チャイムを鳴らします。
そして多分こう言います、「届けに来たよ~♪」って。
みなちゃん、たっくんのママパパが、「なぁに~」ってドア開けてくれるかな。

 11月の第3木曜日、今年のボジョレー・ヌーヴォーがきょう世界中で解禁に。
1か月前に今年も予約、早いものですねぇ、きょうそのワインが。

f0175804_2333968.jpg 日頃ワインを遣らないわたし。
そんなわたしだけど、年に一度だけ待ってました!と予約までして。
ここ数年わたしの中で、チョッとしたプチイベントに。

 何故かって?いえ大したことはないんです。ただ仲よく、そうわたし達夫婦のように、若い二人が仲良し夫婦でいて欲しいだけ。ただそれだけです。お節介はわかっています(笑)。








f0175804_2341794.jpg 自分でもわかってるんです。たかだか1本のワインでとは思うけど。二人で飲みながら、会話が弾み、もっともっと仲よくなるきっかけになってくれれば。そんな思いをこの1本のワインに託し。



 折角なんで、ここでボジョレー・ヌーヴォーのおさらいを。
ご存知ですよね、今さらですよね。ボジョレー(Beaujolais)は、フランス・ブルゴーニュ地方の南部の地区名、ヌーヴォー(Nouveau)は「新酒」の意味なんです。

 だから早い話しが、『ボジョレー地区で作られた、出来たてワイン♪』ということ。出来たてだから、勿論フレッシュでジューシー。
 
f0175804_2352024.jpg 







 
 まぁウンチクは程々に。。。
世界中の皆さま、今宵は美味しいワインを♪

 ワイングラス片手に語り合う。パートナーにとって、このボジョレー・ヌーヴォーが一役かってくれたら、素敵だとは思いませんか。

 

 「秋の夜長にワイングラス傾け、ますます今宵は仲良し夫婦」。
今夜は特別、そう仲良し夫婦になる為のコツを。要りませんか?そんなの不要と仰る方は、これ以降はパス、そうパスしちゃってください。でもこの際再確認を、そう思われる方はどうぞこのまま読み続けてください。

 酔ってはいません、そんな勢いでじゃありません。
今夜は伝授しま~す(笑)。

f0175804_2363213.jpg
 夫婦生活、それはそれは長い長~い道のり。血のつながった親子でさえ何かと色々。赤い糸で結ばれていたとしても、元はと言えば他人どうし。夫婦になったからって、順風満帆はないですね~。

 だからこそ、二人の気配り思いやりが。それに、尊敬や勿論愛情も。
先ずは、照れずに毎朝「おはよう~」。そして、実際にキスをしないまでも、そっと手で投げキッス。すると奥さまがこぶしを握り、床に投げ捨て、足でふんずけちゃうんです。お互い、ニッコリ笑って「行ってきま~す♪」「いってらっしゃ~い♪」。ほんわか気分でハンドル握り、会社へ向かうそんな毎朝です(笑)。

f0175804_2375842.jpg
 まだまだありますよ~。お笑いブームが続いています。一緒にテレビを観て、「顔を見合って、両手を叩き大笑い」。
会話でなくてもこれだけで、十分過ぎるほどのコミュニケーションと思います。
 
 そしてそして、週末には決まって楽しい「どきどきデート」。結婚前に二人で出掛けた、歩いた街へ。
どきどきしますよ~。そうそれはロマンチックです。
人一倍ロマンチストなんかなぁ、このわたし。

f0175804_239264.jpg そうそうもうじき、「いい夫婦(1122)の日」です。何でもいいと思います、どこでもいいと思います。どうですか?来週です♪

 まだまだいっぱいあるけれど、またの機会に。あっそうそう、もう一つだけ。 「ありがとう~」。これだけはチャンと言葉に出して。

 そんなの言わなくても、当たり前。これはよくないと思います。
キチンとその都度、「ありがとう~」。
幸せになりたい人は、照れずに実行最低限の努力をしましょう~♪

f0175804_2395010.jpg 












 ボジョレー・ヌーヴォーで、みんなが幸せになれますように。

PS.今夜は、幸せ配達人になりました♪
[PR]
by shizuo7f | 2010-11-18 23:25 | その他 | Comments(44)

ありがとう~♪

f0175804_13244179.jpg
 爽やかな秋の気配を感じる風が、ヨシズ越しにふぅ~と。
有難い事にそう感じられたきょう日曜日の朝。幾分早い一日で始まった我が家。
横で寝ていた奥さまが、そ~っとそ~っと起きあがりました。わかったのです、わたしを起こさないようにとの気遣いが。すかさず小さな声で、「おはよう…」「あら~、起しちゃったわね」「ううん、もう目は覚めてたよ」。

 昨夜寝る前に聞いていた地域の一斉清掃、すっかり忘れていました。って言うか、眠けまなこのわたし、まだ頭が回っていなかったのです。清掃のことが蘇り、「ご苦労さんだね~」。

 わたしのその一言に、目が口元が、微笑む奥さまを見る事が出来ました。

 「は~い、出来たわよ」「ありがとう~♪わぁ、美味しそう!」。
大好きなんです、こんがり焼いたトーストサンド。熱々コーヒーの香りを嗅ぎながら、焼き立てを前に手を合わせ、「いっただきま~す」。休日の朝は決めているんです、ほぼいつもパン食の我が家。

f0175804_13253416.jpg あの時、この場所、楽しかったデートの話し、いろんなお喋りしながら、仲よく揃って朝ご飯。こんな時間が好きなんです。

 いつもおひな様座りのわたし達。いつ頃からだろうか、確か結婚当初は向き合って、お見合い座りだったよね(笑)。事情が許せば外ご飯のときも。ウォーキングの時と一緒、喋りやすいんです、おんなじ方向見てる方が。

f0175804_13261975.jpg
 「ご馳走さま、美味しかったよ」「そおぉ~、ありがとう」。
当たり前のように、ごく普通に使っている「ありがとう」の言葉。数えた事はないけど、一日の中で何回くらい言ってるのだろうか。言わない日はあるかなぁ~。

f0175804_13272775.jpg
 

 きのう一日を振り返って、指折り数えてみました。
朝昼夜のご飯前、お風呂やパジャマの準備をしてくれたとき。まだまだあります、手元になかった新聞を取ってくれたとき、夜遅くにお茶を淹れてくれた時…。

 大袈裟に言うのではなくごく自然に、「ありがとう~」。
こんな感じでよく使う「ありがとう」を漢字で書けば、誰もが知ってる「有難う」。この「ありがとう」、実は仏教由来の言葉だそうです。以前読んだ、ある本の受け売り話し。

f0175804_13282068.jpg
 人間に生まれる有難さを示す「有難い」。これは、「有ることが難しい」ということなんだそうで、「滅多にない」という事とか。あなたは人間に生れて何十年経ちましたか?今更、人間に生まれることは難しいと言われてもね~。
気づいたら人間だったもんね(笑)。

 地球上に存在する生物だけを見ても、その数は天文学的な数。
人間は地球上に60数億と言われても、生物全体から言えばほんの一部。昆虫でなく犬猫でもなく、難しい人間に生まれて来れたこの歓びを感じない訳にはいきません。

 そのうえカップルとなれたわたし達夫婦。この確率は、もう奇跡としか言いようがありません。
だから言ってます、ハッキリ口に出して「ありがとう」。
いまこの瞬間、これからに感謝して暮らしています。きょうも「ありがとう~♪」の言葉を口に添えて。

f0175804_13292968.jpg
 

 朝夕と日中、夏と秋が同居しているような日が続いています。
お昼からのきょうのデート。もう、きのう二人で決めてます。じゃぁ、行ってきま~す♪
[PR]
by shizuo7f | 2010-09-05 13:46 | その他 | Comments(42)

わ~い!二人だけの夏休み(part3)

f0175804_13531065.jpg
 うわぁ~、た、大変!振り返った後ろに!ここ幻の孤島“スカル・アイランド”に、突如現れたんです。
目の前でさらわれちゃったんです。さっきまで、子どものようにはしゃいでいたわたし達。
大きな手、指先で、我が奥さまをつまんだのです。ちょっとギュッとしたら、グチャっといきそう。

 デッカイからだは見るからに怖そう、どう猛なキングコング。でもその目は何故か、何故か優しく見えたのです。
緊迫のシーンなのに、落ち着いてその様子を眺めるわたし。
う~ん、一緒です。やっぱり弱いのかなぁ、抱きしめたくなるその愛しさ。我が奥さまは金髪じゃないけど、一目惚れしたのかな。

 安心しました、さっきまでの恐怖の後で。傘を手に、ニッコリ笑いわたしにピース。
「じゃぁ、撮るよ~」。一瞬の、そう2~3秒の瞬間にこんな夢を見たわたし。

 仲よく歩く北の道。この日は雨に濡れ、キラキラ光っています。昨日までの日傘を雨傘に、でも二人だから雨が降ってもへっちゃら。


           。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


f0175804_13535499.jpg 「わぁ、楽しそう~♪」。園内走る電気自動車、シルバーシャトル。2台連なって、いま目の前を。ゆっくりゆっくり、静かに通り過ぎました。
若いわたし達、相合傘じゃなかったけど仲よく元気に歩きます。







f0175804_13545172.jpg やって来ましたよ~、白くてでっかいホッキョクグマさん。「もぐもぐタイムは…」、ガイド板を見るわたし達。決まった時間はないみたい、不定期もぐもぐタイムです。

f0175804_1355344.jpg
 唯一海洋性のクマさん。からだが長くて流線型、泳ぐのに適してるんですね。
とげとげしている北極の氷、だから足の裏には保護の毛が。そして、すべり止め、低温から足を守るんだね。泳いでるその時に、足の裏まで見ちゃいました。


f0175804_13563036.jpg
 

f0175804_1357755.jpg
おや、奥さまの足が止まりましたよ。その目の先は、緑がきれいな大きな葉っぱ。
ぶらりぶらり楽しい園内。興味の対象は、動物だけではありません。ナナカマド、ナニワズ…、いっぱいあるね、自然豊かな旭山の在来植物。




f0175804_13583152.jpg “只今の気温18.2度”。なんとこの日の園内電光表示は、旭川の夏場平均気温の20℃をも下回っています。小雨が降ってることもあって、寒いくらいです。

 留守番のお嬢さまから、さっき奥さまにメールが。「知ってる?今日のこっち、全国2番目の37℃よ~」。
「返信してあげたら。こっちは18℃だよ~」って(笑)。奥さまも笑っています。









f0175804_13594887.jpg
 暑さに耐久力あるフンボルトペンギン君。そりゃそうですよね、故郷は南アメリカ沿岸だって。日本で最も飼育数が多いペンギンなんだそうです。逆に本格的な冬の寒さはあまり強くないとか。

 ママと仲良く遊んでいます、いやパパかも。その見分けは出来ないけれど、微笑ましいその様子。
やっぱり仲良しっていいね、楽しいね♪ペンギン館の前でいつまでも、飽きずにずっと見てたね。まるで、遠足の園児のように。

f0175804_1412261.jpg おや?何やら、怖々ロープを引っ張っていますよ。「何が見えるの?何か居た?」。真っ暗なその中には、何やら動く気配が。
「きゃぁ~、居た!」。

 怖けりゃ開けなきゃいいのに、興味だけは旺盛な我が奥さま。側のちびっ子を連れた若いママさん、「ふふ、何が居たんですか?」。その光景、見てるだけで(笑)。

f0175804_1415784.jpg 
 
 奥さまが怖々見たものは、アフリカタテガミヤマアラシ。
随分長~い名前ですねぇ。背中の硬そうな長い剛毛、しっぽは短く、振ると「ガラガラ」という音をたてるそうです。侵入者に対しての警告音なんですね。


f0175804_145533.jpg 




 スタイル抜群、綺麗ですね~。その名前の通りのアミメキリンさん。からだの網目模様、長い首、スラリと伸びた長い足。

 そして、舌だって。ガイドを見たら、なんとその舌の長さは40センチもあるとか。
長い舌を見せたくて工夫をしたそうです。エサ箱を空中にぶらさげています。

 ちびっ子達と毎年行く東山動物園、あのえさ箱も参考にしたのかな。  そして、ことしのゴールデンウイーク。
 
f0175804_1419510.jpg
 北海道へ来たら、先ずは広~い大地へ。今の季節なら、ラベンダー、金魚草、ひまわり…。
普段のわたし達から想像したら、多分それが普通でしょう。でも敢えてわたし達、園児コースを選択(笑)。
あんなに花が大好きなのに、あんなにいつも華やかな花の虜になってるのに。
奥さまが行きたい、観たいと言った旭山どうぶつ園に。

f0175804_14203271.jpg
 お陰でわたしも、すっかり楽しい夏休み。
いいと思います、最北端のお猿さん、北海道固有の北キツネ。それに、「ぺんぎん館」「オランウータン舎」「ほっきょくぐま館」…。驚きと感動を与える数々の魅力ある施設。

 しょうがないけど、残念だったのは、みんなカメラフラッシュ禁止。




f0175804_14241188.jpg 歩数計は遥かに1万歩超え。仲良く楽しいどうぶつ園、嬉しいね♪






f0175804_14251757.jpg 




 「喜ぶかなぁ…。たっくん、みなちゃん」「ワ~イって言うわ、間違いないわ」。園内売店で、どうぶつデザインのくつ下を見つけたわたし達。
今でも胸が熱くなるあの話しを思い出しました。ママから聞いたあのときの話しを。

 ある日のたっくん。
ママから、「きょうは、このくつ下履こっ」「ううん、これは、ばぁばんちに行くときに履く」。4才のたっくん、小さくてもちゃんと考えてるのです。自分にとって大切な、特別なくつ下なんです。

 そんなくつ下の話しを聞いたとき、ちっちゃなたっくんの可愛い気持ちが堪らなく愛らしく感じたのです。






f0175804_14262418.gif わ~い、美味しい富良野の「とんとろ丼」。
夏季限定販売、北海道産豚肉のほほ肉使った「とんとろ」。

 ジューシーでサクサク食感。コチュジャンソースがピリッ辛、とろ~り温泉卵をかけて、いっただきま~す。 「美味しいね~」「嬉しいね」。駆け足北海道、仕上げの旨いもの。







f0175804_14294462.jpg
 

 雨降る旭川。夢いっぱいの広い大地、また来たいね~。バスは空港めざして走ります。山頂がかすんで見えない景色を観ながら、北の数日間を振り返るわたし達。

f0175804_1432070.jpg
 f0175804_14392759.jpg

 眼下に見えて来ました。家族が待ってる懐かしい景色、住み慣れた我が街が。


 「また、仲よく暮らそうね~」「こちらこそ♪」。
短い言葉のやり取りだけど、機内で交わした言葉、いつまでも忘れないからね。

 ありがとう~、二人だけの夏休みを。
[PR]
by shizuo7f | 2010-08-01 15:18 | その他 | Comments(54)

わ~い!二人だけの夏休み(part2)

f0175804_2317494.jpg
 大変です!突然、浦賀沖に見た事もない四隻の黒船が!
生まれて初めて見るデッカイ黒船、もう幕府も庶民も大騒ぎ。
このことがきっかけで、流れは一気に鎖国から開国へ。時代は徳川幕府から明治政府に。

 いま益々面白くなってきたNHK大河ドラマ「竜馬がゆく」。そんなドラマシーンを思い浮かべちゃいました。
やって来ました、ここ函館にもペリー艦隊が。当時の人達、大パニックになったでしょうね。なんと、停泊中は婦女子外出禁止の御触れまで。

 ところが、乗員たちは誰もが明るくお茶目。まるっきり友好的だったとか。
ホッとした函館の人達、一変し「ようこそいらっしゃ~い」のムードに。だからなんですねぇ。
元町公園から少し下った場所に、凛と立つペリー提督さんが。

 この前で仲良く二人で、ハイポーズ♪上手く撮れたかな~。「うん、グッド!」、直ぐにチェックするわたし達(笑)。
だからなんですね~。歩いてても異国情緒あふれる街並み。大好きですこの街が。


               。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。              



f0175804_2318317.jpg グッドモーニング、レッツゴ~♪
「忘れ物ない?」「大丈夫、点検したから~」。ロビーでバスを待つわたし達。
陽射しが強くなってきました。

 でも大丈夫、日傘に帽子、それにUV手袋も、ちゃんと準備万端。奥さまの夏のお出掛けグッズ、きょうも離せません。








f0175804_23183017.jpg 
 車窓から眺める街並み。思わず口ずさむわたし達。タイミング良く上手くシャッターが切れました。後で聞いたら、大正5年に建てられた和洋折衷の建物。

 見たかったな、夜はライトアップされるそうです。グリーンの外壁が素敵です。








f0175804_2320959.jpg
 
f0175804_23205624.jpg
 「お腹空いて来たね~」「もうじきよ、美味しい朝ご飯」。
今朝は朝市で、待ってた海鮮丼ぶり。イクラ、シャケ、イカ、焼き立てホッケ。

 「幸せだね、贅沢だね、わたし達」。お腹がいっぱいになる前に、胸いっぱいに。一口食べて横の嬉しそうな奥さまを見て、こぼれはしなかったけど泣けそうだったよ。元気でいられ、そのうえこんなに美味しい朝ご飯。



               。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。              



f0175804_23232362.jpg
 綺麗な色調ですねぇ~。「ブルーとイエローの美しい建物。明治43年当時の洋風建築の粋を集めたコロニアル・スタイルの木造建築です。

 2階バルコニーからの港と坂の眺め、それはもう絶景です」。ガイドさんの説明に、間違いなくそうだと思いました。

f0175804_2324716.jpg f0175804_2325717.jpg













 八幡坂、チャチャ登り、ぶらり石畳み。元気ですね~、日傘手に颯爽とわたしの前を歩く奥さま。いつもより幾分軽い足取り。この日もカメラを構えながら、周りの目にはまるでストーカーのわたしです(笑)。

f0175804_23263449.jpg f0175804_2327091.jpg









 美味しいね、冷たいね、溶けちゃうよ甘いソフト。


f0175804_23282662.jpg
 北へ北へと向かいます。車窓から眺める景色、時々緑のトンネルをくぐります。
着いた先は!新日本三景のひとつ、大沼国定公園。涼しい風がふわぁ~。後方には、大きくなだらかな稜線を描く駒ヶ岳が。ゆらゆら手こぎボート。湖畔に立つ奥さまの髪が少しだけ揺れてます。

f0175804_23292189.jpg
 ちゃっかりわたしも。♪千の風になって  あの大きな空を~。
2年前に設置された「千の風になって」のモニュメントに立ちました。

f0175804_23295684.jpg
 「うわぁ~広~い、綺麗~♪」。小声ながら、歓声を挙げた奥さま。花大好きさんには堪らない寄り道。
さっきまでのぶらりぶらりペースから、弾むように小走りに。この場所に立った時、何度目かの「うん、来てよかった!」。

f0175804_23303777.jpg 
















f0175804_23305478.jpg
 f0175804_23331424.jpg

 いつも行く休日ショッピング、自宅近くの花屋さん。あのスケールもでっかいけど、ここ南の森町の花屋さんも。

 ええ~っと、そうそう、波多野エクスプレスガーデンと言ってました。駒ヶ岳も絶景で見えました。まさに北の大地のフラワーショップ。










f0175804_23345495.jpg

 そしてバスはもっともっと、北へ北へ。。。

f0175804_23361920.jpg













f0175804_23372686.jpg 軽~くお昼を食べて、美味しそうだったのでメロンも買って。「喜ぶかなぁ、みなちゃん、たっくん」「そりゃ、わ~いって言うわ♪」。










f0175804_2339785.jpg ♪逢いたい気持ちが ままならぬ 北国の街は つめたく遠い~。
やって来ました、小樽へ!

 王侯貴族になったわたし達。いま耳元に流れるメロディは、あのカノン。うっとり、立ち止まって聴き入る二人。

 お店の人がそっと寄って来ました。「あの大きな壁掛けオルゴールをひとつ」と注文したかったけど、止めました(笑)。

 

 今夜も美味しかったね~。つい食べ過ぎちゃったね。北海道へ来たら、やっぱりこれ。

 さぁ、明日は何処へ?
[PR]
by shizuo7f | 2010-07-28 23:59 | その他 | Comments(38)

わ~い!二人だけの夏休み(part1)

f0175804_20174865.jpg
 

 レンズ越しに眺めていたんです。チョッと離れたところから、ずっとそっと背中だけを。
煌めくアクセサリーを手にした、まるで少女のような奥さまを。
高い天井から吊り下がるシャンデリア。スポットライトのように数個の小さな照明ランプ、優しく光るテーブルのスタンド。並ぶ商品までもが、すべてが計算し尽くされた素敵なレイアウト。


f0175804_20184574.jpg いま夢の部屋に居るわたし達。こんなシーンも想像してた通り。
待ってた北旅行が今ここに。やっぱり憧れるんですね~、女性は誰もが。「深海に注ぐ、光のような静かな輝きを宿す、深海ブルーアクセサリー」。プロのキャッチコピー、夢のある言葉に感心したんです。






             。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



 照りつける真昼の太陽、気温は何度でしょうか。フロアからの照り返しもあって、多分40℃を遥かに超えている事は間違いありません。搭乗手続きを前に、スカイデッキに立ったわたし。勿論、奥さまは涼しい待合いロビーに。


f0175804_20213058.jpg
f0175804_2022748.jpg
 

 快晴となった真夏のセントレア、13時ちょうど発ANA393便。あっという間に青いラインの機体は雲の上に。
すっかり使い古した言葉だけど、思わず、「ほら雲海が~♪」。コバルトブルーの空、眼下にはふわふわ浮かぶ真っ白い雲。この日も素晴らしい眺めです。


            。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   

f0175804_2023089.jpg

 早速バスに乗り込み、北の大地へレッツゴ~♪
初日は青いライン。ガイドさんが描いてくれた地図には今日のコースが。
「なんだかワクワクして来たね」「そうね~、待ってたわね」。さっきまでハネム~ン気分だったけど、乗り込んだ瞬間に子どもになっちゃったわたし達。

f0175804_20241872.jpg
 

 函館空港から直ぐのところ。最初の目的地は、「トラピスチヌ修道院」。
明治31年に8人のフランス修道女が設立、日本初の女子修道院。園内には、ジャンヌダルクなどの聖像が。聖母マリア像は、両手をひろげ優しい眼差し。勿論修道院の内部見学は出来ません。

 綺麗に手入れされた前庭で、「ハイ、ポーズ♪」。



f0175804_20294746.jpgf0175804_20314663.jpg 













 「一度修道女となれば俗世から完全に隔離。壁の外に出るのは、選挙などに限られ、一生を神に捧げ、厳格な戒律に従う生活。祈り、読書、農作業などの労働生活が中心。会話は必要最低限、朝3時30分起床、夜7時45分就床。現在は60数名の修道女…」。

 ガイドさんの説明にわたし達、うなずきながら聞いていました。 

f0175804_20361190.jpg
 

 日本初フランス築城方式の星型要塞。北方防備の目的で造られた、「五稜郭」。
そして港町函館のシンボルゾーン、「函館ベイエリア」。魅力いっぱい北の街、函館。
奥さまはこの二つのスポットをとっても楽しみに。「よかったね、来られて」「嬉しいわ~♪」。言葉は少なかったけど、十分過ぎるほどわたしには嬉しさが伝わりました。

f0175804_20384716.jpg
f0175804_20405592.jpg
 f0175804_20461985.jpg
f0175804_20463258.jpg


 北海道を代表する観光名所、世界三大夜景が観られる函館山。ガイドさんから聞いた話しなんだけど、8月13日は「夜景の日」だとか。街全体が協力しあって、一段と光り輝くそうです。

f0175804_2101330.jpg でも、残~念!この夜は生憎の空模様。ご覧のように、霧の中にかすむ奥さま(笑)。
「もう一度、近いうちにおいで~」、そう言われているように思いました。


 さぁ~、明日は♪
[PR]
by shizuo7f | 2010-07-25 21:08 | その他 | Comments(44)

やった~!梅雨明け♪

f0175804_20361569.jpg
 暑~い!朝から気温がぐんぐん上昇。チョッと用があって、午前中クルマでお出掛け。
用件が済み、さぁ帰ろう~。「アチチッ!」、ハンドルが熱くて持てません。何と!車内表示の外気温は36℃にも。
もうじき梅雨明けかな~。そう思っていたら、タイミングよくFM三重で、「気象庁は17日、九州北部、四国…関東甲信、北陸で梅雨明けしたとみられる」と。

f0175804_203733.jpg うわぁ~!待ってた梅雨明け、今日なんだ~。いよいよ本格的な夏到来!そう聞いただけで、なんだか子どものようにワクワク。

 来週はもう夏休み、待ってる子どももいっぱい。一年生のみなちゃんも、年長さんのたっくんもきっと待ってる筈です。

 みなちゃんにとっては、勿論初めての小学校の夏休み。海に行くのかな?プールに行くのかな?絵日記にいっぱい書ける楽しい夏休み、過ごして欲しいなっ。何処かいっしょに行きたいなっ♪









            。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



f0175804_20393540.gif
 f0175804_2040954.jpg

 あれからもう一年。去年は行ったよね。楽しかった絵日記書いたかな?
乗ったね~、機関車トーマス。
ヒュルル~ン、ド、ド~ン。夜空に打ち上がった見事な花火、みなちゃん言ってたよね。なんと呟くように、「ロマンチック!」って。

 ばぁばもじぃじも、とっても楽しかったよ。今年はどんな夏休みになるのかな~♪








            。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


f0175804_2041472.jpg 
 昨日までの空とはまったく違います。真っ青な空にモクモクふわふわ、真っ白い雲。やっぱり梅雨が明けたきょうの空、見てたらワクワクどきどきして来ました。暑いけど吹く風がカラッと爽やかです。



f0175804_20424476.jpg
 我が奥さまの丹精込めた庭の花。あっちにもこっちにも、少しずつ少しずつ、夏モードに。勿論、田舎からやって来たあのルドベキアも。観てるだけで全身にパワーが満タン。

f0175804_20433934.jpg 「ちっちゃいけど食べる?」「うん、冷たそうでいいね~」。ブログツアーを楽しんでいるわたしに、奥さまからアイスが。子どものように、嬉しそうにミニアイスを食べるわたし達。

 なんでもない二人の会話、なんでもない二人の笑顔。こんなひと時が大好き、幸せなわたし達。

 「あした何処行く?」「そうね~、旅行準備もしたいけど」。そう言いながら、ごまかせません。正直ですね~、「何処か行きたい♪」という目をしてるよ。
[PR]
by shizuo7f | 2010-07-17 20:53 | その他 | Comments(48)

もうじきハッピー・バースデ~♪

f0175804_23175383.jpg
 「今もなお、当時の名残りがあるんですって!夜景もきれい~♪」「うん、いいね!二人にピッタリかもっ!」。
相談し決めた行き先、また再び恋人どうしになれる気が。昼も夜もその景色、きっとわたし達を虜にするかも。
ワクワクして来ました、まるでハネムーン先を決めてるカップルみたいです。

 「承知しました、じゃぁこれで」。キーボードを軽く叩く前で、嬉しくなって見つめ合ってしまいました。
もうじきやって来ます、わたしの3回目となる二十歳(はたち)のバースデ~。

f0175804_22375837.jpg 「今年迎える誕生日、チョッと特別ね♪」。そう言いながら、密かに決めてた我が奥さま。
ハッピー・バースデ~の嬉しい企画、手配した先月のことです。もうじき、そう再来週に迫って来ました。

 「ねぇ、どうする~?」「何が?」。突然、わたしに聞いてきた奥さま。「いろいろ有るみたいよ」「還暦祝いの事?」「そう~」。
そんな会話をした先月初め、イベント大好きのわたしには、チョッと珍しい答えを出したのです。
「うん、今48才だし、特別の事しなくてもいいよ」。何度もこのページで宣言しているわたし、そう48才で年を取るのをやめたのです。



               。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



f0175804_22391413.gif
 早いなぁ~、あっという間に1年が。実年齢50才代最後となった去年の事です。楽しく過ごした「二人だけのバースデー」。あれは…、奥さまが予約してくれた「特別な日」でした。クルマで30分程走り、閑静な田園風景の中にありました。一昨年はフランス料理、その流れで去年はお洒落な創作料理のお店を。

f0175804_2248974.jpg
 その足で、行ったよね。  「二人のヴァカンス」、今でもハッキリ覚えているよ。
ご馳走を戴きお店から出る時、「このまま帰るのは勿体ないね」「じゃぁ、久しぶりに行く?」「いいわね~」。ということで即決!二人の行先は南フランス「コート・ダジュール」へゴ~。

f0175804_2249915.jpg 今でも仕上げの歌は、♪俺らといっしょに暮らすのは およねおめえだと ずっと前から決めていた 嫁っこさ来ておくれ~。

 これまでも、これからも、ずっと幸せなわたし達です。








 

               。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
              



f0175804_22503075.jpg そうそう、今夜夕飯前にチョッとだけ開けてみたのです。
何がって?いえ、奥さまの500円硬貨貯金。
名付けて、「旅行おこずかい貯金」。

 子どものようにせっせと。その様子を、可愛いなぁと眺めていたのです。

 数日したら、奥さまの手で勘定する予定です。
始めたのは確か…、今年の正月過ぎの頃。

 500円硬貨が手に入るたびに、「はい奥さま、どうぞ~♪」。両手を差し出し、「あんがとう~♪」。そばで二人のお嬢さまが、わたし達を笑いながら眺めています。
[PR]
by shizuo7f | 2010-07-10 23:10 | その他 | Comments(48)